怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:ドッペルゲンガー


俺の実家は両親と弟が住んでて、俺は盆とか正月になると毎年帰ってた。 

ある年の正月。いつもは車で帰るけど、車の調子が悪くなり、電車で帰る事にした。 
着いたのは車の時よりずっと早い時間で、昼過ぎだったと思う。 
駅から徒歩15分位離れた住宅街に家はあったので、のんびり歩きながら帰った。 
年に数回帰ってるため、景色はそう代わり映えしなかった。
家に着いて、インターフォンを鳴らして、扉が開くのを待った。 
鍵は持ってたけど、家には家族がいるはずだったから。 

『はい』
インターフォンからは聞きなれない声。 
あれ?そう思ったけど、とりあえず「ただいま、俺」そう答えた。 
『どちらさまですか?』
今度はインターフォン越しでも分かった。他人の声。 
そのまま数歩下がり、門扉の表札を確認した。
『○○』
俺の苗字は『△△』。
聞いてるかはわからなかったけど、玄関に向かって「すみません!」そう叫んであわててきた道を戻る。 

わけが分からないまま駅に戻り、携帯から弟にかけた。
そしてそのまま、今駅に着いたけど、疲れて家まで帰れないから迎えにきてくれるように頼み、駅で待った。
10分もせずに弟の車がロータリーに入ってきて、そのまま車に乗って実家まで戻った。 

車は俺のよく知る道を通り、実家に着いた。
さっき歩いた道は何故か思い出せなかったけど、間違っていたことだけは分かった。 
赤ん坊の時から暮らしていた家を間違えたなんて馬鹿なこと弟にも言えず、そのまま正月を過ごした。 

正月休みも終わり、俺は大学に行った。 
友達のAを見かけて声をかけた。相手は不思議な顔をしてそのまま通り過ぎる。

しばらく歩いていると、後ろから声をかけられた。 
顔を見るとAだけど、さっき俺が声をかけたのAの顔じゃない。
というより、さっき声をかけた相手がAじゃないと気づく。 
全然、似てさえもいなかった。俺は入院した。


小学四年生の頃の話。

当時、父と二人暮らしでした。 
父は毎朝六時に朝食を作り、作業着姿で慌しく出勤して、
その後、私はひとりで支度をして登校してたんだけど、その日は頭が痛かった。 
たいした事はなかったんだけど、まあいいやズル休みしちゃえって、学校行かずにゴロゴロしてた。 

父の帰りは夜だしバレないだろと思ってたら、その日にかぎって昼頃父が帰ってきた。 
うわー絶対怒られるよと必死で言い訳考えてたら、何でか父はニコニコ笑いながら「散歩に行こう」と言い出す。 
怒られなきゃ何でもいいやと、私は深く考えずに父と出かけた。 

近所の川土手を父と手をつないで歩いた。その間どんな会話してたか覚えてない。 
娘と手ぇつないでニコニコ散歩なんてする人じゃなかったんだけど、楽しかったから変だとは思わなかった。 

しばらく歩いてたら、急につないだ手に痛いくらい力がこもった。 
「痛い」と言っても、父はニコニコしながら私の手をひっぱる。 
引っぱりながら土手下に降りようとする。 

普段はその程度で泣くような子供じゃなかったんだけど、
その時は骨が折れそうなくらい手が痛いのと、父の不自然な笑顔が怖くて大声で泣き出してしまった。 
父はびっくりしたみたいに手を離した。
父の顔を見られなくて、そのまま座りこんでわんわん泣いた。 

しばらく泣いてると、知らないおばさんが私の肩をたたいて話しかけてきた。 
顔を上げたら父がいない。
置いてかれたと思ったらますます泣けてきて、おばさんはそんな私を近くの交番につれて行ってくれた。 
迷子という事で、住んでいたアパートの大家さんに連絡。(当時、ウチには電話がなかった)
それから少しして、大家さんから連絡もらった父が、血相変えて私を引き取りに来ました。 

その時、初めて気がついたんだけど、父はいつも作業服姿で出勤してた。 
当然、帰宅する時も作業服。交番へ私を迎えに来た時も作業服姿。 
なのにその日、私と川土手を散歩した父は、それまで見た記憶のないポロシャツとスラックス姿でした。 
父は仕事場にいる時に大家さんから電話をもらったと言い、交番からの帰り道で私はすごい怒られた。 
いつもの父でした。
でも、その数時間前に一緒に居たのも父だったはず。 
何だったんだろ、アレ。


引用元:ほんのりと怖い話スレ38 


どうやら子供の頃から霊感があるらしいんだけど、普段から見えたり聞いたりするわけじゃないんだ。 
何かの拍子に波長が合ってしまったりするんだろうね。今でもたまに見ちゃう。
小学校に上がる頃までは、誰もいないのにひとりで会話してたらしいから、その頃までは普通に見えたりしていたらしい。 
手がかからなくて楽だって、お袋なんかは思ってたそうな。 
オレ自身も、誰でも見えるものだと思ってた。 
亡くなった親戚の通夜の晩に人魂見たりとか、当たり前だと思ってたんだ。 
出棺時に、亡くなった本人が後ろからついて行ったりとか。手を振って見送ってた。 
30数年生きてきて、何度となくその手の経験をしてるんだけど、じいちゃんが亡くなった時のこと。 

どういうわけだか、兄弟の中でオレが一番じいちゃんにかわいがられてた。 
なついていたから余計だろうな。
友達と遊ぶより、じいちゃんと遊ぶことが多かった。 
そんなじいちゃんが亡くなったのは、9歳の夏だった。 

その日、じいちゃんは獲物取りの仕掛けの様子を見てくるって、昼過ぎに山に入ったまま帰らなかった。 
田舎の村でね、山の中に掘っ立て小屋なんかもあって、
獲物を肴に一杯やって、次の朝に帰ってくることも多かったから、誰も心配はしてなかったんだ。 
いつもなら朝御飯に間に合うように帰ってくる。 
でも帰ってきたのは、連れていった飼い犬の秋田犬だけ。 
昼頃から地元の大人数人が山へ探しに行ってくれたんだけど、
夕方近くになってから、崖の下で冷たくなっているのが見つかった。 
じいちゃんがなぜ崖に近づいたか、みな不思議がった。 
罠にかかった獲物を仕留めるときは、危ないからって連れていってもらえなかったけど、 
仕掛けるときは連れていってくれてたから、仕掛けた場所の近くに崖なんかないのはオレも知ってたんだ。 
掘っ立て小屋の近くにも崖なんかないし。
犬が傷だらけで帰ってきてたから、猪にでも追いかけられたんだろう、逃げる途中で崖から落ちたんだろう、
大人達はそう話してた。

最初にじいちゃんに気が付いたのは、通夜の夜だった。 
うちの田舎では、通夜に読経してもらって、そのあと住職が故人の話を聴かせるんだけど、 
読経中、縁側のふすまの影から覗いてるんだ、じいちゃんが。 
人差し指を唇に当てて、内緒だぞってやってんだ。 
オレには珍しい光景じゃなかったから、じいちゃんも来たなって思ってた。 
子供のオレには、読経後の住職の話は難しくてよく分かんなかった。 
じいちゃんも退屈だったんだろうな、縁側で寝転がってた。 

住職が帰り際、
「今晩は仏間に近づいてはいかん、早く寝るように」って、オレに直接言って帰ったのはすごく覚えてる。
じいちゃんが来てることに気が付いてたんだろうね。

葬儀の日も、じいちゃんは縁側から覗いてた。 
やっぱり退屈そうにしてて、出棺の時は葬列の一番前を歩いてた。 
オレも列の後ろにつこうと玄関を出たところで、誰かに名前を呼ばれた。 
葬列の右側、少し離れたところに知らないおじさんがいた。 

誰だろう、あの手招きしてる人?じいちゃん…じゃないよな? 
なんて思ってたら、急に視界が歪んで、その場にへたり込んでしまった。 
周りの大人に、「どうしたの、しっかりしなさい」なんて声をかけられてたような気がする。 
なんか変だなーと思ってたら、住職の怒声がする。
「この子を連れてゆこうとするかバカモノ!本当にかわいいのなら独りでゆかぬか!」
ってなことを怒鳴ってたみたい。
朦朧としてたから、たぶんこんな感じのこと。 
手招きしてた人が、すげー怖い顔をして立ってたのは覚えてるんだけど、 
その後どうしたのかよく覚えてないから、気を失ってたんじゃないかと思う。 

気が付いたら葬儀は終わっていて、大人達は酒飲んでしゃべってて、オレも座ってご飯食べてた。 
ちゃんと思い出せるのはこの辺りから。
オレはじいちゃんに連れて行かれそうになったことにされていたらしく、 
「それだけかわいかったってことなのよ」なんておばさんが泣いてた。オレの頭をなでながら。
でも、あれはじいちゃんじゃないんだよ。
どこの誰だか知らないけど、とにかくじいちゃんじゃないんだよ。 
あんなおじさん知らないんだって。 
じいちゃんは(葬列の)先頭にいて、オレに手を振りながら歩いて行っちゃったんだから。 
子供の言うことだから誰も信じてくれなかったけどさ。 
住職もいい加減だよ、全く。

一応じいちゃんがなくなった時の話はそれで終わり。


補足すると今でも正月とかに家族が集まった時に、この話が出ることがあるんだけど、 
家族みんなの記憶もデタラメなんですわ。古い話だからさ。
足腰の弱った年寄りと子供は、葬列について行っちゃいけなかったんだけど、 
ねぇちゃんに言わせると、すっごい顔して住職が走ってきたから、むしろそっちの方が怖かったって。 
住職もオレが子供の頃に亡くなっちゃったから、もう確かめようがないんだけど、
だぶん住職は、じいちゃんの姿を見たわけじゃなかった気がしてる。
じいちゃんは、葬列より先に歩いて行っちゃっていなかったし。 

手招きしてたおじさんは、やっぱり誰だかわかんないです。 
死に神的な存在だったのかもしれないですけど、もう顔が怖かったことしか思い出せないし、 
なんでそんなのが現れたのか、今でも意味が分かんないし。
「連れて行きたいぐらいかわいがってた」とか、「あんたは今でもきっとじいちゃんに守られてる」とか、家族は美化しちゃってますが、孫のピンチだったんだから、じいちゃん助けに来いっての。

それ以来、じいちゃんの姿は見たことないけど、お盆には帰ってきてるんじゃないかな。 
迎え火とか送り火だっけ。
そういうの、子供の頃にはまだやってたし、仏間だけなんか、空気が違うことぐらいは分かる時があったから。

高校生の頃、夏休みで、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。 
毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰ってきていた。ダラダラしていた。 

ある日、結婚している8歳上の姉が2歳の娘を連れて泊まりに来ていた。 
母には「お姉ちゃん帰ってきてるんだから出かけなくてもいいでしょ」なんて言われたのだが、
約束があったので聞く耳をもたず玄関まで逃げた。 
母は「なんなのよもう~」なんて言いながらも玄関まで見送りに。 
その時、姪っ子が母にくっついて玄関にやってきたんだけど、 
姪っ子が突然俺に向かってお婆さんみたいな大声で、 
「アンタこんな時間に何してるんだ!いつも何やってるんだ!」と怒鳴った。 

 

姪っ子の顔は鬼婆みたいな怖い顔。俺と母はあまりの驚きで固まってしまった。 
続いて、「ちょっとは勉学に励んで親のことも大切にしないとだめだ!」と。 
すごいダミ声で、2歳児の声でないことは誰にでもわかる。
俺と母は顔を見合わせてポカーン。 
すぐに姪っ子は普通の状態になり、「おでかけどこ行くの~」と言った。 
顔も普通の表情に戻っていて、何ら不思議はない。 
母は姪っ子に「Kちゃん、今何を怒ったの?だいじょうぶ?」と言うと、 
「アタチ怒ってないよ~、おでかけ見送りにきたんだよ~」と、全く覚えてない様子でキョトン顔。 
そこへ姉が「あんた出かけるの?」なんて言いながら来て、母は今あったことを興奮して説明した。 
すると姉は、
「ああ、この子、前にもそれ1回あったんだよね…
 うちの旦那酒呑みでしょ?ちょっと前、連日のように泥酔して深夜に帰宅してたの。 
 旦那帰って来たら、寝てたこの子が起きて来ていきなり怒鳴ったのよ。 
 そのときは男の声でさ、旦那も私も唖然としてたよ!」

ちなみに、我が家はそのときは祖母が健在だった。
俺を怒ったのって誰?


何でもいいから怖い話を集めてみない?Part3

↑このページのトップヘ