怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ: 海にまつわる怖い話


海には皆さんも御存知の通り、妙な生き物が沢山いるみたいですが、
その中の一つにであったという、父の話を一つ・・・

「ようけ魚見てきたけど、いろんな海にはもっと凄いのがおるだらぁなあ。多分まだ100分の1も見てないけん」

 と、苦虫を噛み潰したような顔をする父。 
これは父が、自分が出会った最初で最後の魚(?)の話。

ある年のお盆も過ぎた頃、父と父の友人はイカ釣りに出かけました。 
(もうこの頃は、同じ時刻に毎日行きます。だいたい夕暮れ前に出て、10時前後に戻ってくる) 

その日、父はいつもより早く帰ってきました。
どれ位釣れたのかと見てみると、なんとゼロ。 
大漁の時は、他の同じ規模の船の倍、他の船が水揚げがナシでも、何かしらの成果で帰ってくる、
地元でその道の人の中では有名な父です。 
はっきり言ってあり得ません。 
私は何かがあったのだと思いました。(船のトラブル?海が時化てきた?・・・) 

すると父は、コップに冷や酒を注ぎながら語りだしたのです。


その日はとても良い凪ぎで、外海にでてもあまり波も無かったそうです。 
イカ釣りは、仕掛けと明かりが命だといいます。
船の照明をこうこうと焚き、その光に海中の虫や小魚が集まり、それらにイカが・・・と。 

そしていつものように明かりを焚き、いつものようにいろんな物が集まって来たので、
頃合をみて仕掛けを下ろしました。 
その時、友人が何かを発見して父を呼んだそうです。 
まだ何メートルか下にいるそれを、父と友人は暫く眺めていました。 
『それ』は暫く時間をかけて、ふわ~っと海面近くまで上がってきて、
やっとその姿らしき物がハッキリしてきました。 

皆さんは、カワハギという魚を御存知でしょうか?なかなかユニークで顔はかなりマヌケです。 
そしてこの魚は釣り上げると分かるんですが、「ブィ、ブィ」というような鳴き声を発します。


『それ』は、そのカワハギを真横にしたような姿で、目もおかしな位置に付いているのが見てとれます。 
(ヒラメやカレイのような位置ではなく、ちゃんと両サイドに付いている) 
そして『それ』等は四匹で、一匹を先頭に綺麗なひし形の群を成していました。 
一匹の全長は40cm位でしょうか。
見たことないなぁ。気持ちわりぃ。
と思いながらも、父は自分の興味を抑えきれず、タモを持ち出しその中の一匹をすくいあげました。
『それ』はあっさり引き上げられ、船の上にほおりだすと、 
「ギギギィィィ!!」と、今までに聞いたことも無い声で鳴いています。
それもかなりデカイ。もう絶叫といっていい程の声で。 

父はその魚をジィーーーっと見てみました。 
『それ』には瞼も付いていました。二・三度瞬きらしきものをしたかと思うと、
父はおもいっきり・・・ニラまれたそうです。 
その時父は何故か直感で、「もう一匹おる」と思ったそうです。
その瞬間、船が凄い横波をくらい、ほぼ真横に90°近く一回傾きました。
父は「これはヤバいもんだ!」と感じ、急いで『それ』を海に放ちました。

凄い横波は、一度でおさまっていました。 
父は一息つき、船の周りの様子を調べ始めました。 
おかしいのです。 
さっきの魚(?)はおろか、先ほどまでいた虫やら小魚すら一匹もいません。そして海が不自然に暗いのです。 
父は悟りました。 
今、船の下には、船より大きな何かがいると。 
海でパニクると、大変な事になるのを知っている父は、
まだ何も気付いていない友人にそれを悟られぬよう、船の中央近くによび、 
「変なもんみたけん、ちょっと酒でも飲むか」と、しばしの酒盛りを始めたそうです。

そしてしばらくすると、また虫や小魚が集まり始めたのがわかり、
その後しばらく釣りをしたもののアタリもなく、父と友人は早めに帰ったとのことでした。 

「まぁ、あんなもんもおるわな」と、父は酒を片手に笑っていました。

そんな父の夢は、この歳で口にする言葉じゃないんですが、『シー・ハンター』です(ワラ 
(何処で覚えてきたのか、それ以来「カッコイイ」と連発している)


引用元:海にまつわる怖い話・不思議な話 1


「俺が死んだら骨の半分は海にまけよ」 
と、少々はた迷惑な遺言を残している、自称海の男の父。 
今回は、父が海の男になりきれない弟に、彼が初の長期航海に出る前に話していた内容から。 

弟は学歴を、全く父と同じ様に進みました。 
同じ高校、同じその上の専攻課、(西日本では少々有名な水産高校で、その上に専門学校の様な学部が二年ある)

 船酔いの酷い弟が、そのように自分と同じ道を歩むなど夢にも思わなかった父は、毎日嬉しそうでした。 

それは、弟が遠洋漁業の研修航海で、海外(目的地はハワイ)に出かける数日前のことでした。
父が弟に、何事か真剣に語っているのです。
「ハワイに着くまでに、日付変更線を赤道ら辺で越えるだら。
 その時甲帆(船の甲板での作業。もしくは、夜ならみはり等)の係りになりそうだったら、
 仮病でもいい、絶対に船外にでるな。 
 お前は船酔いが凄いけん、先生もゆるす」 
弟は不思議そうに、「なんで」と聞いていましたが、
父は「いいけん。お父さんの言うことをきけ」と、強く言っていました。 
赤道付近が、夜半になると波が荒くなると聞いたことはあるのですが、
日付変更云々は聞いたことがありませんでした。 

私はその時、なんか変な男同士の話だなぁと思っただけでしたが、妙に心に引っかかっていました。 
サボリや仮病の大嫌いな父が、そんな話を弟にしていることを。

そして、弟が帰ってくる日がやってきました。
弟は日に焼けて、少したくましくなっていたような気がします。 
そして語りだしました。

父に言われた事を妙にインプットはしていたが、
何か小細工をしてサボる前に、弟は赤道付近の荒波にもまれて、
日付変更線を越える間、船内で嘔吐と戦いつつグッタリしていたそうです。 
だから、甲板の仕事をする事もなかったと。 
ただ・・・
「その時、甲板勤務に就いてた三人が、その後揃って学校を辞めた」と、弟は少し悲しそうにいいました。 
一人は弟の親友でした。 
その親友になにかしらの理由を聞いたのは、弟が船酔いからさめた、ハワイ付近に近づく一日前だったそうです。

「お母さんがたいへんな病気になったけん、早く帰ってお母さんの面倒を見ないけん」
弟は思い詰めた口調の親友を案じて、まず先生に「そんな連絡があったのか?」と聞きました。 
先生の返事は、「ハァ?そんな連絡は今の所ないぞ」ということでした。 
弟が親友にそう伝えて話してみても、彼は「早く、早く帰らな。心配だ」と言うばかりで、
その後の研修も、ずっと上の空だったようです。 

あとの二人はというと、その日付変更線を越えたあと、
疲れたように、先生に「日本へかえりたい」と訴えていたようです。
先生が喝を入れたり、なだめすかしてみても、そればかりを懇願していたとか。 

それだけいうのなら、ハワイから直接日本へ返してあげれは、と思うのですが、
彼らの船員手帳なるものは、普通の旅券とは違って手続きがややこしうえに、 
やはり、他の生徒達の手前もあるのでしょう。 
すぐに帰国というわけにはいかなかったようです。

そして帰港。 
帰りの日付変更線では何事もなく、むしろ穏やかに帰途につくことが出来たそうです。 
(この時はまだ弟も、この三人と日付変更線を関連付ける事に対しては、半信半疑だったみたいです) 

その後、弟がやはり日付変更線に関して、不思議というか怖く思ったのは、 
件の親友の母の訃報が、帰港二日前に船に届いた事。
そして、あの日甲板勤務をしていた三人が揃って、自主退学の道を選んだ事。 
他の二人に関しては、弟も挨拶や少々言葉を交わす程度の仲だったので、何も聞かずじまいだったそうです。

私は弟の話す事実も不思議に思いましたが、もっと感じたことがあったのです。 
「なぜ父はあんなことを・・・?」 

そんな出来事を熱心に語る弟に対して、父が口を開いた話・・・ 
弟の体験より、もう少しガクブルと言うか、眉唾でした。 
弟じゃなくて良かったと思ってしまいました。 

父は言いました。
「海にはそんなことがある。俺もたまたまそうじゃなかっただけだ。
 それでも何があったかを知りたいとは思わん。
 自分から、出来るだけそこに近づかん事だ」 

それは、海に対して父が思う、とても重たいものだと感じました。

弟の話は大筋であっていると思いますが、細かい描写(特に日時の関係)は、
記憶を探りつつの、若干創作な部分もあります。 
(何せ10年近く前に、テンパリ気味の弟から聞いた話なので) 

弟の友人の事に関しては、私の記憶が強い事もあり、あっていると思います。 
弟が友人にかける言葉もなく、
(あの日何があったのかを聞いてはみたいものの、
 友人の母一人子一人という家庭環境を思うと、そんなことは聞けないと。
 友人もその話はせず、むしろ避けていたようです) 
悲しい顔をしていた事は、今でもはっきり覚えています。 

この父の話を聞きたい方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、 
弟の話以上に記憶が曖昧で、順序だてて書くことができません。 
日付変更線に関する話が他にあるのか、実は私の方が聞きたいのですが、
やはり、この父と弟からのものしかしりません・・・ 

父の話は今からだと、40年以上前の事で、私の中でも電波か?と思う所もありますが、
あの日、父が弟に話していた真剣なようす、弟の体験と悲しい顔。 
それを考えるとやはり、赤道付近の日付変更線にはなにかがあるのかな、という気持ちになるのです。


引用元:海にまつわる怖い話・不思議な話 1


海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。
海は多くの富を千葉に住む人々に授けてきた。まさに恵みの海である。

しかし、海は富を授けるものだけではない。 
優しいその顔の裏には、人の命を奪う恐ろしいもうひとつの顔があるのだ。
特に漁師たちは、板一枚の下は地獄と言われたように、大変危険な仕事であった。

 近代整備の整った今でも、遭難する可能性がある海である。
当時の人力による船で海を渡る人々の気持ちは、いかほどであっただろうか。  

当然、海に纏わる妖怪は沢山いる。その最も有名なものは、『海坊主』ではないだろうか。 
巨大な坊主頭の姿で突如海面に姿を現し、漁船を転覆させたり、漁師を脅かしてみたりする妖怪であり、
広く全国で怖れられている、海の代表的な妖怪である。
お盆或いは、月末とか出る日が決まっていると言う地方もあり、
その日は漁師はみな仕事を休んだと言われている。 

その正体は海で死んだ者の霊魂だとか、魚が集まったものだとか言われているが判然としない。 
しかし、現代でも『ニューネッシー』や、『カバゴン』、『シーサーペント』など、
海のUMAと看板を書き換えて、妖怪『海坊主』の子孫ともいえる怪物たちは健在である。

また、『船幽霊』も有名な海の魔物である。
これは文字通り、海で亡くなった人の怨霊であり、
生者を死者の仲間に引き入れるべく、「柄杓を貸せ」と船上の人にねだる。
しかし、ここで柄杓を与えてはいけない。
貸したその柄杓は、たちまち数百の柄杓となり、船に海水をいれて沈めてしまうのだ。
お墓の死者に柄杓で水をやる我々生者に、柄杓の水をかける事で死者にしたてるのであろうか。
なんとも不気味な妖怪であるが、いまも水死者の怨霊は、生者を黄泉の国に誘う事例はあるのだ。

心霊談などで水泳中に足が何者かにつかまれたので、水中にもぐって見てみると、
溺死体が足をがっちりつかんでいたとか、昔の服装をした亡霊がしがみついてきたとか、
その手の話は枚挙にいとまがない。
海は魔物の巣窟なのだ。 
他にも、顔が坊主で体が亀の『海和尚』とか、座頭姿で海上にぬーっと出て驚かす『海座頭』とか、
突如海上で船の行く手を阻む『海ふさぎ』や、船の進行をはばむ『シキ幽霊』など、海に住む妖怪は大変多い。

これは海で仕事をする人々、海を移動する人々に、
いかに多くの妖怪・妖怪現象という奇妙なものが、目撃されてきたかを裏付けている。 
海という無限にすら感じる単調さに、或いは暴君とも言える荒々しさに、
人の心は『妖怪』というスケープゴートを設定したのだ。 

『黒入道』は、千葉の沿岸に伝えられる妖怪である。
一説には、海で死亡した人間の魂が、自宅に帰ってくるものと言われており、
深夜に妖しいものが、戸を「とんとん」と叩くものであるという。
その姿は黒づくめで人相すらはっきりしないが、人の形をしているという。 

海で死んだその家の主人が、懐かしくて帰ってくるのだが、決して戸を開けてはいけないと言われている。
いくら懐かしくとも、死者と生者の境目は分けなければいけないのだろうか。
この決め事は、イザナギの頃からの慣習である。黄泉の国の住民は、この世に帰ってきてはいけないのだ。 
『黒入道』のノックは、現世へのノックなのかもしれない。

↑このページのトップヘ