怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:夢にまつわる怖い話

私の弟は睡眠中無意識に歩き回る、いわゆる『夢遊病』患者でした。 
そのおかしな行為は、小学校高学年のころがピークでした。
3,4日に1度は夜中にむくりと起きだし、
とっくに終わっているはずのテレビの電源をつけて、砂の嵐を無心にじっとみつめています。
パジャマのまま鞄を背負って、鍵がかかって開かない玄関のノブをがちゃがちゃと開けようとし、
家族全員で引き止めたこともあります。
またある時は、誰かの気配を察して目を開けると、
弟が私の首に手を伸ばそうとし、 突然目を開けた私に驚いて身を翻したこともありました。 

その頃、私達の家族に心配事が降りかかってきました。 
それは、小学校5年で恒例となっている、キャンプ合宿の授業が近づいてきたことです。
夜中に勝手にテントを抜けて歩き回ったりしたら・・・。 
考えただけでぞくっとしました。 


ここからは、弟のクラスメートから後に聞いた話です。

予想通りのことが起こりました。 
夜中、キャンプファイヤーで盛り上がり、枕なげなど一通りの儀式的なことが終わった後、
就寝時間となり、半強引的に先生達にそれぞれのテントに連れ戻されました。 
直ぐに寝息を立てる者もいましたが、なかなか寝付けない子供も多かったようです。
何時間経ったころでしょうか、先生も眠りについて大分たったころ、それが起こりました。
弟がむくりと起き上がり、リュックが山積みになっている方へ、すーっと進んで行ったのです。
そして、リュックの山をまさぐりながら、
「違う、違う。ない!おかあさん、ないよ!」と言って騒ぎはじめたそうです。 
起きていた子供達が1人2人と顔をあげて、そちらを見始めました。
しばらく、その異様な光景に恐ろしくて誰も声をかけませんでしたが、
勇気を出した1人が、「どうした?」と声をかけると、
ハっと振り返り、「行かなきゃ!」と言って、適当にリュックを手に取って外へ飛び出していったそうです。 
さすがに驚いたみんなは、力ずくで止めに入ったそうですが、
遠くの方を見ながら、「行かなきゃ、行かなきゃ」と言い続けていたそうです。 


その翌日、弟は腹痛と40度近い高熱で、2日間うなされ続けました。 
普通の風邪だと思っていた母は、「明日にでも病院に連れていけばいいわ」と、わりと気楽に考えていました。 
ところがその日の夜。寝ていた母の夢の中に弟が出てきたそうです。 
母の枕元に立って、
「お母さん、うらむよ~。うらむよ~。うらむよ~」
ハっと我に返った母は、これは直ぐに病院に連れて行かなきゃいけないと察し、弟の寝ている部屋に駆け込んで行きました。
向こうを向いて寝ている弟に声をかけ、回り込んで弟の顔を覗き込むと、
寝ていると思い込んでいた弟は、大きく目を見開いたまま動かずに、 
「うらむぞ、てめぇ」と囁いたそうです。 
車で救急病院に連れて行くと、すぐ手術室に運ばれました。 
あと1時間でも遅れていたら命はなかったそうです。 

その後も、弟にまつわる様々な事件が起こりました。 
そして、訳あって、彼はもうこの世にはいません。

これは12年近く前の話です。 
記憶に、誰も居ないのに階段が鳴り響く体験をした覚えがあったので、
母に聞いてみたところ、このような話を思い出しました。 

ある日の夕方、父を除く家族が居間に集まっている状態で、(父は仕事で不在) 
急に階段を誰かが登っていくような音がしました。 
普通に「トントントン」という音ではなく、「ドンドンドン」と踏み鳴らす感じで。 
始めは父親かと思いましたが、会社に行っており不在との事を母親が言っており、祖父と祖母、俺も居間に居ました。
好奇心旺盛な当時6歳の俺は、音が鳴り止んだ直後に、一人で二階へ確認に行ってしまったそうです(止めてよ母さんorz)。
記憶は定かではないが、電話の呼び鈴が鳴り響く音を背中に聞きながら、階段を上がっていった覚えがあります。 
全ての部屋を見回りましたが、二階には誰も居ませんでした。

二階から降りてくると、電話を受けた母が、
「祖母の友人が30分ほど前に亡くなったから、通夜に出かける」と俺に告げました。 
母と祖母は階段が鳴り響く前に、廊下を何かが通る気配を感じていたそうです。 
元々母は実家の方で心霊体験(?)のような事を何度も体験していたようで、慣れていたようです。 
結局、二人とも霊感があるようで、通った気配がこの世のものではないと解っていたために、 
一人で二階に行く俺を止めなかったそうです。(悪霊だったらどうするんだヲィ)

祖母は、「最後に友人が、お別れを言いに来たのだろう」と家族に告げていました。 
此処までがほんのり・・・だと思う。 


794 :本当にあった怖い名無し :2005/05/20(金) 11:09:24 ID:OzpwJsFB0
母親からこの話を聞いて、ふと疑問が上がった。 
なぜ祖母にお別れを言いに来たのに、居間には来ず階段を上って二階へ行ったのか。 
母にこのように聞くと、「どうやら私と貴方が邪魔だったみたいだよ」と。 
言葉の意味が解らないでいると、
「貴方は二階から降りてきたときに、連れて降りてきたの気付いてないでしょ?」
と、また意味不明なことを言う母。 
「あれ(祖母の友人)はね、お別れを言いに来たんじゃなくて、一緒に連れて行こうとしてたんだよ」
と、言われてやっと理解した。 
祖母は俺が連れてきた祖母の友人に、話しかけられていたそうだ。 
「独りは寂しい、一緒に来てくれ」と。 
祖母は丁寧に断ったそうで、祖母の友人も諦めかけていたとき、馬鹿な俺はこんな事を口走ったそうです。 
「婆ちゃん連れてくくらいなら俺を連れて行けよ」と。 
この時は母も祖母も驚いたそうです。
うちの家系は、父や祖父には霊感がまったくなく、母と祖母だけにあったので、男の俺にはないものだと思っていたそうです。
しかし、二人のように強いわけではなく、その後すぐに高熱を出したそうです。 
原因が解っていたため、すぐに御祓いしてもらい熱も下がりましたが、 
その一件以来、母は心霊現象などが起こると噂される所に俺が行こうとすると、過剰に反応するようになりました。
その母の反応ぶりからして、俺自身は口走った覚えはありませんが、作り話ではないなぁ、と実感しています。 

そして、疑問である「何故、俺と母が邪魔だったか」というのを母に聞いてみると、 
霊感のある人間に祖母が助けを求めるのを嫌ったため、
階段で物音を立て、足腰の弱い祖母以外を二階に誘導するつもりだったようです。 
厳密に考えると、俺が二階から連れてきたわけではなく、
母が電話に出てしまい二階に来なかったので、仕方なく降りてきたようです。 

子供の頃には霊が見えやすいなどという事が言われていますが、
正直この話を聞くと、何もない方向に話しかけている子供を楽しそうだから放っておくというのも危ない気がします。
まあ、このケースは俺が馬鹿なだけでしたがorz


引用元:ほんのりと怖い話スレ その23

去年の話。

最初は変な夢だった。 
いつも使ってる駅をいつも通りに歩いてたら、通路の脇の方にお坊さん?が笠被って突っ立って何やらぶつぶつ言っていた。
何なんだ…とは思ったけど、笠被ったお坊さんが立ってるなんて町中の方なら割とあることだったし、深くは考えなかった。
でもいつもなら少し距離を置いて通り過ぎるのに、そのときはその人を避けるのも面倒に思えて、
自分が歩いていた方向を変えることなくそのまま歩いた。
お坊さんのすぐ前を横切るようなルートになる。で、お坊さんの前横切るときに、癖でその人の視界を遮らないように頭を屈めたんだ。
そしたらお坊さんのぶつぶつが偶然聞き取れて、お経?が耳に入った。 
お経?ここで?なんで?って思った瞬間、夢から覚めた。 
といってもパチッと目が開いて爽やかに朝を迎えたわけじゃない。 
突然視界が真っ暗になって、頭の中に大音量でお経?がガンガン響いた。
頭痛や耳鳴りもしたし、冷や汗も酷かった。
それでも自分がそれらの苦痛に思わず目をギュって瞑った感覚もリアルだし、
自分の腕や足がどんな体勢になって寝てるかとか、掛け布団の感触やら皺の箇所なんかも細かく感じ取れたから、
夢の続きじゃなくて俺は間違いなく覚醒してた。

それでも頭痛と耳鳴りは酷いし頭の中のお経は煩い。 
目を開けるのも憚られて暫くじっと耐えていたら、1分弱位であっさり収まった。
頭痛も耳鳴りも嘘みたいに綺麗さっぱりなくなったけど、
すごく疲れてて全身冷や汗かいてたのもわかったから、やっぱり夢じゃなかったと思った。
でもそこから体起こしたり目開ける気にならなくて、中々寝付けなかったけど寝た。 
翌朝もはっきり覚えてて何だったんだと思ったけど、暫くしたら忘れた。

それから夢のことをすっかり忘れた頃の帰路で、夜の10時は過ぎてたんじゃねえかな。 
道をトコトコ歩いてたら遠くからお経が聞こえてきて、俺は瞬時に先日の夢のことを思い出した。 

家の近くに寺なんかないし、今までお経が聞こえてきたことなんてなかったから、
これは何か違うぞと。何かやばいかもしれないぞと。
要はビビりまして、猛ダッシュで帰宅。 
少しの間はお経が聞こえてきてたけど、どこまでもついてくるって訳やなくて、すぐに聞こえなくなった。

それから夜の金縛りなんかもありえない頻度になって、その度に夢を思い出してびびったり。 
もういっこなんかあったけど、すんません忘れました。 
まあ直接何か見たわけじゃないし、一つ一つは大したことじゃないんだけど、
今までの人生でそんな経験なくて全く免疫のない俺チキンは少し参ってた。 

それが丁度夏くらいでして。夏と言えばお墓参りですよね。 
我が家では毎年若くして亡くなったじいちゃんのお墓参りに行ってたんだ。 
でもその年は偶然墓参り予定日に行けなかった。 
それ自体は珍しいことじゃなくて、そのまま行かない年もあるし、
行くなら他の日にまた別に予定立てて、一回目行きそびれた家族でまた墓参りに行くって感じ。
今年はどうするのかと思ったら他の日にまた行くという話になって、今年は行くのかとか思ったらまた俺の都合が合わない。
両方行けないってなったことは今まで一度もない。 

そんなときにまた最近の事を思い出して、これは無理にでも行った方がいいなって思ったんですね。
ここ暫く確か俺墓参り行けてなかったし。

それでまた別の日に父と二人で墓参りに行った。 
そんでじいちゃんに「最近参ってるんだー」と、夢から日常の体験から怖いと思ってたこと大体吐き出した。 
そしたら、それから金縛りももう一つの心霊体験もぱったりなくなった。お経も二度と聞かなくなった。 

じいちゃんが守ってくれよんかなと思って呑気に過ごしてたら、ばあちゃんが突然亡くなった。 
まだ72でもっと生きられる筈だった。
お風呂で亡くなったんだけど、色々偶然に偶然が重なって発見が遅れちゃって、見つけた時にはもう手遅れだった。

じいちゃんは若い頃に亡くなってから、ずっとばあちゃんを守ってたんじゃないか。 
それなのに孫の俺がわざわざじいちゃんの前で弱音吐いたもんだから、じいちゃんの手が足りなくなっちゃったんじゃないか。
ばあちゃんが亡くなってから数か月。 
我ながら本当に本当に馬鹿馬鹿しいと思うけど、多分一生引きずる。 

他の人からしたら全く怖くない上無駄に長い駄文ですみません。 
多分誰かに気のせいだばーかって言ってもらいたいだけです。すんません。


何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4


うちのダンナは仕事柄、かなり朝早く起きて出勤する。 
だいたい5時には一緒に起きて、私は朝ごはんの、ダンナは出勤の支度をする。 

眠い目を擦って台所に立ち、ダンナが洗面所で顔を洗っている音が聞こえた。 
突然インターホンが鳴って、覗き窓から見てみると、
見た事も無い小学生低学年の男の子が、ランドセルを背負って黄色い学帽かぶって立っていた。 
「誰?どうしたの?」って聞くと、その男の子「ママがケガしちゃったから、ばんそうこう頂戴」って言ってきた。 
 
 どこの子だろう?って思いながら、台所に戻り救急箱からばんそうこうの箱を取って玄関に。 
ドアを開ける前に、「ねぇ、どこの子?」と聞きながらサンダルをつっかけていると、
その子「僕のママ、血がいっぱい出ているの」と言う。
じゃあばんそうこうじゃ間に合わないんじゃない?と思いながら、
「どうやってケガしちゃったの?」と聞くと、
「ママ、血がいっぱい出て動かなくなっちゃったの。早く開けてよ」って。 
なんか恐くてヤバい!と思って、
「うちは駄目!どっか他所に行って!」と言うと、
ドアを凄い勢いで蹴った音がして静かになった。
ドキドキしながら覗き窓を覗くと、その男の子が外側の覗き窓の高さまでよじ登って、
反対にこっちを覗いてニヤニヤしてる。
ぞっとして後ろに下がって・・・

と、そこで目が覚めた。心臓がまだドキドキしている。 
ダンナが「あれ?また寝ていたの?」と言いながら洗面所から部屋に戻ってきた。 
ホッとして起きて、ご飯を作らなくちゃと思って布団を出ようとした時、右手にばんそうこうの箱を持っていた。 
あれ?と思っているとダンナが、
「さっきお前、玄関にいてなんか騒いでいたから、どうしたのか聞こうと思ってたんだよ。
 なんかドアとか蹴られてたろ?」
って。


引用元:ほんのりと怖い話スレ その1
 


私は夢をみていました。
昔から私は夢をみている時に、たまに自分はいま夢をみているんだと自覚する事がありました。
この時もそうです。

何故か私は薄暗い無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に、駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。
それは『まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~』と、意味不明なものでした。まもなく駅に電車が入ってきました。
それは電車というより、よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので、数人の顔色の悪い男女が一列に座ってました。
私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか試してみたくなり、
その電車に乗る事に決めました。
本当に恐くて堪られなければ、目を覚ませばいいと思ったからです。
私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、自由に夢から覚める事が出来ました。

私は電車の後ろから3番目の席に座りました。
辺りには生温かい空気が流れていて、本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。
『出発します~』とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。
これから何が起こるのだろうと、私は不安と期待でどきどきしていました。

電車はホームを出ると、すぐにトンネルに入りました。
紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。
私は思いました。
このトンネルの景色は、子供の頃に遊園地で乗ったスリラーカーの景色だ。
この電車だってお猿さん電車だし、
結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけで、ちっとも恐くなんかないな。

とその時、またアナウンスが流れました。
『次は活けづくり~活けづくりです』
活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。
振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに、
四人のぼろきれのような物をまとった小人がむらがっていました。
よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様になっていました。
強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。
男の体からは次々と内臓がとり出され、血まみれの臓器が散らばっています。
私のすぐ後ろには、髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、
彼女はすぐ後で大騒ぎしているのに、黙って前を向いたまま、気にもとめていない様子でした。
私はさすがに想像を超える展開に驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ、恐くなり、
もう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。
しかし、赤黒い血と、肉の固まりのようなものは残っていました。
後ろの女性は相変わらず無表情に一点をみつめていました。
『次はえぐり出し~えぐり出しです』とアナウンスが流れました。
すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物で、後ろの女性の目をえぐり出し始めました。
さっきまで無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、
私のすぐ後ろで鼓膜が破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。
眼かから眼球が飛び出しています。血と汗の匂いがたまりません。

私は恐くなり、震えながら前を向き、体をかがめていました。
ここらが潮時だと思いました。これ以上付き合いきれません。
しかも順番からいくと、次は3番目に座っている私の番です。
私は夢から覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、
それを確認してからその場から逃げる事にしました。

『次は挽肉~挽肉です~』とアナウンスが流れました。
最悪です。どうなるか容易に想像が出来たので、神経を集中させ夢から覚めようとしました。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ。
いつもはこう強く念じる事で成功します。
急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。
今度は小人が私の膝に乗り、変な機械みたいな物を近づけてきました。
たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、と目を固くつぶり一生懸命に念じました。
「ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かになりました。

なんとか悪夢から抜け出す事ができました。
全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れていました。
私は寝床から台所に行き、水を大量に飲んだところでやっと落ち着いてきました。
恐ろしくリアルだったけど、所詮は夢だったのだから、と自分に言い聞かせました。

次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。
でも、皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。

それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れ、バイトなんぞに勤しんでいました。

そしてある晩、急に始まったのです。
『次はえぐり出し~えぐり出しです』
あの場面からでした。私は「あっ、あの夢だ」とすぐに思いだしました。
すると前回と全く同じで、二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。
やばいと思い、夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、とすぐに念じ始めました・・・
今回はなかなか目が覚めません。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ・・・
『次は挽肉~挽肉です~』
いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。
夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ。

ふっと静かになりました。
どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時、
『また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~』と、あのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。
目を開けると、やはりもう夢からは完全に覚めており、自分の部屋にいました。
最後に聞いたアナウンスは、絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。
私がいったい何をしたと言うのでしょうか?

それから現在まで、まだあの夢は見ていませんが、
次に見た時にはきっと、心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。
こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です・・・

↑このページのトップヘ