かごめの怪は人に非ず
ただ怨霊の塊に候
詞を絶やすべからず

俺は巻物のメモを見ながら、C宅でリュックに色々と詰めていた。巻物は罪悪感から、すぐに御堂に返した。
リュックには、大量の塩、ペットボトルに詰めた塩水数本、御守り。
Bはお椀や水のペットボトルなど。
幸いC宅は共働きで、親御さんは夜にならないと帰ってこない。
俺は親にはいつもの仲間とキャンプをすると言ってある。

実は昨日から、一度服を取りに行ったきり家には帰っていない。
家にいると、情けないが、これからやろうとする事に怖じ気づいて、出てこれなくなると思ったからだ。
しかしそれは他の皆も同じだったようで、昨日は5人でC宅で寝た。

B「天気悪いなぁ‥降りそうだな」
俺「あっしまった」
俺は急いでビニール袋を探すと詰め込んだ。

C「カッパ2枚あるよ」
カッパはA子とE美が着ることになった。

夕方になり支度が終わり、C宅居間で皆が手持ちぶさたになった。テレビを見るでもなく、口数も少なく、どんよりとした空気が漂っている。

ブーッと俺のケータイのバイブが鳴り、出ると兄貴だった。
兄「おう、今どこだ」
俺「どこって‥、C宅で、これからキャンプだよ」
兄「神社でか?」

俺は言葉に詰まり、適当にごにょごにょ言って通話を切った。
B「お前の兄貴、すげーリーゼントだよなぁ!」
俺「ああ、今時ねーよな」
C「毎日、二時間かけてセットしてる厚さだよあれは」
皆笑って、少し場が和んだ。

日が沈む頃、5人はC宅を出発した。黙々と田舎道を歩く。
10分ほどで神社に着いた。

裏山に続く道に、懐中電灯を持って入っていく。
しばらく歩くと、目的地に着いた。平らな石は一昨日のままだ。誰も石には触れずに、
黙々と作業をする。

まず地面の落ち葉などを取り払い、十分な広さの場所をつくる。
お椀4つに盛り塩をし、三メートル四方くらいの正方形の四つ角に置く。雨のために一応ビニール袋を掛けておく。
正方形の中心辺りに、人が1人座れる小さい円を塩で書く。
ここに入るのはE美さんだ。A子でもいいが、途中で詞を止める危険があるのと、A子の方がE美さんより体力が確実にあるので、そうなった。
それから持ってきた懐中電灯で足元を明るくする。

その他は各自で思い思いのことをやった。
俺は御守りを首からぶら下げ、塩をかぶってみた。Bは軍手をしている。手に汗をかくからだろう。

用意が整うと、皆は正方形の中に入り、‥
沈黙してしまった。
A子はしきりに辺りを気にしている。BもCも後ろを何となく、チラチラ見ている。

「さぁ、始めましょ」
E美さんが耳栓をし、円の中に座り込んだ。
つられて皆が、E美さんを囲んで手を繋いだ。

真っ暗な森に、E美さんの淡々とした声が響く。
「かごめ かごめ かごのなかのとりは いついついでる」
「よあけのばんに つると かめが すべった」
「うしろの しょうめん だあれ」
「かごめ かごめ」‥

俺達は手を繋いで円の周りをゆっくり回る。

5分間くらい回り、目が闇に慣れた。
懐中電灯のあるこの場所以外は漆黒の闇だ。
雲が出ているので月の光も無い。

10分ほどすると、じっとりと汗をかいた。
E美さんは淀みなく文句を唱えている。

更に10分ほどして、だんだんダレてきた。
皆の顔を見回すと、A子とCは神妙な顔で歩いている。Bと目が合うと、なんとやつは変顔をしてきた。つい吹き出しそうになり、俺も仕返しをした。
2人で百面相をし、頬の筋肉が痛くなった頃、もうやめようとBに口パクをした。
Bは真顔で応えない。真顔が面白い奴で、彼も自覚しているので、その手には乗らないぞと思ったとき
「うしろの しょうめん」
「ダアァァァァレェェェ」

喉がヒュッとなった。
あの野太い声だ。
心臓の鼓動が激しくなる。俺の手を掴むA子とCの力が強くなる。
しかしE美さんの声は変わらず淡々としている。
耳栓を持ってきたE美さんは正解だな、と上の空で思い円の中心を見ると、E美さんは目をつむっている。その肩は小刻みに震えている。

「ダアアアァレレェェェエエエ」

だんだん声が大きくなり、やつが正方形のすぐ外にいるのを確信した。
正方形の中に入ってきたらどうしよう、目をつむることは出来ないのに顔を覗き込まれたらどうしよう、

やつがどの辺りにいるのか気になり、よせばいいのにチラッと正方形の外を見た。

白目の無い、悪意の塊のような目が俺達を見ていた。
白い着物の背の高い女で、やに首が長く、着物の袖を長く垂らしている。
そして少し開いた口から、まるで男のような重低音を発している。

皆の足取りが徐々に覚束なくなってきた。
汗が滝のように流れ、視界がぼやけてくる。
もうダメかな、という言葉がアタマにこだまする。
おふくろ、親父、兄貴、お別れも言ってない‥

「シャンシャン」
どこかで鈴が鳴った。
気のせいか、遠くで威勢のいい若い女性の声もする。
気のせいではない、だんだんその声が近づいてくる。近づくにつれ、女性の掛け声に合わせるように、リズムよく、男達の掛け声も聞こえてきた。

神輿だ。

シャンシャンと、いなせな、女性と男性の掛け声はどんどん大きくなり、ついにはE美さんや女の化け物の声をかき消してしまった。

頭の中で太鼓を叩かれ、叫ばれているような轟音に包まれ、5人は思わず頭を抑え、しゃがんだ。
腕の隙間から豪速球のごとく神輿が飛んでくるのが見えた。そして次の瞬間、

「ドガーーーーーーーン!!」

頭上で神輿が大破し、材木が降ってきた。

あの化け物のいたところには、凄い腐臭と溶けた肉片のようなものがあった。

と、遠くからライトの点滅と共に、人が数人猛ダッシュしてくるのが見えた。
先頭には、見間違うことのない、あのリーゼント‥