集団自殺(及び自殺未遂)がありました。男女6名位。 
一酸化炭素中毒で死のうというやつですが、死んだのは3人。 
生存者の話では、ネットで知り合って共同で自殺しようというもの。 
このお話は生存者の一人、A子さんにまつわるものです・・・。 

病院で意識を取り戻したA子さんに、警察が事情聴取をしようとすると、 
A子さんは私は何故ここにいるのかと、逆に警察の人に尋ねました。 
警察は「君は自殺を図って死に掛けたのだ」と一連の事件について説明すると、A子さんがたがた震えだします。 
A子さんは自殺の記憶など無く、そのようなネットへの書き込みをした覚えもないのです。 
しかし、実際にはA子さんのパソコンからの書き込みが確認されました。 
現場には自筆の遺書も発見されました。 

実はその10日ほど前から、A子さんは妙な行動をとることがありました。 
弟や母親が言うには、やけ食いをしたとか、いきなりA子さんが壁を殴り出したとか。
しかし、A子さんにはどれも記憶がなく、そういえば最近意識がなくなることが多かった・・・。 
不気味な絵や言葉が自筆で書かれたノートが机の上に置いてあったり、 
自分の腕にリストカットのあとがついていたり。 

頭の良い皆さんならもうお分かりでしょう、これは二重人格という奴です。 
どうしてこの人格が突如A子さんに現れたのか?原因はわかりません。 
母子家庭ですが、特に虐待やいじめなどといったトラウマとなる経験もありません。 
数日前から突如に生まれたものです。 
このもうひとつの人格は日常でA子さんになりすまし、自殺しよう(A子さんを殺そうと)行動するようになります。
あるときA子さんはまた意識を失い、気がつくと暗い森の中。
ここは一体どこなのかわからぬまま必至に森をさ迷い歩き、
命からがら森を抜け出し、通行人に助けを求め保護されました。 
そこは富士の樹海でした。 
あるときA子さんは再び意識を失いました。今度は本格的なリストカット。 
母親が発見し、病院で一命をとりとめました。 

今まで3度死にかけ、3度とも何とか死なずにすみましたが、単なる悪運なのでしょうか? 
『もう一人のほう』の自殺はどうも爪が甘いような、絶対死ねる方法をとっていないような・・・。
しかし確実なのは、A子さんの意識を失う時間が確実に長くなってきたということです。 

その後A子さんは失踪します。 
今のA子さん果たして『どっちのほう』なんでしょうか。 
というより今、生きているのでしょうか?