怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ:名作の怖い話

数年前、ふとある村の事を思い出した。 一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。 連休に一人で車を走らせた。 記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。 村に近付くと、場所を示す看板が ...

とある夫婦が、安い値段で一軒家を買った。駅から近く、なかなか広いのでなにひとつ不満はなかった。しかしひとつだけ不思議な点があった。それはなぜかいつも廊下に赤いクレヨンが転がっているのだ。妻が何度拾っても。最初はさほど変に思わず片付けていたが、次の日も、そ ...

そこまで面白いことでもないし、長くしないように気をつけるが多少は目をつぶって欲しい。では書きます。何かに取り憑かれたり狙われたり付きまとわれたりしたら、マジで洒落にならんことを最初に言っておく。もう一つ、俺の経験から言わせてもらうと、一度や二度のお祓いを ...

【リゾートバイト続き】<<前の話はこちらその後、俺達は旦那さんの軽トラに乗り込んだ。といっても、俺とAは後の荷台なわけで。乗り心地は史上最悪だった。旦那さんは俺達が荷台に乗っているにも関わらず、有り得んほどにスピードを出した。Aから軽く女々しい悲鳴を聞い ...

まずはじめに言っておくが、こいつは驚くほど長い。そしてあろうことか、たいした話ではない。死ぬほど暇なやつだけ読んでくれ。忠告はしたので、話をはじめさせてもらう。これは俺が大学3年の時の話。夏休みも間近にせまり、大学の仲間5人で海に旅行に行こうって計画を立 ...

親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。 農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗る ようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。 じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてく ...

俺、建築関係の仕事やってんだけど、先日岩手県のとある古いお寺を解体することになった。今は利用者もないお寺。で、お寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね「~、ちょっと来て」と。俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてた。俺「何これ?」同僚「いや、何 ...

319 :小箱 ◆/7qG64DDfc :2005/06/08(水) 22:10:17 ID:0GDcLRRy0M「なるほど、そういうことでしたか・・・  引継ぎはしなかったとはいえ、監視しなければならず、結局は箱から逃げることは出来なかったんですね。 結局苦しんだと。 決まりの年までたしかあと19年で ...

43 :小箱 912 :2005/06/06(月) 22:35:54 ID:lJdBivui0おまたせしました。 俺の住んでるとことはど田舎で、地域限定されて見物客?とか来られたら、さすがに俺も怖いので、秘密にしておきます。 部落差別は少なくなったといいますが、俺は見えにくくなっただけだと思って ...

912 :小箱 1:2005/06/06(月) 12:57:48 ID:lJdBivui0俺、暇なときによくまとめサイト見てる者です。 俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、 先月あったホットなお話を書き込もうかと思い、ここに来た次第。 一 ...

そんなに怖くないのですがきいてください。私がまだ4~5歳の頃の話です。当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。まだ小さかったので、母と女湯に入っていました。或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の中でプールよろしく遊んでいまし ...

ある病院に、残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんは、まだその子の体がベットの上で起こせるうちに、最後に写真を撮ろうと思い、病気の子を真ん中にして、三人の写真を撮りました。結局、それから一週間ほどで ...

これは、警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。 都内Sデパートが縦に長い建物である事は先程述べましたが、当然、一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。新人である私が覚えきれているはずもなく、最初の内は先輩と共に異常確認を行います。 EV ...

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく、防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も、中央管制で管理室から…という訳にはいかない処でした。閉館になり、お客さんを ...

例によって何人かで集まって怪談話しをしているとき、そのうちの1人が言い出しました。 「今から話す方法で、自分に霊感があるかどうかが判るんだって。まず頭の中で、自分の家の自分の部屋にいるイメージを思い浮かべて、そして、そこから順番に全部の部屋を覗いて回って ...

その晩は雨が強く降っていた。現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。『恐い場所だ』という、先行イメージのせいもあるだろうが。しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進め、トンネルに進入開始。  こう ...

私は夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分はいま夢をみているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。すると急に、駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが ...

↑このページのトップヘ