自分には親が共働きで、夕方から親が迎えに来るまで、婆ちゃんちに預けられていた時期がある。  自分は顔の妙に長い叔母さんや、顔のないのっぺりとしたものが見えることがあった。 婆ちゃんに言うと、「そーけそーけ、あん人達とは絶対に遊んじゃいけんよ」と、ニコニコ ...