怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:泣ける不思議な話

まだ10代のころ、生まれて初めて一人暮らしをした。

住み始めて3~4ヶ月経った頃、夜中にトイレに行くと、玄関のドアを「トントン」叩く音がした。
ちゃんとインターホンもあったんだけど、気付かなかったのかな?と思い、
玄関ドアの覗き穴を見ると誰もいない・・・
そのときは気のせいかなと思って、そのまま寝た。

そんなことはすっかり忘れて数か月、私は深夜のバイトを始めた。

ある日、深夜に帰宅して玄関で靴を脱いでいると、また玄関のドアを「トントン」と叩く音がした。
覗き穴を見てみると誰もいない。
ドアを開けてみても誰もいない。
少し不気味だったけど、時間も時間だったし、
帰宅の音がうるさかったから、ご近所の人が消極的な抗議に出たのかなと思った。

しかし、それからというもの、帰宅が深夜の時はほぼ毎日ドアをノックされた。
イタズラにしても気持ち悪かったので、管理人に連絡して、
アパート全体にポスティングしてもらったり、いろいろしてもらったがノックは止まらず。

そのうちこっちも慣れてきて、ノックされるのは深夜3時半~4時の間に集中していることがわかり、
ある日、どうしても犯人を突き止めたくなった私は、
3時10分頃からドアの前に張り付いて、覗き穴を見続けるというヒマな手段に出たw

覗き初めて30分くらい経ったとき、「トントン」と音がした。
覗き穴には誰も映っていない。
というより、ドアから音がしない。
後ろから聞こえる。
開け放ったワンルームのドアを通り越して、ベランダのドアを叩かれた。
私が覗き穴を覗いているのは、その時点で私しか知らない。
なのに覗き穴ではなく、ベランダのドアを叩かれた。
私はそのときまで、ノックは人為的なものであるとしか考えていなかった。
人外のものがノックしているなんて、考えたこともなかった。
私はその時、初めて背中が薄ら寒くなった。

しかし、引っ越し費用なんて用意出来ない私は、その後もその部屋に住み続けた。
ノックは相変わらずされる。
たまに玄関に張って見るが、見透かすようにベランダをノックされた。
ノック以外のことは何もしなかったので、怖くもなくなっていた。

住み始めて2年が経った頃、うちのベランダ側のガラス戸に、車が突っ込む事故があった。
うちは1階だったんだけど、前の駐車場に止めようとした車が、誤って突っ込んできたらしい。
私の部屋のガラス戸はフレームごと大破w
しばらくベニヤ板が打ち付けられていた。
事故のとき私は家にいなかったんだけど、管理人と警察から事情を聞いて、ベニヤ板をはめるときは立ち会った。

一通り終わって、部屋でビール飲みながらベニヤ板見てたら笑えてきて、
ふと、トントンしてる奴は玄関にいるのか駐車場にいるのか、と思い、
思わず「大丈夫だった~?」と呟いた。
そしたらベニヤを「トントン」と叩く音が聞こえたwww
時間はいつもの時間じゃない。
なんか嬉しくなってしまって、
それからもまったくヤツのことを嫌いになることもなく、5年ほどその部屋にはお世話になった。

一人暮らしだけど、なんとなくヤツを認識してからは、
「いってきます」「ただいま」って言うようになった。

引っ越しする前日に「元気でっておかしいか。達者でなww」って言ったら、
ちゃんと「トントン」て、いつもと同じで2回、いつもよりゆっくりノックが返ってきた。
ちょっと泣いたよwwww 

私はある離島の駐在所に勤務しております。 
この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。 
田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。 
職住接近だし、3直交代の不規則な生活をしなくて済むと考えたからです。 
しかし、この駐在所には問題がありました。
首が無い警官の幽霊が出るのです。
私も最初は驚きました。
でもその幽霊は、それほど危険な存在に思えません。 
私には無関心のようですし・・・。 
だから私は、段々と幽霊が現れる生活に慣れていったのです。 

しかし、私は幽霊の正体が気になっていました。 
それで私は寄り合いの度に、それとなく駐在所の幽霊について聞き出そうとしたのです。 
ところが住民達は、いつも「気にしない方がいいよ」と話をはぐらかし、私に何も教えてくれません。 
その度に私は、よほど言いたくない事なのかも・・・と思い、何も聞けませんでした。 
住民との関係を悪くしたくありませんでしたから・・・。 

そんなある日、私はその幽霊についつい話しかけてしまったのです。「あんた、いい男だね」と。
別にこの言葉に深い意味はありません。 
ただ、いつも現れる幽霊とコミュニケーションを取ろうとし、ちょっとおだてただけです。 
しかし私の言葉を聞き、彼は恐ろしい見幕でにじり寄ってきました。 
「俺の顔が見えるのか」と・・・。 
あんなに恐ろしい威圧感を受けたのは初めてです。 
私は恐ろしさのあまり、すぐにその場から逃げ出しました。 

そして村長の家へ行き、その出来事を話したのです。 
その時の村長は険しい表情を浮かべ、頑なに口をつぐんでいました。 
それでも私は、駐在所の幽霊について強い口調で尋ねたのです。
すると村長は、古ぼけた封筒を私に手渡しながらこう言いました。  
 
「この封筒の中を見たら、あんたは間違いなく死ぬ。その覚悟があるんなら、見てみなさい」 

私が封筒を手に取り、中を確認しようとしたその時です。 
突然に玄関のドアを誰かが叩く音がしました。 
私と村長が玄関まで行くと、ドア開かれておりましたが誰も居ません。 
もしかしたらあの幽霊なのか?あの幽霊が居る気配がするし・・・でも、どこにも姿が見えないな。 
私がそう思いながら、恐る恐る辺りを見回していた時です。 
突如、私の背中に悪寒が走ったかと思うと、そのまま私は気を失ってしまいました。 

それからどの位の時間が経ったのでしょうか。 
意識が戻った時は、何と私の体が金縛り状態になっていたのです。 
そして「見たな、見たな・・・」と、あの幽霊が私に呟き続けていました。 
それで驚いた私は、思わず心の中で叫んだのです。 
『一体お前は、何をしたいんだ!俺をどうする気だ!』
その時、幽霊はこう答えました。 
「一人になりたい。幸せに辿り着くまで、考え続けたいんだ」 
彼はそう言い残し、自分の家へ帰ったようでした。あの駐在所に・・・

その後、私は別の建物を駐在所代わりにしていました。 
そんな私に村長は、駐在所の幽霊についてこう教えてくれました。 
「あのお巡りさんは、駐在所で火の不始末から、火事を起こしたんじゃ。
 火はすぐに消えたが、お巡りさんは大火傷をした。 
 それ以来あのお巡りさんは、人を避けるようになってな。
 火傷のせいで、えらく人相が悪くなったから、しょうがないじゃろう。
 だが島のみんなは、そんな駐在さんはいらんと怒ってな。
 駐在さんは、みんなの冷たい仕打ちのせいか、自殺したんじゃ。
 駐在さんの奥さんも、その後、ここを去っていった。
 あの封筒にはな、駐在さんの顔写真が入っているんじゃよ。
 もうこれ以上は、何も知らん方がいい」

私は今でも、彼が早く幸せに辿り着くよう祈っています。

俺の親戚の間で有名な話。 

姪が小6のとき、下校中にクルマから降りてきた男に腕を掴まれ、危うく連れ去られかけるという事件があった。
姪が激しく抵抗していたら、どこからともなく仔犬が現れて、猛然と男の足に噛み付いた。
男は驚いて逃走し、事無きを得た。 
仔犬は姪を送るように家までついて来た。 
話を聞いた両親は仔犬に大変感謝し、そのまま家で飼うことにした。 
仔犬は真っ白だったので、当時公開されていたアニメ映画にちなんで『モロ』と名付けられた。 

モロは成長するにつれピレネー犬のような巨体となり、相変わらず何かにつけて姪を守ろうとした。
川遊びで姪が危ない方へ行こうとすると体を張って制したり、
散歩中に見知らぬ人が近づいてくると低く唸って追い払おうとした。
姪が病気で寝ているときは、一日中心配そうに添い寝していたらしい。 

あまりモロがつきまとうので、姪は少々迷惑そうだった。
よく周囲に「ちょっとウザい」と漏らしたりもしていた。 

姪が専門学校生になってしばらくした頃、家に彼氏を連れてきた。 
モロはじっと彼氏を見ていたが、珍しく部屋の隅でおとなしくしていた。 
彼氏は両親に、結婚の許可を得るために来たと言った。 
両親は驚いたが、姪が『できちゃった』状態であることがわかり、結局後日、やや渋々ながらOKの返答をした。 
姪は冗談で「新居に移ればモロにつきまとわれずに済む」などと言っていた。 

そうして2人は結婚した。 
新婚旅行に出かける飛行機の中で、姪は地上からモロがじっと見送っているように感じたらしい。

そしてその夜、モロはいなくなった。 
出入り口はどこも閉まっている状態だったので、どうやって外に出たのか未だに謎らしい。
旅行から帰ってきた姪は、ボロボロ泣きながら町内中を探し回ったが、モロの姿はもうどこにも無かった。 
姪は今でも、モロのハーネスを宝物のように持っている。

この話は、親戚の間では『ちょっと不思議な話』程度に伝えられているが、姪の旦那にとっては間違いなくオカルトであろう。
彼はちょっと遊び人風だったのだが、親戚中から、
「○○ちゃん(姪の名)を不幸にしたら、どこからともなく巨大な白い犬が現れ、お前の喉を食い破るぞ」
と脅され、一生懸命働いているようである。


俺は昔、猫を飼ってたことあるんだけど、なんて言うのかな~俺のこと子供と思ってたようで、
俺のことを心配したり、寒がっていると一緒に寝てくれたりと、不思議な奴でした。

人間と猫だと寿命がぜんぜん違うから、猫のほうが先に年とって弱くなって、病気で死んでしまったんだわ。 
俺なんか初日は涙止まらなくて大変だったんだけど、一日寝たらぜんぜん悲しくなくてさ、
俺って薄情な人間なんだな~と思いながら普通の生活してたんだわ。

そんなある日、夢で猫が俺の布団から出てくのを見たんだわ。
なんか当たり前のように俺が猫に「行くのか」って言うと、
猫が少しだけこっち気にするような素振りしたけど、すぐに白いとこに歩いて行ったんだわ。

で、なんか不思議だったんで親にその話をしたら、「ちょうど猫が死んでから49日だよ」って言われた。
死んでから猫の奴、俺の側にずっといたんだろうな~これで本当にお別れなんだな~って素直に受け入れられたんだ。

ホントおせっかいというか、死んでも猫に子供扱いされてた俺になんか笑っちゃうけど、
あの猫には今でも感謝してる。


去年の秋、姉貴が結婚した。そんときの結婚式での話。 

結婚式なんだけど、親族だけで写真撮るじゃん。新郎新婦を真ん中にして。 
俺ら親兄弟は1列目に一緒に座って、にこやかに写真撮影。 
写真撮り終わったあとに姉貴が、
「後ろに立ってた叔父さんがベール引っ張るんだよ。うしろヘンになってない?」とお袋に言っている。 
お袋も「えー?」とか言いながらベールを見たけど、特に崩れたりはしてない。 
ただ、ベールの裾になぜか青い朝顔がひとつくっついていた。 
頃は11月。式場には花が沢山あふれていたけど、もちろん朝顔なんてない。 
うしろに立っていた叔父に後で母が聞いたみたいだけど、ベールは引っ張ってないし、朝顔にも覚えがないと。 

ここからは後日談で、お袋が涙ながらに語ったんだけど。
俺ら、今は俺と姉貴のふたり姉弟だけど、俺にはもう1人姉がいたのよ。姉貴と双子だった。 
俺が5歳のときに、事故で亡くなった。
事故に遭ったのは、小学生になってはじめての夏休みを迎えようとした終業式の日。学校からの帰り道で事故に。 
最後に持ち帰っていた朝顔の鉢が遺品になり、あれから毎年、その種を絶やさずに親父とお袋が育てている。 

死んだ姉貴が、精一杯のおめでとうを言いに来たんじゃないかと、家族全員で泣いたよ。

おお、なんだか温かいレスをありがとう。 
これに関する後日談をひとつ投下していいかな。 

朝顔は、朝咲いて夕方にはもうしぼむ。 
咲くのは1回切り。同じ花が咲くことはない。 
姉貴のベールについていたのはもちろん花のみで、数時間でしおれてしまってもおかしくないんだけどさ。 
姉貴たち夫婦は式が終わったその足で新婚旅行へ。 
一週間後に帰国したんだけど、その帰国する日まで花が咲いてたんだよ。 
お袋が水に挿してはいたんだが、普通は絶対ありえない。 
無事帰国したのを確認したように、次の朝しぼんでた。 

そういうのもあって俺ら家族は、あの朝顔は天国からねーちゃんが持ってきたと信じている。


引用元:ほんのりと怖い話スレ42


 この間の寝苦しい晩の出来事です。 
その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもよりかなり早めの9時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。
疲れていたのですぐに寝入ることは出来ましたが、早く寝過ぎたのと暑さのせいか、夜中に目が覚めてしまいました。
まだ目は閉じたままでしたが、ふと気が付くと、軽く握った自分の左手のひらの中に何かがありました。
それは誰かの人差し指のようでした。

 同じベッドに寝ている子供は自分の右側にねているはずです。いつもそうしてますから…。
それに、それは子供の指にしては大きすぎるのです。 
ドキッとしましたが、目を開けて確かめる勇気はありませんでした。 
それなのに、自分でもどういう訳か分かりませんが、反射的にギュッとその指を握ってしまったのです。
それは確かに人間の人差し指でした。 
不思議と恐怖心は湧いてきませんでした。
というより、その指はどこかでさわったことの有るように感じで、懐かしくさえありました。
妻か、あるいは親か…とにかくそんな感じがしました。
そんなことを考えていると、左手の中に握られた指の感触がスッとふいに消えて無くなりました。 

しかし、今度はすぐ横に人が座っている気配、というより圧迫感を感じました。
その圧迫感が段々と重みに変わってきて、体中から冷や汗がドッと出てきました。 
こんなことは初めての体験でした。
さすがに怖くなってきて、知っているお経を頭の中で何度か唱えました。 
しばらくすると、その気配も突然スッと消えて無くなりました。 
ほっとして、ゆっくりと目を開け、まわりを確認しましたが、何も変わったところはありません。
子供は静かな寝息を立てて、やはり右側にねていました。

しばらく横になって、今の出来事を思い返してみました。 
その時、ふっと亡くなった祖母の記憶が蘇ってきました。 
自分にとって祖母は母親代わりの人でした。

そんな祖母が老衰と院内で感染した病で、余命幾ばくも無くなっていた時の事です。 
週に何度か見舞いに行っていましたが、
いつもはただ寝ているだけの祖母が、その日に限って目をぼんやりと少しだけ開けており、
私に向かってゆっくりと手を差し出してきたのです。
まるで助けを求めているかのようでした。
私はある種の恐怖心のようなものをその時感じてしまって、
弱々しく差し出されたその手を、どうしても握り返してあげる事が出来ませんでした。
それからしばらくして祖母は亡くなり、自分はその日の事を少し後悔しました。 

感傷的になってると思われるでしょうが、
あるいはさっき握った指は、祖母のものだったのかも…と思うと泣けてきました。


引用元:ほんのりと怖い話スレ その2

↑このページのトップヘ