怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ:洒落怖1-30

呪いのわら人形をご存知ですか? それに関する話です。私は仕事がら転勤の多く、各地を転々としていました。 時にはアパート、時には貸家。 私が山口の萩というところに転勤になったときの話です。 安く家を貸してもらえるというので、しばらくの間、家を借りることにな ...

新築のマンションに引っ越しました。 1階の角部屋。立地条件もよく、日当たりも良好。文句なしです。 引っ越した初日は、手伝ってくれた友人たちと飲み明かしました。 翌日の昼過ぎ。友人たちが帰った後シャワーを浴びました。 友人たちの中にたばこを吸う人がいたので ...

小学校で教員やってたとき、そこの先輩が話してくれた話です。その先輩は50くらいですが、たくましい体のおじさんでした。 その先輩の若いころ。先輩はサイクリングが趣味で、一人で自転車に乗り、いろいろなところに行ったそうです。 大学受験が終わり、暇をもてあまし ...

4年前?先輩と彼女と、彼女の知り合いの男女と4人でデートすることがあった。で、帰りにメシ食ってたら、知り合いの女の子が「ヤマニシさん見に行きたい」って言い出したんだって。 あ、先輩とその男女ってのは面識なくて、その日が初対面だった。先輩の彼女が男女の男の ...

夫と中国地方のとある県境の林道を、カーナビに任せてどんどん走っていたら、どんどん道が狭くなっていって、車が1台通れるくらいの幅になった。 前後にも車はないし、対向車もちっとも来ないし、ところどころに車をかわすスペースもあるし、大丈夫だろうとそのまま走ってい ...

私の弟は睡眠中無意識に歩き回る、いわゆる『夢遊病』患者でした。 そのおかしな行為は、小学校高学年のころがピークでした。3,4日に1度は夜中にむくりと起きだし、とっくに終わっているはずのテレビの電源をつけて、砂の嵐を無心にじっとみつめています。パジャマのまま ...

私が学生の時の話です。 同じゼミに気の合う友人がいました。 なぜか気の合う友人で、よく飲みいったりするそんな仲でした。 ある日、なんだか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました。 「変なモノが撮れたんだ・・・」 彼曰く、先週の飲み会の時に撮った写真の中に、変 ...

小学生の時の話。隣のクラスのおっちょこちょいの悪童Iは、授業中に私たちのクラスの掃除用具入れのロッカーに忍び込み、 授業途中でワッ!と飛び出し、クラス中を沸かせて走り去るというパフォーマンスを思いつき、次の授業で実行することを、私を含めた数人に打ち明けた ...

小学生だった頃。夏休みや冬休みといった長い休みになると、いとこ達の家に何日も泊りがけで行ったり来たりしていた。 夏休み前半をいとこ達が私のうちで過ごし、後半に私がいとこ達の家に泊まりに行ったときの事。 いとこ達の家は周りが林で、広い庭に何本も木(ケヤキ? ...

オレ仕事でトラック乗ってました。4tのルート便ドライバーです。 大体朝4:00頃から自分のトラックにその日に運ぶ荷物を積みこんで、出発時間は日によって(コースによって)バラバラだから、トラックの寝台で仮眠するって生活続けてます。 この話は2年ほど前になるんで ...

数年前に本栖湖畔で、朝釣りのためにキャンプをしていたときのこと。  夜中のたき火中に、「たすけてえええだれかあ」と女性の声が湖の方で聞こえてきて、そちらに目をやると女性が溺れていた。  びっくりしたと同時に、助けなきゃと思い立ち上がったら、 連れが「おま ...

僕が高校二年の頃に、友達とよく埼玉県の飯能に近い場所にある、昔から有名な岩登りの練習場に行きました。そこは基本的には私有地なのでしょうが、しっかりした岩質と、人口登攀の練習ができること、首都圏に近いことなどから、早くから注目されていたようで、60年代には ...

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 K氏も先輩も酒好きだったので、日が変わる前に店を出て、先輩の家で本格的に飲もうとなった。  ...

今までで一番不思議だった経験。二年ほど前、夜中に小腹が空いて、部屋でカップうどん食ってたのね。 そうすると、な~んか変な感じがあってさ、人に見られてるようなそんな感じ。ふっと横をを見たのよ。そしたら、何かたんすの前のあたりの空間?を開いてたような感じで、 ...

私には霊感がありません。 ですから、幽霊の姿を見たことはないし、声を聞いたこともありません。 それでも、ものすごく怖い思いをたった一度だけ、中学生の時に体験しました。 その話を聞いていただきたいと思います。  14歳のころ父を亡くした私は、母の実家に引っ ...

私の知人に山田(仮名)という、マタギと言うか猟師の男がいた。 専業の猟師ではなくて、本業を別に持っている季節限定猟師だ。 私と彼は仕事を通じて知り合ったのだが、身元が割れると嫌なので私の職業と彼の本業は伏せる。地名も伏せる。何年も前の冬、山田が連絡をよこし ...

俺が中学までいた田舎には、漫画の中でしか出てこないような不良が未だに生息しててね。ボンタン、短ラン、エナメルベルト、ツッパリ上等リーゼント、超薄い学生カバンと、身を固めるアイテムも1世代前。しかしなんというか、どこか憎めない連中だったんだ。 地域密着型とい ...

俺は霊を信じていたのだが、今まで一度も見たことがなかった。今から1年半前までは・・・俺らは、俺の彼女と友達2人、計4人で湯沢のスキー場にスノボをしに行った。 湯沢にはSのリゾートマンションがあって、そこに2泊3日の予定で行った。 その時期は吹雪がすごく、2 ...

あれは俺が小学校四年生のときでした。当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。 その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんがいました。 そのお婆さんは毎朝、俺が「お早よう御座居ます」と言うと、「ご苦労さん」と言って、ヤクルトを二本あるうちの一本くれま ...

これは母から聞いた話です。親戚に体格の良い叔父さんがいた。(母からは義理の兄)特にスポーツをやっていた訳ではないが、子供の頃から農作業を手伝っていた所為か腕っ節は強かった。その叔父さんが結婚したばかりの頃。夜中の12時頃になると、訳の判らない事を口走ったり ...

↑このページのトップヘ