知り合いが霊感なんてもってると、こっちまで知りたくないことを知ってしまうこともある。
私の友達が普通に見えてしまう体質らしく、よく私に憑いている霊とかを教えてくれる。
曰く、私には現在5人ついているらしい。
そんな女の子を、肝試しにつれていった時の話。 

休みの前日、男2人女2人で飲んで盛り上がって、途中から怖い話なんて酔っ払いながらみんなでしてた。
といっても、酔っ払って恐怖心なんて薄れてるので、みんな笑いながら話をしていた。

そのうち話だけでは物足りなくなって、近くのダムで雰囲気だしながらしようってことになった。
というわけで、さっそくむかった某ダム。
どうしてこの場所かというと、噂ではあるが、毎年何人かが自殺しているらしい。
といっても、実際ニュースとかにはなってないし、単なる噂だと誰も信じてなかった。
カップルでもいればおどかしてやろう、くらいのノリだった。 


現場につく前から様子のおかしかった霊感少女A。
お決まりどうり、やめようなんていうんだろうなと思ってたら、別に普通だったので内心安心していた。
みなでダムの周りを散歩。

ふざけて遊んで、時間も少したった時、
向こう岸とこちら側をつないでいる石の橋があって、結構な距離があるんだけど、向こう岸から誰かが歩いて来る。
現在午前二時、こんな時間に誰だろうと思って見たんだけど、けっこう距離があるので何者かはわからない、
しかも一人。
それがある程度まで近づくと、いきなり「逃げよ!早く逃げよ!」と言い出した。
いきなりの事で、しかもこちらは四人もいるからと、酔っ払ってたのもあって、
もう一人の男が「様子見てきてやる」といって歩いて行った。
Aは一目散に乗ってきた車の中に入って震えている。
私はさすがに心配になって、「大丈夫か」と様子を見に行った。 

話をすると、霊は見えるっていうと少し違うらしく、その霊が思ってることが頭の中に入ってくる感じらしい。 
と話して言うところに、様子を見に行った男と、もう一人の女の子が走って車に戻ってきた。 
「早く出せ!早く!アレはやばい!」
男の顔は真っ青。慌てて車を出した。
男の様子がおかしいので、車を飛ばして家まで帰る。

無事に部屋に着き、なんだなにもないじゃないかなんて思ってた。 
様子をみにいった男に話を聞くと、姿がわかるくらいに近づいてみると、ソレは男だった。
しかも、たった今水からあがったみたいにずぶぬれで、水草みたいなものが体全体に絡まってたとのこと。
「何?ダムに落ちてあがってきた人か?」と聞くと、Aが「ちがう。アレはそんなんじゃない」と。

A曰く、ソレは私たちがダムにつく直前に飛び込んだ人で、死にきれなかった人。
でも体は生きていても、この寒さの中飛び込んだので脳は死んでるらしい。
すなわち、もう助かる見込みはないと・・・
それは霊でも人間でもなく、生きても死にきってもいないらしい。
本人はそのことに気づいていないので、生きてる人間に助けてもらいたがってるんだと。
そういうのと関わるのが一番危険らしい。
霊にしても、一番理性がぶっ飛んでる状態らしい。俺は見なくて良かった・・・

実話なのでなんとも落ちがなくて申し分けないが、その時は洒落にならないと思った。
死んでいても頭ではそれに気づいてない、って言うのを考えると、なんとも切ない気持ちになった。