怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ:ほんのりと怖い話61‐90

叔母が癌で入院した祖父(叔母の父)の介護の為に通院してた頃、昭和の昔の話。 祖父の病院は、実家から少し遠い田舎の古い市立病院で、先の短い年寄りが多く入院していた。 まるで姥捨て山的な趣きで、毎日間引かれるように年寄りが死に行くようなところだったとか。 そ ...

オカルトとはちょっと違うけど、今でもトラウマになってる話。 小学生の時、いつも遊んでるグループの中で、ある日ちょっとした喧嘩をしてしまって孤立した。 放課後一人で本屋で立ち読みをしてると、同じクラスの全然目立たない男の子も立ち読みしてて、話しかけると一緒 ...

怖いというか、不思議な話。 俺が学生の頃、賭けポーカーがはやったことがあったんだが、Nという友人が異常なほどポーカーに強かった。 こっちがフラッシュ(色揃い上から5番目くらいの強さ)を揃えても、その一段上の役のフルハウス(スリーカード+ワンペア上から4番 ...

休憩所見て思い出した。 寺や神社や占い師さん達に、「守護者すっげー」みたいなことをいつも言われる私の修羅場。 付き合う前は優しくて明るい人と思ってた彼氏が、DVモラハラ男だった。 いきなり豹変するのではなく、小出しにしつつ飴と鞭を使いわけるタイプ。半ば洗 ...

母の若い頃の話で、怖い(というか危なかった)のがある。 母は四、五年ぐらい前までタバコ吸ってたんだが、二十歳前位に乗ってたのが中古の高級車らしくて、 結構車が好きで、中古でその高級車(名前忘れた)見て安かったから、ばあちゃんに言って頑張って買ったらしい。 ...

去年の夏に、小学生から付き合いのある友人の家に飲みに行っていた時の事。 霊感がない俺は本やネットで怖い話を読むのが好きで、その友人と二人で飲んでいる最中に心霊系の話になった。 俺がこんな話もあった、あんな話も聞いたことあると話し、友人も「それは聞いたこと ...

数ヵ月前の週末。腹減ったからリビング行ってお菓子食ってたのね。 で、母ちゃんはソファで昼寝してて、俺適当にテレビ観てた。 そしたら母ちゃんが寝言言い始めて、誰かに道案内してるみたいだった。 「はい、そうです。ここ曲がるんです」とか、「ここ左折です」とか。 ...

某神社に友人と参拝に行き、お守りを買い帰宅。私の家で友人と二人で駄弁っていたら良い時間になってしまい、うちに泊まる事になったんだ。 ちなみに家は3LDKのマンション。親と弟と同居。 私の家族が寝静まった深夜、ふと部屋のドアを見たら薄っすら開いていた。 建て付 ...

友人に神社センサーみたいな人がいる。 はじめて来た場所でも、地図も見ずにちょっと周りを見渡して、「あっちかな…」とか言って歩き出して神社にたどり着く。 道に迷ってふらふらしてたら神社に行き着き、興味をひかれてなんとなく道を曲がれば祠に出会う、そんな人。  ...

自分の今の実家は新築だけど安かった。いざ住んでみると、まあなんというか細々色々変な事がよく起こった。 ただ家族の誰も霊感的なものが全く無いからか、変な事が起こる家という以外特に感想もなく何十年も住んでいて、 ソレを起こす何かが単独なのか複数なのかわからな ...

俺の実家は東北の超田舎にあるんだけど、数年に一度(具体的な年月日は省く)村全体で謝肉祭をやるんだよね。 その風習?が少し変わっていて、その年に7歳になる子供と16歳以上の未婚の女を別々の籠に入れて、普段は立ち入り禁止になっている山奥の祠?に閉じ込めるの。 ...

小さい時、親が共働きで一人で留守番する事がよくあった。 特に小学校の夏休みなんか、日中はだいたい一人で家にいた。 四年生の夏休み。 トイレ行って居間に戻ったら、知らないお爺さんが座って勝手に麦茶飲んでた。 「誰?」と聞いても答えない。 ちょっと怖いから自 ...

先輩と仕事場に二人で泊まり込んでた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話なんだけど。先輩曰く、「友人に会えなくなった」て。最初は単に仕事が忙しいからなんじゃないのかと思ったんだけど、どうやら違うらしい。事情を聴いてみたところ、なんか結構長かったので覚えて ...

うちのそばに戸田火葬場があるけど、そこの人に聞いたら、 10年に一回くらいの確率で火葬中に生き返る人がいるみたい。 あまりの高温に、ショックで生き返るんだってさ。 火力の調整室に焼き加減を見る小窓があるんだけど、そこから覗くと、 中で生き返った人が暴れて ...

私が大学生の頃。帰りにタバコを買おうと思って、足を止めたときのことでした。6、7歳位の女の子がそばに寄ってきたのです。「こんにちは」私は変な子だなと思いましたが、一応「こんにちは」と返しました。「なにしてるんですか」「何って、タバコ買おうとしてるんだけど ...

当時高校一年だった俺は、海辺の我が家から友人宅へ向かうべく歩いていました。時刻は午後九時をまわっていたでしょうか。住宅地とはいえ街灯も疎らで、薄暗い海岸近くの生活道路に、俺以外の人影は全くありませんでした。と、後ろから足音が聞こえてきました。何気なく振り ...

書こうかまよったけど俺の人生で起こった怖い話でもない不思議な話を一つ。俺が中学二年の夏休みに、いきなり仲の良い友達に「落としたら、拾えよ」と言われた。俺は何のことか良く分からないので、友達に「なにが?」と聞いたら無視された。それから、夏休みが終わり、学校 ...

これは俺が5年前に体験した、世にも奇妙な話だ。ある夏の日、俺は友人である男Aの車に、女Bと女Cを乗せドライブしていた。時計はすでに0時を回っていた。その日は雨がしとしとと降り続けており、じめじめして生暖かい日だった。A「どうせなら、肝試ししようぜ!なんか天気も ...

「即身仏」って知っていますか?食事を絶って、生きたままミイラになるっていうアレだ。これは、子どもの頃、曾祖父から聞かされたお話し。曾祖父の家の近くには「上人山」と呼ばれる山がある。そこには「上人洞」という小さな洞穴があって、今でも信心深い年寄りはお供物を ...

友人のカナエちゃんの話です。彼女は、小学校時代に習字教室に通ってました。そこは子供のない老夫婦が二人でやられてた教室で、近所の小学生が多く通っていました。 中でも彼女はとりわけ先生ご夫婦に気に入られ、可愛がられていたそうです。 ある土曜日、いつものように ...

↑このページのトップヘ