怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ:意味がわかると怖い話

投稿者 : 山神 凛私のクラスにはアカネという生徒がいる。とても明るくて優しくてフレンドリーな子だった。アカネは足が速いので、鬼ごっこをしてもすぐに捕まってしまうし、かくれんぼでは良い隠れ場所を知っているのかなかなか見つけられなかった。でも、そんなアカネはク ...

投稿者: 山神 凛 〇〇駅から来たという若い女性が、溶けかかったアイスを片手に、汗だくになりながら落し物センターに訪れた。落し物を見つけたと言って、新米の職員に御守りを差し出した。桃の花が刺繍されたピンクの可愛い御守りだった。〇〇駅のホームに一箇所だけある、 ...

10年程前の話。 美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。 せっかく借りてるのに住まないなんてもったいない! そう思った私は姉に頼み込んでその部屋で一人暮ら ...

ある街に一人暮らしをしている大学生の男がいた。 男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。 夜遅くにアルバイトから帰ってくるとカーテンの位置やゴミ箱の場所などが微妙に変わっている気がするのだ。 最近は誰かにつけられてる様な気 ...

〇意味がわかると怖い話ランキング15位~11位15位 「廃校の大きな鏡」僕の澄んでいた地域にある廃校になった小学校には大きな鏡がある。その鏡を深夜2時ちょうどに見ると怪奇現象が起きるという話を聞いて僕は夏休みに友達三人と行ってみた。その小学校は山奥にある木造の ...

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったんだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら突然ドアノブをがちゃがちゃする音が聞こえた。ビビったけど鍵かけてるし大丈夫だと思っていたらピッピッと暗証番号を押す音が聞こえ血の気が引いた。 その当時テンキーの ...

私がテレビ局のアルバイトをしてた頃、GWで家族が高速道路使って渋滞にハマって何時間で目的地にたどり着くのかというお馴染みの企画を担当することになった。 私はディレクターと目的地でAさん家族を待つことにし、Aさん家族の車にカメラを取り付け高速道路を走り、その後 ...

僕たちは大雨で遊園地に行く予定がなしになったので、県内の有名な幽霊の出るトンネルに行こうという話になった。そのトンネルは県内の端っこにあり車で一時間程度の場所にある。この話にのってくれたのは、僕とAとBだった。車でそのトンネルに向かっている途中、友達のCを拾 ...

大学の登山部の4人が登山中に遭難した。季節は冬で予期せぬ吹雪にあい道を見失ってしまった。食料も減り日も沈んできた。「このままでは確実に死ぬ」そう皆が考えていたところ、吹雪の中に小さな山小屋を見みつける。息も絶え絶えにその山小屋になだれ込む4人。しかし、その ...

俺は8階に住んでいる 仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。 ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。 暗いのもすぐに理由がわかった。 何本かの蛍光灯の1本が切れている 今に始まったこと ...

男は帰る途中、事故に遭遇してしまった。 軽自動車がワゴン車に衝突していたようで、彼が見つけた時にはすでに人だかりができていた。場所としてはごく普通の山道のカーブ。 急カーブというわけではないが何故かここでは良く死亡事故が起こる。 人通りがほとんどないから ...

彼女と二人でで地元じゃ有名な心霊スポットに行った。その心霊スポットってのは今では全く使われていないトンネルで、昔は死亡事故がよく起きていたらしいんだけど、使われなくなった今は幽霊が出るって噂の場所になっている。その日は台風が来ていてもの凄い雨だったんだけ ...

さて、そろそろ出かけるか。時計を見ると昼過ぎだった。あー、まだ顔洗ってなかった。めんどくさいけど仕方が無い 洗面所の水を出してジャバジャバ顔にかける。洗顔料を指の上に乗せ、泡立てて顔に広げ、マッサージしながら洗う コポコポと排水溝に流れていく水の音が響く ...

彼女の誕生日に、家で友達4人を呼んで俺と彼女含めて6人で誕生日パーティーを開いたんだ。誕生日パーティー自体はめちゃくちゃ楽しかったんだけど・・・その時に家の中でみんなで記念写真を撮ったら、なんか変なものが映っちゃったのよ。俺らの背後の押入れから見知らぬ女が ...

夜遅くに客からのクレームで会社に呼ばれた。今の時間だとバスも電車もないから家までタクシー呼んだんだけどその時のタクシーの運転手との会話運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて僕らも注意するように言われたんですわ。もし乗せちゃっても気づ ...

大学で日本の風俗を研究している私は、休みを利用して、東北の海沿いの道路を歩いていた。 道路から階段が伸びていて、下には岩場がある。ふと下りてみたそこには1人の少女がいた。 少女は岩場を、何かを探すように歩いていた。  「何か探しているのですか」私は声を掛け ...

僕の学校は、今では人が少ないけど昔は10組くらいまでクラスがあって4階も使われてたらしい。だけど、今は人が減って4階は使われなくなり、立ち入り禁止になちゃったんだ。だから、1,2,3年生は2階、4,5,6年生は3階で授業をしている。今、この学校では『イストリゲーム』が流 ...

俺が小学6年のころの話。俺がその頃に通っていた塾の帰り道に廃墟があった。コンクリート造りの2階建てのマンション。ガラスが半分以上が割れていて、トアも外れて壁もボロボロだった。そんなんだから地元の人間でも、ほとんどこの場所に近づくことはなかったんだ。ある日 ...

ある女性は東京の大学に進学が決まり、東京の安いアパートに一人暮らしすることなった。安いといっても築10年くらいの駅近のアパート。綺麗ではなかったがその部屋には満足していた。そんな部屋で生活をしてているうち、部屋の隅に小さな穴があいているのに気づいた。その ...

僕の澄んでいた地域にある廃校になった小学校には大きな鏡がある。その鏡を深夜2時ちょうどに見ると怪奇現象が起きるという話を聞いて僕は夏休みに友達三人と行ってみた。その小学校は山奥にある木造の学校の校舎で壁はボロボロ、窓ガラスも半分以上割られていていかにも廃 ...

↑このページのトップヘ