怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

カテゴリ:洒落怖121‐150

突然だが、私は太っているためか、イビキがかなりうるさいらしい。 先日、伊豆の温泉へ社員旅行にいったのだが、私が夜中にふと目を覚ますと、ホテルの部屋の中には誰もいなかった。どうやら同部屋の軟弱な後輩達は、私のイビキに耐えかねて、他の同僚の部屋に避難したよう ...

数日前に居間でテレビを見てたら、玄関チャイムを激しく連打されました。 けたたましい呼び出し音に、俺はちょっとキレぎみに玄関に向かったんですが、我が家の玄関の扉はすりガラスになっていて、外に立っている人の背恰好くらいは判るもんだけど、いつもはモザイク調に見 ...

札内川での話をひとつ。(今兄貴に聞いた)兄貴が友達とそこで泳いで遊んでた。その時、川上から人が流れてきた。最初それを見て、「あ、人が溺れてる」と思った。でも一切体を動かしていない。同じようにそれに気づいた友達と、「意識がないのかもしれない」「流れが速くな ...

20年以上前、小学校低学年の頃の体験談。 両親の田舎が瀬戸内海にある島なんだけど、毎年夏休みになると帰省してた。 東京育ちの自分には、綺麗な海やら山やらで遊ぶのが物凄く楽しかった。 一番楽しみだったのは、東京ではデパートくらいでしかお目にかかれないカブトム ...

俺のじいちゃんが住んでた田舎の実家には、結構でかい倉が2つある。家自体もそこそこ大きいんだが、そのうちの倉の一つは、俺が田舎に住んでた小学生くらいまでの時に、なんども中に入って遊んでた。中はなんかの農作業器具だの米袋だの、色々置いてあったりしたけど、別に普 ...

俺が高2のときの話。あるサークルの仲間20人くらいで、N県の山にキャンプに行った。 二日目の夜にキャンプファイアーをして、そのままそこで飲めや歌えで大騒ぎしてた。 日付も変わったころ、酒も食い物も底をつき、しかしまだ飲み足りないということで、買出し班が結成さ ...

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時のことです。 一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。 小洒落た雑誌に載っている服を買おうと思うならば、30分電車に乗って遠出しなければなりません。  ...

2年前とある特別養護老人ホームで、介護職として働いていた時の話です。 そこの施設は、はっきり言って最悪でした。何が最悪かと言うと、老人を人として扱わず、物のように扱う職員ばかりで、食事も薬とかおかずをご飯に混ぜたり、入浴は水のようなお風呂で、乱暴な介護で ...

昔の話だが聞いてくれ。飲み仲間達と心霊スポットへ行こうと言う話になり、男2人女2人のベタな編成で、ベタな地元の怪トンネルに行く事になった。トンネルにまつわる噂もよく聞くもので、クラクションを鳴らすと霊が出る。手形がべったり車につけられる。そんな都市伝説的な ...

集団自殺(及び自殺未遂)がありました。男女6名位。 一酸化炭素中毒で死のうというやつですが、死んだのは3人。 生存者の話では、ネットで知り合って共同で自殺しようというもの。 このお話は生存者の一人、A子さんにまつわるものです・・・。 病院で意識を取り戻し ...

実際にあったお話です。 怖い話が好きで、自宅の近所であった自殺の話を、少し脚色してネットで公開したそうです。 その夜、投稿に対するレスを確認していると、突然電話が鳴りました。 自分が投稿した文章を、電話の向うで朗読しているそうです。か細い女の人の声で。  ...

伯父の高校時代に、伯父が好きだった娘がいた。高校卒業後は、たまに同窓会で顔を合わせる程度の付き合いだったが、数年たって、その娘が親の進める縁談を受けて結婚し、夫の仕事の都合で遠くに引っ越したことを聞いた。と同時に、その子もずっと伯父のことが好きだったが告 ...

大叔母の話だが、その昔夢遊病だったらしい。 もしくは狐憑き?なのかも知れないが、とりあえず夢遊病ということにして進める。 目が覚めると、なぜか川原に立っていたり、山の中にいたりということがあり、 曽祖父(以下、父)に相談してみた所、とりあえず家族で交代で ...

私の母方の祖母は、以前産婆をしていました。 以前といってもかなり昔で、今から50年前くらいになると思います。 「どんな子も小さい時は、まるで天使のようにかわいいもんだ」といって、幼い私によく話をしてくれました。 とても楽しかった。熱いお湯、清潔なシーツと毛 ...

仕事で付き合いのあるMさんから聞いた話。 Mさんは、地方へ出張によく出る。釣りが趣味のMさんは、その先々で時間を見つけては、海が近ければ磯へ、山が近ければ渓流へと、釣り糸を垂らしていた。 とある日、たまたま時間が空いたMさんは、土地勘のない出張先にて、どこか ...

5年くらい前の話かな?ある晩、就寝時は普通にベッドで寝てたんだけど、目が覚めたら知らないビルの屋上にいて、柵を乗り越えようとしてた。パジャマで、裸足のまんまで。柵の錆びたところかなんかで手擦りむいてて、その痛みで目が覚めたんだけど、起きるのがもう数秒遅れ ...

祖父が未だ子供の頃の話。 その頃の祖父は毎年夏休みになると、祖父の兄と祖父の祖父母が暮らす、田園豊かな山麓の村に、両親と行っていたのだという。 その年も祖父は農村へ行き、遊びを良く知っている当時小学校高学年の兄と、毎日毎日、朝から日が暮れるまで遊んでいた ...

不思議な記憶と言うか、今でも鮮明に覚えてる記憶。 小学校五年生の夏休み、家の裏手にある大きなグランドで、夏休みの自由研究である『身近にいる昆虫リスト』を作ってた。 するとグランドの隅、地面がコンクリになってる場所で、下水道に通じるだろう錆びた鉄の扉を見つ ...

マジ話なんだけど誰も信じてくれない。友達との飲み会の後、自分の家に帰ろうとした。帰り道、近くの公園を通れば家まで早く帰れるなって思って、近くの公園を通った。そしたらさ、公園の砂場の近くに何かいんの。何だろう?って見ると、猫の群集。猫が20匹ぐらいいんのよ。 ...

先月の話。俺のクラスメートにSって奴がいる。 そいつがいきなり、「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。「なんだよ?急に」と訝しがると、彼は神妙な面向きで話しはじめた。 なんでも彼は、この冬休み中に先輩に連れ出され、『滝不動』に行ってきたと言う。 『滝 ...

↑このページのトップヘ