投稿者:ムスカ大佐 


これは、今から2年くらい前に起こった出来事です。一人称が私ですが男です。友人も。

私には、とても仲のいい友人がいました。その友人とは、大学からの付き合いなんですが、2年前大学卒業したばかりのころ、友人とちょっとした喧嘩をしてしまい、と言っても私自身はくだらないことで怒ったなぁ、と思うくらいの些細な喧嘩だったのですが、どうも友人は癪に障ったらしく口をきいてくれなくなっていました。
そんなことが続いたある日、その友人から電話がかかってきました。正直早く謝りたいなぁ、と思っていたので好都合でした。しかしそんな考えから一転、友人の電話に出ると
「ふざけんなよ!!いい加減にしろよ。こっちは、ろくに寝れないんだよ!!」
と怒られてしまいました。
何が何だかわからなかったのですが、聞き返そうとした途端切られてしまい、唖然…。この前の喧嘩の時より怒ったような口調で言われたものですから本当に戸惑っていました。
まあ、時間がたてばと思い30分くらいしてから、リダイヤルすると友人が元気のない声で、
「はい…」
電話に出ました。さっきのことを詳しく聞こうとしたのですが、先にこの前の喧嘩のことを誤っておこうと思いその話から切り出しました。
私「もしもし?この前はゴメンなあんなことで突っかかって…」
友人「気にしてないよ…」
私「あと、さっきのことなんだけど…どうしたの?」
友人「えっ?」
私「えっ?さっき電話かけてきたよな?」
友人「わかんない?」
私「何が?」
友人「最近お前の携帯から、変なメールとか電話とか来るんだけど…」
全く心当たりのないことでした。そもそもここ最近は、友人との喧嘩でほとんど友人に電話なんて掛ける気にならず、また、メールもしませんでした。
私「いや、全く知らないんだけど」
友人・・・・・・」
私「その話詳しく聞きたいから会わねぇ?」
友人「・・・わかった」
その後、友人と大学時代によく通っていた(といっても卒業したてで近い)カフェで落ち合うことになった。
時間の少し前に行くと、もうすでに友人は来ていて何日かぶりにあった。でも友人は前とは雰囲気からして暗くなっていて、少しやせているようだった。
(前は、めちゃくちゃ元気なやつだったのに…)なんて思いながら、店に入ってコーヒーを頼んだ。とりあえずさっきの話のこと詳しく聞くことにした。
私「さっきの話だけど。聞かせてくれる?」
友人「うん」
「最近、お前とも喧嘩した後で会いにくくて家に居たんだけど、一か月くらい前、お前から電話がかかってきて、出たんだけど、そしたら雑音ばっかで全然何にも聞こえなくて、間違えてかかったのかと思って切ったんだよ。」
もちろん、こちらから電話しにくかったから電話はしてないんだが…
友人「で、そんなのが夜になっても続いて、ろくに寝れないから、さっき文句言ったんだよ。」
私「この一か月?」
友人「そう」
私「なんで、一か月も・・」
と言いかけたところに、店員コーヒーが運ばれる。一息ついて再開。
私「なんで一か月も放置したんだよ。」
友人「いや、最初のほうはあんまりなかったんだけど日を追うごとに多くなったからさ…」
私「そうか…」
正直、こっちも気味が悪い。自分からかけてないし間違えてかかってもない。そんなにかかってるなら、履歴を見れば気が付くが履歴のも入ってなかった。そんな疑問をぶつけると、
友人「・・・・・・」
私「・・・・・・」
しばし、沈黙。結局私が、友人の家に泊まることになった。その日の夜

♫♪♬♫♫♪←電話の着信

がかかってきて、友人と確認。なぜか私の携帯番号。携帯確認。かけてない。
混乱しまくった。自分の携帯からかけてないくせにかかってる。こっちが怖い。
私が、電話に出る。
私「も・・もしもし?」
・・・・・・・・・・・・
何も聞こえなかった。と思ったら、

あああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

ってくそでかい声が聞こえて切れた。マジでビビった。次の日、友人と携帯の買い替えに行って様子を見たが、やっぱりかかってくる。昨日のが間違いじゃないことに気付いた時は、私も友人も気絶しそうだった。
お祓いにも行ったが効果はなくなり続ける。
いろんな、方法を試みたが効果はなく前途多難状態だった。ただ、私の中には一つだけ解決策があった。それは、私と友人の関係を断つこと。そうすればかかってこないんじゃないかと思った。その案を友人に伝えると、激しく拒まれたので、本当のピンチになったらそうしようと思った。今度は口コミで聞いた有名なお祓い師のところに行くことにした、そこに行ってみると、友人を見た途端お祓い師が嘔吐した。
結局、そのお祓い師には頼めず断念せざる負えなくなった。こんなこともあるんだと思ったが、友人にとんでもないのがついてるんじゃないかと思ってしまった。
その後、いろいろな人を回っているといい人がいると紹介してもらった、その人に会うと、その人は私と友人を本堂に連れ込んで話を聞かせろと迫ってきたので、話をすると、
「君は帰っていいよ、ただし携帯からこの子の番号は消しなさい。」
私「えっ?メルアドもですか?」
「ええ!!」
私はそのまま返されて、友人だけ残った。言われたとおりに消しはしたが、正直不安でいっぱいだった。
そして今に至る。
友人がどうなったかは、全く分からない。お祓い師のところに行ってみても、大丈夫だよ、の一点張りだった。
友人とはそれっきりだ。何があったのか知りたい。

長くて済みません。