怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:実話の怖い話

これは、実話です。

数年前、私は妹と二人で東京で二人暮らしをしていました。 
元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、
都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。 

ある日、妹がお風呂に入り、私が二階でテレビを見ている時です。 
風呂場から「ギャアアアアア」という物凄い悲鳴が聞こえました。 

ゴキブリでも出たかと思って一階に下りると、妹は髪をぐっしょりと濡らして裸のままで廊下に立っていました。 
何があったか知らないが、いくらなんでもその格好はないだろうと呆れながら、「どうしたの?」と聞くと、
青ざめた顔で「・・・風呂場、見て来て、お願い」と言います。
言われた通り見てきましたが、特に変わった様子はありませんでした。 
脱衣所までびしょ濡れで、妹が湯船から慌てて飛び出した様子が伺えた以外は。 

取り敢えず服を着て、髪を乾かして一息付いてから、妹は事情を話し始めました。 
いつものようにお風呂に浸かっていると、「ヒュー・・ヒュー・・」という誰かの呼吸する音を聞いたというのです。
周りを見わたしたのですが、誰もいません。 
風の音だと解釈し、妹は深く気にせずに髪を洗い始めました。 
湯船に浸かりながら上半身だけ風呂釜の外に身を乗り出し、前かがみになって髪を洗います。
手のひらでシャンプーを泡立て、地肌に指を滑らせ、髪を揉むようにして洗いました。
そのとき、ある事に気付いたのです。 
髪が、長い。 
妹が洗っている髪の毛は、彼女自身の髪よりも数十センチ長かったそうです。 
そして、もう一つのある事実に気が付いた時、妹は思わず風呂場から飛び出してしまったそうです。 
後頭部に、誰かの鼻が当たっている事に。 

それ以降、妹は極度の怖がりになってしまい、お風呂に入る時は必ずドアの外で私が待機するようになりました。 
私自身は、今日に至るまで何ら不思議な体験をしてません。 
しかし、妹は確かにあの時、自分でない誰かの髪を洗ったと言います。


何でもいいから怖い話を集めてみない?Part3

小4の時に体験した怖い話。

Tちゃんのお姉さんは中学生で、
首に腫瘍ができるとかいう小4にはよくわからない難しい病気で入退院を繰り返していた。
家に遊びにいくとたまにお姉さんもいて、こんにちは、くらいは話したことがあった。 
髪が長くて、いつもなんだか顔色が悪く、喉の少し下がぼっこりと膨らんでいたのを覚えている。 

そのうち、Tちゃんがクラスでいじめられるというか、特別視されて孤立していくようになった。 
二人組を作るとあぶれてしまう、みたいな。 

悪い噂で、Tちゃんもそのうちお姉さんみたいに首に気持ち悪いコブができてくるらしいよ~とか、
Tちゃんのお父さんもお母さんも首に気持ち悪いコブがあるらしいよ~気持ち悪いね!とか… 
Tちゃんと仲の良かった私はお母さんにも会ったことがあったし、そんなことないのは知っていたけど、
お姉さんの様子は確かに小4の私にはちょっと怖い、気味の悪い感じだったので、
周りに合わせて少しTちゃんからひいていた。

ある日、Tちゃんから、新しいゲームを買ったからうちに来ない?と誘われた。 
Tちゃんと遊ぶのはひさしぶりだったが、
お姉さんのこととかクラスの子に見られたらどうしようとか考えて、う~ん…とためらったが、
Tちゃんのことが嫌いなわけではないので行くことにした。 

Tちゃんと新しいゲームをしておやつを食べて…楽しくあそんだ。 
トイレに行きたくなり、
「Tちゃん、おトイレかしてね!」 
Tちゃんの部屋は2階にあり、トイレは1階の玄関前。 
何度か借りたことがあったから知っていた。 

用をたしてTちゃんの部屋に戻ろうとしたとき、玄関の前にお姉さんがいた。 
「あ…こんにちは…」 
お姉さんはいつものようにすこし顔色が悪く、けどいつも通りに「こんにちは」。 
部屋に戻ろうと、すると珍しくお姉さんが私の名前を呼んだ。 
「Mちゃん」
「はい」
「Tといつも遊んでくれて、ありがとうね。Tは大事な妹だから…」 
「あ…はい」
そんな会話をして部屋に戻った。 
戻るとTちゃんがゲームですごい点数を出していて、お姉さんのこととかすっかり忘れてゲームに夢中になった。 

門限まで遊んで家に帰り、夕飯を食べ、寝る支度をしていたとき、家の電話が鳴り、母が出た。 
「あら、こんばんわ、今日はMがお邪魔したそうで…」 
Tちゃんのお母さんらしい。 
「ええ…ええ…えっ!!まぁ…まぁそんな…まさか…」 
母の声で何かがあったことが伺えた。 
「…そうですか…御愁傷様でございます…」 
御愁傷様?誰か亡くなったときに使う言葉だよね? 
お姉さん病気だったから、亡くなったのかな…なんて適当に想像して母を見てた。 
電話を切って母が教えてくれた。 

「M…よく聞いてね…あのね、Tちゃんが、亡くなったって」
え…?Tちゃんが? 
「さっき事故で…病院に運ばれたけど間に合わなかったって…」 
「えっ、嘘、だって今日遊んだよ?何で事故…」 
「Hちゃん(Tちゃんのお姉さん)の具合が悪くて、お母さんは1日病院で付き添ってたんだって…」 

後から聞いた情報も交えて書きます。 
お父さんは仕事で遅くなるし、お母さんはお姉さんに付き添わなくてはならず、
お母さんはTちゃんに電話をして、夕飯はコンビニに買いに行くように話したそう。 
Tちゃんは一人で待つ寂しさからか、
今日私と遊んだことをすごく楽しかったんだよ~!とお母さんに何度も言っていたそう。
電話を切ってお母さんに言われた通り自転車でコンビニに行く途中、事故に遭った。 
救急車でお姉さんの入院している、お母さんのいる病院に運ばれたけど、もう救急車のなかで息がなかったとか。 

ショックで私も母も号泣してしまった。 
さっきまで楽しくあそんだTちゃん…もう死んじゃったなんて…と、その晩はうとうとはするものの眠れないままでいた。 
今日Tちゃんと遊んだときに話したこととか、一緒に食べたおやつのこととかいろいろ考えていて…気がついたんだ。 
お姉さん、入院していた…? 

お姉さん、確か家に居たよね…話したよね… 
あのあと、具合が悪くなったのかな…と、考えた。 
なんだか怖くて寒気がし…一晩眠れず、私は翌朝熱を出して学校をやすんだ。 

Tちゃんのお通夜はその次の日の夕方だった。 
私は熱も下がり、母とお通夜に参列した。涙が止まらなかった。 
学校でTちゃんの陰口を言っていた子も先生もみんな泣いていた。 
Tちゃんのお母さんは泣きながらも私を見つけるとそばまで来て、
「Mちゃん、ありがとう。Tね、すごく楽しかったって電話で言ってたのよ。最後に楽しい思い出をくれてありがとうね…」 
その次の日、Tちゃんはお骨になってしまった。

1週間くらいして、またTちゃんのお母さんから電話があった。 
今度はお姉さんが、息を引き取ったと…
 
母とTちゃんのお姉さんの葬儀に参列した。 
うちの母も、立て続けに娘を二人失ったTちゃんのお母さんを思い、
できる限り手伝おう、と葬儀の受付とかを手伝っていた。

その後しばらくたって、Tちゃんのお母さんからまた電話があった。 
離婚をして、実家に帰るため、家を処分するんだとか。 
その前にお世話になったうちの母と私に挨拶をしたい、と。 
家に行くと、玄関やリビングはもうすっかり片付いていた。 
お母さんといろいろ話した。 
お姉さんはTちゃんが事故に遭う数日前から入院し、もう長くはないと医者に言われていたんだとか。
「もしかして一人で逝くのが嫌だったHが、Tを先に逝かせたのかしら…」とTちゃんのお母さんが言った。 
ぞっとした。 
そういえばあの日、この家で、入院していたはずのお姉さんに会ったのだ。 
「大事な妹だから」
大事な妹だから、連れていったのだろうか… 
Tちゃんのお母さんは、
もういらないからとあの日遊んだ新しいゲームとその他のソフトを貰ってくれないか、と私に言った。
うちの母も、もらってあげたら供養になるよ、貰いなさい、と。 
言われるがままもらうことになった。 

家に帰り、ゲームソフトを眺めていた。 
四角いプラスチックのカゴに入った8本のゲームソフト。 
Tちゃんと遊んだ新しいゲームソフトもあった。 
遊んだことのないやつも2つあった。 
どんなゲームだろう、と後ろを見たりして開けてみる。 
すると4つに折り畳んだ紙が出てきた。 
広げてみるとそこにはこんなことが書いてあった。
以下、原文ママ。 
『お姉ちゃんばっかりずるい、お母さんはお姉ちゃんばっかり。私はいなくてもいい子なんだね。いなくなっちゃおうかな。 
 お姉ちゃんのせいで学校でも友達がいない。Mちゃんだけが友達。お姉ちゃんのせい。お姉ちゃんのせい。 
 お姉ちゃんなんて病気で早く死んじゃえばいい。早く死んじゃえ!バカH!』 
その紙の間にもうひとつ、紙が入っていた。 
白い紙を人型に切り、顔に『広美』、身体中に赤いペンで『しねしねしねしねしねしねしね…』。
思わず悲鳴をあげた私にビックリして母が来て、それを見た。 
母の目に涙が溢れて、私にこう言った。 
「Tちゃんは、寂しかったんだね…お母さんは病気のお姉さんにかかりきりで…
 あんたはいいことしたんだよ、寂しかったTちゃんと遊んであげて、仲良くしたんだから…」 
その手紙はTちゃんのお母さんにはつらいものだろうから、内緒にすることと、
母も私もこの手紙を燃やして忘れよう、ということになった。 

そして、見たくもなくなったそのゲームソフトをしまい、
何年も経った去年、私は大学に通うため独り暮らしをすることになった。 
部屋を片付けて荷造りをしていると、あのゲームソフトが出てきた。 
あんなことがあったなぁ…と思いだし、処分する前にTちゃんを思いだそう、とゲームソフトを見始めた。 
懐かしいな…
いろいろ見ていると、あの時開けなかった、遊んだことのないもうひとつのソフトが目についた。 
何気なく手に取り、開けてみた。 
白い4つ折りの紙が出てきた。
デジャブのような感覚に陥り、私は紙を開いた。 

 
以下、原文ママ。 
『最近Mのやつが私に冷たくなった。Mだけが私の友達だとおもっていたのに。Mとはずっと友達だと思っていたのに。
 どうしたらまたMと友達になれるだろう。今度でる新しいゲームソフトを買ったらまた遊んでくれるかな。 
 それにしてもMのやつ、ムカつく。他の子と仲良くしてんじゃねーよ!
 あいつもお母さんと同じ。私がいなくてもいいんだ。悲しい。』 
折り畳んだ人型に切り抜いた紙も出てきた。 
恐る恐る開いてみる。 
顔のところに『M』。
体のところには… 
『20歳の誕生日に、しね!』 
私は来月、20歳になる………。 

実話です。びびっています。誰か助けて。


引用元:何でもいいから怖い話を集めてみない?


これは大学の先輩が体験した実話。

その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。
特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊していた。
何校か受験するため、2週間くらいの長期滞在だ。

そんな中のある日、試験を終えて試験会場からホテルに戻ると、フロントの人に呼び止められた。
「A様でらっしゃいますよね」

「はい。そうですが・・・」
「実はA様宛に、他のお客様よりお預かりものがあります」
「えっ?誰ですか、それ?」
「さあ・・・他の従業員が対応しましたのでわかりかねます」
先輩は状況が理解できなかった。
なぜなら実家の親以外に、彼がこのホテルに宿泊していることは誰も知らないはずなのだから。
「人違いではないですか?」
「いいえ。お客様はA様ですよね?でしたら間違いございません。
 確かにA様宛に、お預かりしたものでございます」
「他のAという名前の人ではないでしょうか?」
「いえ、当ホテルでは現在A様という名前のお客様は、あなた様だけですので」
先輩はわけがわからなかったが、とりあえず自分宛だという謎の預かり物であるB5サイズの茶封筒を受け取った。
部屋に戻って、先輩は中身を開ける前にとりあえず実家に電話してみる。
しかし当然、実家の親はそんなもの知らないと言う。

やっぱり人違いでは・・・先輩はもう一度フロントに言いに行こうとしたが思いとどまった。
先輩のA(ここでは名前は伏せるが)という名字は大変珍しい名前であり、
その名前で確かに届いていたのだから、他の誰かと間違うはずもない。
ついに、恐る恐るその封筒を開いてみる。
すると中からは、一枚のレポート用紙が出てきた。
そこにはサインペンで、手書きの地図のようなものが描かれいた。
現在いるホテルから3つ先の駅から道が伸びており、簡略に描かれた道を順にたどって行くと、
ある道の傍らに斜線で記された場所があり、そこに矢印がしてあって、その横に『ココ』と小さく書いてある。
封筒をもう一度のぞくと、中には何やら家の鍵らしきものが一緒に同封されている。
先輩はもう完全にわけがわからない。
同時にものすごく恐くなり、その封筒に中身を戻すと、無理矢理フロントに押し返した。
もちろん、その地図の場所に行ってみようなんて気にはとてもなれない。

幸いにも受験校は翌々日の1校を残すのみであったが、
そのことが頭から離れず、試験にまったく集中できなかったそうだ。

先輩はその試験を終えると、
当初は受験を全て終えた後の骨休めとして、東京見物をするためもう何泊かする予定であったが、
それらをキャンセルして、逃げるように沖縄に帰った。

以上です。
実話だけに、これ以上のオチはありません。
でもその先輩は、いまだにそのことは全くの謎であり、思い出しただけでも恐くなると言っています。


引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?1


新聞にも載らなかった話。

とあるマンション(市内では自殺の名所で知られてる)で、女性の死体が見つかりました。
仰向けに寝かされた状態。年齢は20~30後半くらい。革のミニスカ-トにストレッチブ-ツ。
上は何故か、分厚い灰色か黒のセ-タ-の上に、鮮やかな朱色の薄手のカ-ディガンを着ており、
ストッキングを履いていたそうです。
ブ-ツの片方が脱げかけの様な中途半端な状態で、死後数時間というところだったそうです。

 第一発見者が救急車を先に呼んでしまったために、遺体が搬送されてしまったので、警察を呼んだときにはもう既に遅しでした。
遺体の状況を警察は発見者の方達から聞くしか術がなく、警察も「ここは自殺が多いから自殺者でしょう」と一言。
しかし、周りには多くの木が植えてあり、自殺である場合はその木々らが必ず折れたりしますし、遺体を見た感じでは外傷がなく、あまりにも綺麗すぎて、周りに血が飛び散った跡も無く、住人や発見者の目から見ても、『自殺者』では無い事は明らかだったそうです。

後日、新聞などチェックしましたが、まったく報道されずでした。
現在も報道されずです。

後日、警察から聞いた話では、「外傷がないのに、全身の骨がすべて折れている状態」とだけ聞きました。
被害者の女性がマンションで見つかった時刻は、朝の11時過ぎ。
しかし、朝10時からこの遺体発見までの間に目撃者はなく、
発見される10分前にいたっても、幾人かは「死体は無かった」と証言しています。

問題は、このよく分からない事件が、警察で止まってしまっている事です。
報道されれば、少しは身元の情報も得られるかもしれないのに。
自殺も迷惑ですが、遺体遺棄はもっと迷惑ですし、被害者の方も浮かばれません。
怖いのは、こういう運命にある事件もあるということかな。


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?1


この話は実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。
友人も、実際に人が二人死に、警察にしつこく尋問されたそうです。
これは私が大学時代に、友人から聞いた話なのですが・・・。

彼がバイト先の友人6人とある日、中国地方某県某所の吊り橋にドライブに行った時の事です。
その日、彼らは車2台に分乗し出かけたそうです。

 
彼は後ろの車のドライバーでした。
前の車には、バイト先の店長と、彼らのグループ内で公認の、そして親さえ公認のカップルが、
後ろに車には、残りの彼を含む4人が乗り込んでいました。

朝から出発したにも関わらず、途中でいろいろ寄り道をしたおかげで、
目的地の吊り橋に到着したのは、もうすっかり日も陰った夕闇時だったそうです。
山の中の深い谷に架かる吊り橋。
吊り橋が近づくと小雨が降り出し、うっすらと霧もでてきたそうです。
吊り橋の手前は広場になっており、晴れていればそこに車を止め、歩いて吊り橋を渡り、帰ってくるはずでした。
(吊り橋の向こうは当時から行き止まりになっており、この吊り橋は観光用に残されたものらしいです)
ところが広場まで来ると、前の車が急停止したそうです。
「???」
10mほど後ろで2台目の車に乗っていた4人は、何故店長が車を止めたのか解らずに、暫く固まっていたそうです。

しかし、一向に動かす気配も無いので、彼が様子を見に行こうとドアを開けかけた瞬間、
前の車の後席に座っていた友人のカップルが、車から飛び出してきたそうです。
彼も驚いて車から降り、「なんかあったんか?」と叫んで近づこうとしたその時、
2人は手を繋いで凄い勢いで走り出し、そのまま広場の端のガードレールを飛び越えて、谷に身を投げてしまっ たのです・・・。
彼らは驚いて、ガードレールまで駆け寄り谷底を見ましたが、霧で何も見えなかったそうです。

呆然自失していた彼ら4人も我に返り、前の車の店長の様子を見に車まで戻りました。
店長は運転席でハンドルを手が白くなるまでしっかり握り、
小声でぶつぶつと、
「行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ」
と呟いていたそうです。

とりあえず彼らは警察に通報しました。
警察がすぐに到着し、すっかり正気をなくした店長は救急車で運ばれたそうです。

その後2人は、当然ですが死体となって発見されました。
彼らは警察にしつこく尋問されましたが、結局、自殺(心中?)という形になったそうです。

その後、店長の見舞いにいった彼は、店長にあの時なにがあったのか聞いたそうです。
店長が言うには、あの時、突然車の前に古風な着物を着た女の子が、霧の中から現れたそうです。
『危ない』と思って急ブレーキを踏んで車を停止させると、
まるで時代劇か明治のドラマに出てくるような格好をしたおかっぱ頭の女の子で、なぜか笑っていたそうです。
こんな所に・・・?と思うより先に不気味に思い、逃げるか?と思った時、
車の周りを、同じ様な格好をした子供達に囲まれていることに気づいたそうです。
うわっヤバイと思った店長は、とっさにお経を口の中で唱え始めたそうです。
車を囲んだ子供達は、そのまま手を繋ぎ歌いだしました。
「か~ごぉめぇ、か~ごぉめぇ、かぁごのなかのとぉりぃはぁ・・・」
その時、店長の頭の中に子供の声が『おいでよぉ。おいでよぉ。おいでよぉ』と響いてきたそうです。
店長は「行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ」とハンドルを握り、ひたすらお経を唱えたそうです。
その時、後ろの2人が突然車から降りると、子供達と手を繋ぎ、一緒に走りだしたそうです。
ガードレールの向こうへ・・・。崖に向かって。

「こんな話、警察は信じてくれねーしよお。俺だって、もうあれが本当かどうかなんて自信ねーよ」
と、店長は最後に彼に言ったそうです。
その話を一緒に聞いていた別の友人が、「またー、よくできた作り話だなあ」と茶化すと、
彼は一言、「本当だよ、○○と××はそれで死んだんだ」と言いました。
僕も本当だと思います。

↑このページのトップヘ