怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ:ほんのりと怖い話61‐90

知り合いの米屋から聞いた話。 ある日の昼に、電話で常連さんから米の配達依頼があったので、夕方頃に行く事になったらしい。その日は朝は暇だったのだが、夕方は立て込んでいて結構忙しかった。 何件か回ってその常連の家に行ったが、インターフォンを押してもドアを叩い ...

左目探偵ってドラマがありましたよね?僕、アレの設定に凄く興味を持って見てました。僕も右目だけど変なモノを見るからです。左目探偵は未来でしたけど、僕は異形のモノを見てしまうのです。とは言え、実際には説明が付く事なのかも知れません。目と脳は繋がっているので、 ...

母が仕事場の同僚さんに聞いてきた話です。 同僚(以下Aさん)は、おじいさんと同居しているそうです。 おじいさんの趣味は盆栽で、なかなか良い作品らしく、展覧会などでいくつか賞をもらったこともあるそうです。 ある日のこと、いつも通り盆栽いじりをしていたおじいさ ...

小さい頃、親父は俺が嫌いだった。 物心ついてから小学生の中学年くらいまでは、良い思い出なんて一つもない。俺に対して口を開けば嫌味や暴言ばかりで、「お前みたいなカスが俺の子供であるはずがない」が口癖。友達を作る権利なんてないと言われ、友達を作る事も遊ぶこと ...

「すずめに餌あげちゃだめですよ」そう年下の先輩に言われたのは、以前の職場で働き始めて2ヶ月経った頃でした。 当時デイケアで働き始めたばかりの私に、指導係として付けられたチカちゃん。 チカちゃんは年上の後輩と言う扱いにくいだろう私に、親切に仕事を教えてくれ ...

親戚に不思議な子がいた。 2日に一回は既視感を体験するらしい。 どこかで見たことがある記憶が、現実から若干遅れて再生されるアレだ。 ある日、俺はその子とその子の妹の3人で留守番をしていた。 夏の暑い日だった。親は寄り合いか何かで出かけていて、冷房の効いた締 ...

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。 訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。 ここからは彼の語り。ただし、酔って取り留めのない話だったので、俺が整理してる。 まだ学生だった頃、友人と旅に出た。た ...

私が小6の頃に通ってた大きい塾には、男子トイレと女子トイレの他に、もうひとつトイレ(共同?)があった。 そのトイレは教室から一番遠いところ(塾内の一番奥)にあり、そのせいか誰も使おうとしなかった。 別に先生用のトイレという訳でも無いらしい。 塾の先生曰く ...

彼女と一緒のときに、見たことない番号からかかって来たのね。なんか間違い電話かと思って無視してたんだけど、彼女が「私の前じゃ出られない番号なわけ?」とか言って、なんか浮気を疑ってしつこいから、仕方なく出たわけ。そしたら、いわゆる架空請求詐欺の電話…『あなた ...

今から10年位前の話。オレは学生だった。 アルバイト先の居酒屋で知り合った二つ上の女。Yとしとこうか。 今はお前らと同じクズだけど、当時は普通の学生だった。Yとは何となく気があって付き合い始めた。 オレは地方から出てきてアパートに独り暮らしだったから、バイト ...

新聞配達をしていた時の少し怖かった話。販売店の専業(正社員)じゃなく臨時配達員といって、人手が急に足りなくなった場合に依頼されて配る仕事だ。ある時、都内の販売店から依頼があって、俺はそこへ派遣された。早速、明日の朝から配達するため配達順路を覚えようと、店 ...

親戚みんなから気味悪がられてる孤独な人(以下Aさん)がいて、 俺は中学生の時分そのAさんが好きで、よくAさんの家に遊びにいってた。(正直今も結構好き)そんなAさんがある日話してくれた、Aさんが子供のときの話。田舎の学校って、教材費とか設備費のためにイナゴの佃煮 ...

俺は小学校六年を通じて飼育委員だったんだ。ウサギ飼育小屋は20畳ほどの広さで、脱走対策でコンクリートの水槽のような物に土を盛って柵を作った物だった。二年目の春。馬鹿な女子が、檻に隔離してあるオスのウサギを放してしまった。皆知ってると思うが、ウサギは雌雄一緒 ...

子供の頃から俺だけに見える、身内に不幸がある前にだけ現われる人が居る。 何十年も前から同じ姿なんで人では無いのだが、便宜上ここでは人と表記する。 祖母の死ぬ前や祖父の死ぬ前や、その時まるで交流の無かった叔父の死の前にも見たし、 従兄弟の嫁など、血の繋がり ...

先日、とあるこじんまりとした旅館に泊まった。 少し不便なところにあるので訪れる人も少なく、静かなのが気に入った。 スタッフは気が利くし、庭も綺麗、部屋も清潔。文句なしの優良旅館だ。 山の中にあるため夜遊びする場所もなく、日付が変わるころには旅館の中は静ま ...

赤色の水溜りを見つけてキャッキャキャッキャと遊んでる子供たちの傍らでボーっと座ってるおじさんがいきなり立ち上がったと思ったら、頭が急にボフッとしたに落ちて「この水は位置が違う、位置が違う。」と言ってるのを見たときに、恐怖を通り越して自分が糖質になったんだ ...

俺、三人兄弟の真ん中なんだけど(兄・俺・妹)、下の妹が電波。 電波っつーか、まあ可愛い妹だし、あまり悪くは言いたくないんだが… やっぱり電波ってのが、俺にとっては一番ぴったりくる言葉。 妹は手芸が得意で、小物から結構な洋服づくり、刺繍、編み物、割と何でも ...

里帰りして昔話に花咲かしてたら、面白い出来事を思い出したので投稿してみる。 僕が小学5年生の頃、九州の方からKというやつが転校してきた。当初は妙な方言を使っているという理由で苛められていたが、小学生だけあってすぐに打ち解けた。僕とYとDとKは特に仲良くなって ...

今から10年少し前、僕が高校生の頃の話です。 ある冬の日、事件が起きました。僕が目の前のおばさんを、ホームから突き落としたそうです。 『そうです』というのも、僕には全く記憶がないのです。 その駅は普段僕が通学に使っている駅では無く、朝家を出てからの記憶が、 ...

某飲食店で深夜バイトしてた時、ほんのり怖いことがあった。 ある日、興奮した様子の大学生(男)が5人で入店してきた。 どうやら、地元で有名な心霊スポットへ行った帰りらしく、(注文そっちのけで)その話で盛り上がってたんだ。 30分ほどして、もう1人連れがやっ ...

↑このページのトップヘ