旦那の祖父が危篤の時の話。

連絡を受けて私、旦那、2歳の息子とで病院に向かった。 
もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。 
息子はまだ小さいので病室にずっといるわけにもいかず、もう夜で他の患者もいないし、1階のロビーで待機していた。
普段8時には寝る息子も普段と違う雰囲気が嬉しいのか、9時を過ぎても眠そうな気配がない。楽しそうにしていた。
9時をまわって、そろそろ夜も遅いし、
当番で義祖父に付き添うことにして、今日はそろそろ帰ろうという話になってきた。 
が、息子が突然「じいちゃん!じいちゃん!」と叫びだした。 
病室にいる旦那の父のことかな?と思ったので、
「じいちゃんは上で用があるから待ってようか」と言っても、
エレベーターまで行って「じいちゃん!じいちゃん!」と叫ぶ。
旦那が「連れて行こうか」と言うので、じいちゃんのいる病室へみんなで行った。 

ところが、旦那の父ではなく危篤の義祖父を指差し、
「じいちゃん!じいちゃん!」と言うので、ああこっちのじいちゃんのことかと納得した。 
「じいちゃんね、今ねんねしてるの。今日はもう遅いし、バイバイして帰ろうか」と私が言い、
息子が「じいちゃんバイバイ」と言ったその瞬間、義祖父の呼吸がおかしくなり亡くなってしまった。 
みんなが「じいちゃんは最後に○○(息子)に会いたくて呼んだんだねえ」とみんな口を揃えて言った。 

その後、義祖父を家に連れて帰るためそのままみんな待っていだが、私と息子だけ先に車に戻っていた。 
私は亡くなったことを実家の母に電話した。
ついでに息子も電話口に出させ、「ばあちゃん会いたい」「ばあちゃん好き」などと話していた。 
その時、急に「じいちゃん!」と叫びだした。(父は亡くなっていない)
「じいちゃんじゃなくてばあちゃんでしょ」と私が言っても、
「じいちゃんじいちゃん」と嬉しそうな様子で話す。
電話を切っても「じいちゃんじいちゃん」と繰り返す。 
「じいちゃんどこにいるの?」 
「あっち」と病院を指差す。 
「お母さんはじいちゃんがどこにいるかわからないから、○○君連れて行って」 
そして車を降りると一目散に病院へ。

エレベーターの前で「じいちゃん下!じいちゃん下!」。 
私はまだ病室にいると思っていたのだけど、とりあえず地下のボタンを押し下に行く。 
地下は一般に使われてないようで、目の前が壁で道が左右に別れ看板もない所だった。 
「じいちゃんあっち!じいちゃんあっち!」と、息子が指差す方に行く。 

何度も角を曲がってたどり着いた突き当たりに、親戚の人が集まっていた。 
「あれー?みんなこんな所でなにしてるの?」と言ったのと、状況を理解したのが同時だった。 
みんなで義祖父を送り出すところだった。
「△△(私)なんでこんなとこにいるの?」と言う旦那に事の顛末を話した。 
一緒に見送りに来ていた医者と看護婦が、恐ろしいものを見るような目で息子を見た。 
が、親戚の人は「おじいさんはほんとに○○が好きで、見送ってほしかったんだねえ」とほのぼのしていた。

その後、家に着いてから、義祖父の亡骸を見て息子が「じいちゃん」と言う事は一度もなかった。 
「じいちゃんどこ?」と聞いてもしらっとして、分からない顔をしたり義父を指したり。

子供ってのは人間の身体を見てるんじゃなくて、その中の魂を見ているんじゃないか。 
そして、その魂は死んでわりとすぐ身体から離れてしまうんじゃないか。 
私が死んでその死体を見ても、息子は「ママ」とは言ってくれないだろうなど、色々考える一日でした。