怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:ホテルや旅館の怖い話

とある用事で上京した時に、そのままストレートに帰るのもつまらんから、
 
適当な所で一晩明かして、次の日に適当に買い物でもして帰ろうと思いつき、そこらにあったホテルへチェックイン。
 
部屋に向かい、荷物をそこらに放かして就寝する事に。

…だが、隣が五月蝿い。五月蝿すぎる。
壁をドンドン叩くような音から子供の泣き声、
挙句、生木を捻じるような音や喘ぎ声みたいなものまで聞こえてくる始末。
流石にこんなんじゃ寝れないぞって事でフロントに向かい、そこにいた従業員に「隣が五月蝿いので注意してくれ」と頼んだ。
すると従業員は一旦奥に引っ込み、(電話でもしてたんだろうか?)
しばらくすると戻ってきて、「直接話しておきますから」との返事。
これでなんとかなるかととりあえず安心して、こっちも部屋に戻る事に。

だが、部屋に戻って10分もしない内に、部屋のドアを誰かが激しくノックした。
最初、隣の奴が腹立てて乗り込んできたか?と思い、それなりに注意してドア開けると、そこにいたのはさっきの従業員。
そしてこっちがなにか言う前に、
「お客様!この部屋から別の部屋に変わってください!お願いします!」と大慌てで告げてきて、
こっちの次の句を挟む間もなく、勢いに押されて上の階の端部屋に変更させられた。
なんなんだよオイとは思ったものの、騒音から開放されたのもまた事実だし、正直、昼間夕方と散々動き回ったので眠い。
故にグダグダ考えずに、その日は寝る事にした。

次の朝、チェックアウトの時間が迫ったので、荷物を纏めてフロントに。
そして支払いの際に、「昨日のあれはなんだったんだ?」と聞くと、
支払いを受け付けてた従業員が奥の部屋に引っ込んで、しばらくするとなんか偉そうな人を引き連れて戻ってきた。
その偉そうな人が言うには、
「昨日の件は本当に申し訳なかった。こちらの手違いだった。その代わりに宿泊料は無料でいい」との事。
それじゃ正直納得できないんで、「どういう事か?」と何回か聞き直すも、
向こうも手を変え品を変え「手違いだった」を繰り返すだけなので、
結局はこっちが折れて、宿泊代無料でそのホテルを後にする事にした。

あの時はとりあえず東京で遊ぶの優先だわと思ってたから、色々と深く突っ込まなかったけど、
今考えれば色々と訳の分からん不気味な話ではあった。


岐阜北部のとある温泉街の旅館で働いてる友人から聞いた話です。 
もう十年以上前の事件らしいんですが、
観光地に悪い噂が立つと困るので、未だにその地方の関係者の間ではタブー扱いらしいです。 
その温泉街は村全体が高い山間にあって、冬は深雪に被われる場所です。 
その集落からさらに2kmぐらい奥まった場所に、犬や猫連れでも宿泊できるというホテルがあったらしくて、
そこでの話なんですが。 

ホテルには勤めて数年になるフロントマンがいました。 
冬の観光シーズンの時期だったそうです。
ホテルも繁盛してたみたいで、その日も靴箱には色んなお客の靴がずらりと詰まっていました。 
朝一で靴を玄関にずらりとならべるのが、彼の仕事の一つでした。 
いつもように仕事をしていると、あるパンプスを手に取ったときちょっと気付いたんです。 
薄いベージュ色のパンプスなんですけど、内側に黒い血みたいなものがついていました。
靴底一面がむらのある汚い染みになっていて、冷たく濡れていました。 

チェックアウトの時間になって、客がどんどんホテルからでていきます。 
玄関の靴もどんどん少なくなって、とうとう最後の一つになりました。 
それがあの汚いパンプスでした。 

11時過ぎになって、ようやくパンプスの持ち主がフロントまで降りてきました。 
あまり印象に残らない、しいて言えば目つきの悪い女でした。 
地味な安っぽい服を着ていて、
片手にはペットの籠を持っていましたが、毛布がかかっていて犬の種類までは見えませんでした。 
「足にお怪我でもされましたか?」
フロントマンは一応尋ねました。 
「さしでがましいようですが、お客様の履物にそれらしい跡がございましたので」と。 
女は「靴はペットが汚したんだ」と答えて、すぐに帰って行きました。 

1時間ぐらいして、女中から連絡がありました。 
あの女の泊まっていた部屋がおかしいと騒いでいました。 
行ってみると、畳に血の足跡がたくさん付いていました。 
部屋一面に跡が残っていて、鬼が踊り狂った後みたいな惨状でした。 
ユニットバスの排水溝には、小動物の肉片みたいなのが詰まっていました。 
連れてきたペットがネズミか何かを捕まえて、部屋を汚したのだと思いました。 
ホテルとしては大損害でした。

翌日、村の住人が、不信な黒いゴミ袋見つけました。国道から100m程度外れた雪の積もる林の中で。
温泉街へ湯を引くボイラーの管理人が、林道を通りぬけるときに発見しました。 
ゴミ袋には赤ん坊の死体が入っていました。
頭蓋が粉々になるまで、地面に置かれて何度も踏み潰されていました。 
おそらく怨恨の類です。
そのニュースはすぐに村中に広がりました。 

あのとき女が持っていた籠の中身は、もう空だったのだとフロントマンは気付きました。 
すぐに警察に連絡して畳の血痕を調べてもらうと、やはり人間の血液でした。 
女はすぐに全国で指名手配されることになりましたが、ホテルの記録に残された名前や住所は偽物でした。
顔を覚えていたのはフロントマンだけでした。
そこで似顔絵を作るのに協力しました。 
温泉街は風評被害を恐れて、絶対に新聞やテレビでは報道させませんでした。 

それから半年ほどたって、季節は夏に変わりました。 
結局、女の行方はつかめずじまいで、捜査は進展しませんでした。 
ですが、村は以前の落ち着きをとりもどしていました。 

フロントマンがいつもようにホテルにかかってくる電話に応対しました。 
『明日の予約の確認をとりたいんですが、
 前回電話したときには、○○さんという方に担当していただいたのですが』
「○○は私でございますが」 
『○○さんですね?』
「はい。そうです」
『…』
「…」
『…あたしの似顔絵をかいたのはお前か』

その後、フロントマンはすぐにホテルを辞めて、都内で再就職したそうです。


引用元:ほんのりと怖い話スレ38


旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の古い町に一泊することになった、そのときの話。 

日が暮れてから最初に目に入った旅館に入ったんだけど、シーズンオフのせいかすんなり部屋が取れた。
表から見たときには気がつかなかったけど、なんか格式のありそうな旅館で、
長い廊下を案内されてたどり着いたのは、古くて立派そうな部屋だった。柱なんか黒光りしていて。 
とはいえ、よく心霊話にあるように嫌な気配を感じたとか、寒気がしたとかいうことはなかった。
(というか、そもそも霊感みたいなものはないんだけど)
畳や調度品も新しく、清潔で快適な部屋だった。従業員も愛想が良い。飯を食って露天風呂につかって、さあ、あとは酒を飲んで寝るだけ、と部屋でくつろいでいると、
窓の外から何やらにぎやかな音がする。

カーテンの隙間からのぞいてみると、
植え込みの向こうに大きな離れのようになった建物があって、そこの座敷で宴会をしているらしい。 
騒がしくされたらかなわないなと思っていると、三味線の音が耳に入った。 
芸者さんらしいのが二人ばかり、ゆったりと優雅に舞っている様子が障子越しに見て取れる。
ほう、いまどき、と思ってよく耳を傾けてみると、
手拍子ひとつ、笑い声ひとつ取っても、なんともいえない品がある。 
セクハラおやじどもがカラオケをがなりたてる、ウチの会社の宴会とは大違いだ。
今でもこういう遊び方をする人がいるんだな、と陽気さのおこぼれにあずかった気分で酒を飲み、
酔いの回った体をぬくぬくと丸めて、
夜が更けてますます盛り上がる宴の賑わいを遠くに聞きながら眠りに落ちたのだったが、
翌朝窓の外を見ると、植え込みの向こうには有刺鉄線を張られた雑草のはびこる空き地が寒々とひろがるばかりで、
座敷と見間違えそうな建物の影もなかった。


ほんのりと怖い話スレ その4


母と娘が旅行に行った。
娘はもうすぐ嫁ぐ身、最後の母子水入らず。 
ありきたりの温泉宿で、特徴は海に面した・・・それだけ。 

部屋に通されるとやる事がない。 
駅から続く温泉街の土産物屋はだいたい覗いて来たし、夕食までにはまだ時間があった。 
そこで二人はお風呂に行く事にした。「この先の廊下を行くとあります。今でしたら丁度、夕日が綺麗ですよ」 
女中さんはそう言って、忙しそうに戻って行った。 

言われた通りに進むと、一本の長い廊下に出た。左右にはバーや土産物屋が並んでいた。 
そこを通り過ぎて行くと、廊下は右に曲がっていた。 
その正面には『男湯』『女湯』の暖簾が。
中から音は聞こえない。ふたりで満喫出来そうだ。 

支度を済ませ浴場に入ってみると、案の定誰もいない。 
「うわー、素敵ねぇ」 
娘は感嘆の声を挙げた。
正面は全面開口の窓、窓に沿って長方形の湯船。 
その窓の外には夕日に光る一面の海。 
二人は早速湯船に入った。

娘は湯船の右奥が仕切られているのに気付いた。1メートル四方程の小さなもの。 
手を入れてみると、飛び上がるほどの熱い湯だった。 
「きっと足し湯ようなのね」
母の言葉で、娘は途端に興味を失った。 

風呂は全く素晴らしいモノだった。 
湯加減、見晴らし、なにより二人きりの解放感。 
窓と浴槽の境目には、ちょうど肘を掛けるくらいの幅があった。 
母は右に、娘は左に、二人並んでたわいもない話をしていた。 
ゆっくりと優しい時間が過ぎて行く。 

その時、母は突然悪寒を感じた。 
自分の右の方から、冷たいモノが流れて来るのを感じたのだ。 
普通ではない、なぜかそう直感した。 
あの熱い湯船の方から、冷たい水が流れてくる等ありえない。 
それに視線の端に、何かがチラついている気がしてならない。 
急に恐怖感が涌いて来た。 
それとなく娘の方を見てみる。 
母は血の気が引く思いがした。 
娘の表情。これまでに見た事のない表情。
しかも視線は自分の隣を見ている。 
口はなにかを言おうとパクパク動いてるが、声は出ない様子。 
母は意を決して振り返って見た。 
確かに誰もいなかったはず。また、後から誰も入って来てはいないはず。 
が、自分の右隣には見知らぬ女がいた。
しかも、自分達と同じ姿勢で、肘をついて外を見ている。 
長い髪が邪魔して表情まではわからない。
しかし、なにか鼻歌のようなものを呟きながら外を見ている。 
「おか、あさん、その人・・・」 
娘はようやく声を絞り出した。 
「ダメ!」 
母は自分にも言い聞かすように声をあげた。 

母の声に娘はハッとして、口を押さえた。 
そう、別の客かも知れない。そうだとしたら、あんな事を言うのはとても失礼な事だ。 
けど、誰かが入って来たなら気付くはず。ましてや、自分達のすぐ近くに来たなら尚更だ。 
やっぱりおかしい。
そう思って母の方を見ると、さっきの女はいなくなっていた。 
しかし母に視線を合わすと、今度は洗い場の方を指指している。 
そこには、出入口に一番近い所で、勢いよく水をかぶるあの女。 
何杯も、何杯も、何杯も、水をかぶっている。 
娘は鳥肌が立った。 
正に鬼気迫る光景だった。 
母の顔色も真っ青になっている。 
「もう出ようよ」小さな声で母に呟いた。 
「けど、もしあれなら、失礼になるんじゃ」 
母も気が動転しているようだった。 
「それに」 
母が続ける。 
「私、あの人の後ろ恐くて通れない」 
そう言う母は恐怖からなのか、少し笑みを浮かべていた。 

母のその一言で、娘は気を失いそうになった。 
自分も同じ。恐くて通れない! 
「じゃ、どうするの?助け呼ぶ?」 
「だから、普通のお客さんだったら・・・」 
そう答える母にもわかっていた。あの女は異常だ。 
第一あれだけ勢い良く水をかぶってるのに、水の音が聞こえてこない。 
「こわいよ、どーするの、ねぇお母さん」
娘は半泣きになっていた。 
「とりあえず、ここで知らんぷりしときましょ」 
母はそう言い、また外を見た。 
私が動揺してたんじゃ・・・自分に言い聞かせながら。 

不思議だ、さっきは水の音なんて何一つ聞こえやしなかったのに、背後からはザバーッザバーッと聞こえてくる。
娘は気付いてるのだろうか? 
問うてみるのも恐ろしく、身を強ばらせるばかり。 
その時。突然水をかぶる音が止んだ。 
娘にも聞こえていたようだ。止んだ瞬間に、顔をこちらに向けて自分を呼んでいる。 
娘は泣いていた。

けどお互いに顔を見合わせるばかりで、振り返る勇気がない。 
ただただ出て行く事を望むばかり。 
そのまましばらく時間が過ぎた。 

「出て行ったみたい」 
母は娘の方に視線をうつした。
娘は静かに下を向いていた。ただたまに、しゃくりかげるのが聞こえる。 
「ほら、もう大丈夫だから、ね、もう出よう」 
母の優しい声に諭され、娘はゆっくり顔を上げた。 
よかった、心の底からそう思い母の方を見た。 
母の後ろ。熱い湯の入った小さな湯船。 
そこにいた。
髪の長いあの女。 
熱くて入れるはずなんかない湯船の中に。 
湯船一杯に自分の髪を浮かべて。顔を鼻から上だけ出して。 
娘を見て、ただじーっと見つめて。 
そしてニヤリと笑った。 
「ギャー!」 
娘は絶叫して母にすがりついた。 

母は娘が何を見てしまったのか知りたくなかった。 
寄り添う娘の肌は冷えきってしまっている。 
「出よう、おかしいもの。歩けるでしょ」そう言いながら娘を立たせた。 
早く、早く。もどかしくなる。
水の中がこんなに歩き辛いなんて。 
それでもなんとか湯船をまたいで洗い場に出た。 
娘は顔を覆ったままだから足元もおぼつかない。 
出てしまえばもう大丈夫、突然安心感が涌いて来た。 
母は最後に湯船を返り見てしまった。 
そこには。あの女が立っていた。 
長い髪から水をポタポタ垂らしていた。 
下を向いたまま立っていた。窓一杯のとこに立っていた。 
ここで母はまた背筋を寒くする。 
立てるはずなんてない。 
窓と湯船の境には、肘をつくのがようやくのスペースしか無いのだから。 
浮いてる?
そう言えば女の体は微かに揺れている気がする。
湯煙でよくわからない。 
母も叫び声を挙げてしまった。 

二人は駆け出した。 
体なんか拭いてられない。 
急いで浴衣を身に付けると、自分の持ち物もそのままに廊下に飛び出し、一番手前にあった寿司バーに駆け込んだ。 
「なんかいる!なんかいるよ、お風呂に!」 
娘は大声で板前さんに叫んだ。 
最初は怪訝そうな顔で二人の話を聞いていた板前さんも、次第に顔が青冷めていった。 
「その話、本当なんですよね」
「こんな嘘付いたとこでどうにもなんないでしょ」 
娘はバカにされた様な気がして、思わず怒鳴りつけてしまった。 
それに母も続けた。
「私も確かに見てしまいました。本当です」 
母のその一言を聞いた板前は、どこかに電話を掛けた。 

しばらくすると、ここの女将さんらしき女性がやって来た。 
すこし落ち着きを取り戻した母子は、なにか嫌な事があったのだな、と直感した。 

女将さんは軽く挨拶をすると、ゆっくり話しはじめた。 

5年程前、一人の女がこの旅館にやって来た。 
髪の長い女だった。 
なんでも、ここで働きたいという。 
女将は深刻な人手不足からか、すぐに承諾した。 
しかし、女には一つだけ難点があった。 
左目から頬にかけて、ひどい痣があったのだ。 
「失礼だが接客はして貰えない。それでも良い?」
女将は聞く。 
「構いません」
女はそう答えて、この旅館の従業員となった。 

女はよく働いた。 
それに、顔の印象からは想像出来ない明るい性格であった。

ある時、女将は女に痣の事を聞いてみた。 
嫌がるかと思ったが、女はハキハキと教えてくれた。 
ここに来る前に交際していた男が大酒飲みだった事。 
その男が悪い仲間と付き合っていた事。 
ひどい暴力を振るわれていた事。
「その時に付けられた痣なんです」
女は明るく答えてくれた。 
「そんな生活が嫌になって、逃げて来たんです」
そう言う女の顔は、痣さえなければかなりの美人だったらしい。 

それからしばらくして、この旅館に三人のお供を引き連れた男がやって来た。 
そして、ある従業員に写真を突き付けた。 
「こいつを探している」 
あの女だった。 
もちろん「知らない」と答えて追い返した。 
しかし、ここは小さな温泉街。きっとわかってしまうに違いない。 
そう考えた女将は、方々に手を尽くして女を守った。 

しかし女は恐怖で精神が参ってしまった。 
あんなに明るかったのに、ほとんど口を聞こうとしない。 
女将は心配したが、女は大丈夫と言うばかり。 

ある日、定時になっても女が出勤して来ない。 
電話にも出ないし、部屋にもいない。 
結局どうにもならないので、無断欠勤という事にしてしまった。 

ところが。 
「大変。女将さん大変よ!」 
何事か。従業員に連れられて向かったとこは、風呂場だった。 
そこに彼女はいた。
窓の外、向かって右に立つ大きな松の枝に首を吊っていた。 
急いで降ろしてやったがすでに死んでいた。 
悲しい事に、おそらく女は死ぬ前に髪を洗っていたようだ。
自慢のタネだったのだろう。
まだシャンプーの匂いが漂っていた。 

不吉だという事でその松は切り倒された。 
髪の巻き付いた長いロープと一緒に寺で燃やして貰った。 

「・・・それで、彼女がぶら下がっていた場所というのが、
 お客さんが、その『何か』をご覧になった場所だったんです」 
女将さんはそう言いながら、母の目をみつめていた。

↑このページのトップヘ