私が小6の頃に通ってた大きい塾には、男子トイレと女子トイレの他に、もうひとつトイレ(共同?)があった。 
そのトイレは教室から一番遠いところ(塾内の一番奥)にあり、そのせいか誰も使おうとしなかった。 
別に先生用のトイレという訳でも無いらしい。 
塾の先生曰く、「幽霊が出るからあのトイレは使うなよー」とのこと。 
まぁ確かに、そのトイレは誰も使用してないためか、なんだか薄暗く気味が悪かった。 

3月になり、皆が塾を卒業するその日。教室で生徒の1人がこう言った。 
「塾今日で終わりだし、授業終わったら、皆であのトイレに行ってみない?」 
おもしろそうと思った私達はその提案に乗り、
「ホントに幽霊出るんじゃねー?」「まさかー」等と、今日で卒業というテンションもあってか、妙に騒がしくしてしまった。 

教室に入ってきた先生が、そんな私達の様子を見て、
「おい、トイレに行こうって言い出したヤツ誰だ」
いつもフランクな感じの先生が、初めて私達に怒鳴った。 
一斉に静かになる教室。 
あ、そうだ。先生に近づくなと言われてるのに、肝試しなんて…と、少し申し訳ない気持ちでいると、
「いや違う。怒ってるんじゃないんだ。ただ誰が言いだしっぺなのか、ちょっと教えてくれw」 
と、今度はいつもの先生の口調で言った。
「・・・Aが言ったんじゃない?」 
「俺じゃねーよ。Bが言ったんだろ」
「え、俺は誰かが言ったのにノっただけだけど?あれ?」 

言いだしっぺが見つからない。 
でも確かに、生徒の誰かが提案したはず・・・なのに。 
次第にざわざわしだす教室。 
先生は「静かに」と、ひとつ溜息をついて、 
「やっぱり、誰が言い出したか分からないんだよな~。
 ま、そういう事だから、お前らあのトイレは使うなよ」 
それだけ言って、先生は授業を始めた。