怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:病院の怖い話


先日、私と姉の2人で、身内の見舞いで某大学病院に行った時のこと。 
4階からエレベーターに乗ったら、中に小さな女の子が乗ってて、
「なんかいをごりようですか?」と私にたずねるので、エレベーターガールごっこでもやってるのかな?と思い、 
「1階をお願いします」と言うと、
「はい。したへまいります」と可愛く答えて、なんとも微笑ましい感じでした。

1階へ下りる途中、2階でエレベーターが止まって、パジャマ姿の痩せている男の人が乗ってきました。 
すると女の子は、また「なんかいをごりようですか?」と男の人に尋ねると、 
男の人はボソッと照れくさそうに「地下2階をお願いします」とつぶやいて、エレベーターの奥の壁に寄りかかりました。

エレベータが1階に着くと女の子は、
「1かい、がいらいでございます。ごりようありがとうございました」
と可愛くガイドして、私と姉はエレベーターを降りました。 

帰り道、姉が「エレベーターの女の子、かわいかったね」と言うので、私は、
「そうだね。
 途中で乗ってきた人とか、ちゃんと女の子のあそびに付き合ってあげてたけど、 
 なんか照れくさそうにしてたのが、ほほえましかったよ」
と笑って言ったら、
姉に「へ?途中で誰か乗ってきた?誰?」と真顔で返されました。 

後で気づいたのですが、その病院には地下2階なんてありませんでした。


引用元:ほんのりと怖い話スレ36

十数年前、総合病院に勤務してた時の話。 
俺がいたのは内科病棟。当時はまだ野郎の看護師が、整形や透析以外で勤務してたのは珍しかった。
まあそれは全然関係無い…と思うけど。

その病院、西と東で一つの階に違う科があった。俺の勤めた内科は東、西病棟は産婦人科だった。 
ナースルームは隣接してたが、西はいつも陣痛の呻きと赤ちゃんの泣き声、それに家族さん達の喜びの声。 
それに比べて、こっちの内科はダークなオーラを醸し出してる人たちでいっぱい。正に天国と地獄。
一週間に平気で3人はステッてたし。エンゼルセット(死後処理用詰め合わせセット)大忙し。

ある日の準夜帯、いきなり西の産婦人科から妊婦さんが一人、ストレッチャーでウチの内科に運びこまれた。
西のナースたちの顔色が真っ青。イヤな予感。
運ばれてきた妊婦さんには見覚えがあった。
「結婚してから8年もかかったんです~」
と、隣のナースセンターでコロコロ幸せそうに笑ってたのを見たことがある。確か出産間近だったはず。 
「胎盤が早期剥離した!!母胎も胎児もヤバい!!」
産婦人科のドクターの血相が変わってた。
ストレッチャーの下半身、比喩じゃなく真っ赤っか。こっちまで青ざめた。ちなみに男は女より血に弱い。 


要するに、まったくお産の予定が無い場合、産婦人科は夜勤帯はナースの手が無い。
緊急呼び出ししてる余裕も無いため、その時たまたまヒマだった内科に連れてきたらしい。
まあ、産婦人科よりは多少緊急時のセットはあるが、外科のほうがいいのになあ…
とか思いつつ、処置の手伝いを始めた。
後から思えば、違う階にある外科病棟まで連れて行くほどの余裕も無かったんだと思う。
廊下に細い血の河ができるほどの出血だった。今でも思い出すと気分が悪くなる。
その時は頭は完全救急モードになってたけど。 


で、空いてる部屋に患者さんと機材を慌てて運び込み、処置が始まった。 
とは言え、夜勤組んでた相棒はともかく、俺は産婦人科はシロウト。
血液ルームから輸血パック運んだり(確か全部で六千CCぐらい)、処置や投薬の内容をメモるので精一杯。 
「イノバン側注!」「血圧60/30!胎心音微弱!」
とかなんとかドクターとナースが怒鳴りあってるのを、必死で手近な紙や手の甲にボールペンでメモッてた。
後で看護記録にまとめなきゃいけないから。
左手の甲がペンのインクで真っ黒になったのを覚えてる。 

結論を言うと、母胎も胎児も助けられなかった。 
元々その妊婦さんは血小板の機能が弱く、それまでも何回か流産を繰り返してたらしい。
「今回は順調だったのに…」
普段は明るい豪快なドクターが肩を落としていた。
西病棟のナースも、半泣きになりながら家族に電話をしていた。 
俺はと言えば、普段は入らない産婦人科ナースルームで看護記録を書かされていた。
正直凹んではいたけど、まあ他病棟の患者だし、自分なりにできる事はしたつもりだったし。
それよりも、自分の左手にメモッた事項を記録にするのに一苦労だった。 


看護記録をようやく書き終えたのはもう午前二時過ぎ。正直、さっさと帰って休みたくなっていた。 
暗い表情の西病棟ナースに記録を見せて、東病棟に戻った。もうとっくに深夜勤のナースも出勤していた。 
「スゲェ大変でしたよ~」と深夜のナースに愚痴りながら、手を洗い始めた。
左手の『モニターフラット』だの『死亡確認』だの、ロクでも無い字を早く消したかった。 
皮膚にボールペンで字を書いた場合、逆性石鹸とかよりも、アルコールのほうが簡単に落ちる。
ウ○ルパスをスプレーすると、案の定簡単にインクは落ちた。インクだけは。 

左手が妙にヒリついた。アルコールが沁みた痛み。 
「?」と思って左手を見ると、赤いインクが落ち切れてなくて字が残ってる… 
赤いインクじゃない。当時看護記録は、夜勤帯は赤ボールペンで書いたけど、病室には持って行ってない。
第一、字の大きさが違う。記録する事が沢山あるのに、俺はこんな大きな字で手に書いたりしない。 
ボールペンのインクじゃなかった。引っかきキズが赤く手の甲に浮かんでいた。 
『う ん で やる』

絶対こんなコト書いてない!他の字が偶然そんな風に見えてるワケでもない!! 
当時若くてバカだった(今もだが)俺は怖いというより興奮して、深夜勤に来たナース(超ベテラン)に手を見せた。
「これ、すごいッスよ!!あの人のメッセージですよ!!」
寝不足でテンパッてた俺は、自分でもよくわかんないテンションで妙に感動してた。
いや、感動する場面じゃないんだけど。 
「すごいッスよねえ…よっぽど赤ちゃん欲しかったんですねぇ…俺にメッセージ残したんですね!」
ベテランナース、しばらく俺を眺めてたが、ボソッと呟いた。
「…それ、違うよ」 
「はい!?」
急に言われて、ボケッと先輩を見た。 
先輩、妙に無表情に俺の左手を指さした。 
「そこ…『う』の次…ちゃんとよく見てみなよ」 
「はあ…?」
改めてシゲシゲと眺めた。確かに『う』と『ん』の間に、読みにくかったけど文字が一字浮かんできた。 
『う らん で やる』

次の年の3月、そこの病院は辞めた。
ナースマンは続けているが、常に分厚いメモ帳常備。手にメモる事はあれから一度も無い。


引用元: ほんのりと怖い話スレ その19


俺、病院勤務なんだ。
で、患者さんの中に『予言者』ってあだ名の婆ちゃんがいるの。
といっても、別に新興宗教みたく、うさんくさい予言とかするわけじゃないんだよね。
その婆ちゃん、かなり重度の認知症(老人ボケ)で、ほとんど一日中寝てる。昼も夜もずーっと寝てる。
でも、まれに目をさまして、泣きわめくことがあるんだよな。
なんかね、怖くて怖くて仕方ないっていう泣き方。
子供が怖い夢みたあと、泣きわめいてすがってくるだろ?あんなかんじ。
婆ちゃん何か必死に訴えようとしてるんだけどさ、言葉がうまく出なくて、(脳梗塞後遺症)
俺をはじめ職員にとっちゃ何言ってんのかわからない。

 わかってるのは、その婆ちゃんがそんなふうに泣きわめいた日か、またはその次の日、 
同じフロアに入院してる誰かが死ぬってことなんだよな。
その婆ちゃん、もう1年近く入院してるけど、今のところその予言(?)は一回もはずれたことないんだよね。
そんなに多く死人が出るタイプの病棟じゃないから(1~2ヶ月に1回くらい?)、偶然ってのも考えにくいんだよな。
今までの的中回数は10回前後?くらいだと思う。

その婆ちゃん、そんな時、どんな夢みてるんだろな。
もし聞けたらさぞ面白いだろうなといつも思うよ


引用元: 何でもいいから怖い話を集めてみない?Part2


 私の兄の話。 
私の兄は神奈川県の某老人病院で看護士をしている。 
その病院では、夜中に誰も乗ってないエレベーターが突然動き出したりなど、
いかにも病院らしい芳ばしい話がよくあるとの事。
その兄が今迄で一番怖かった、という話。

 その日、兄は夜勤で、たまたま一人でナースステイションで書類を書いていた時、 
ふと視界のすみの廊下で、人影がふらふらしているのが目に入った。 
その時兄は、入院している患者が夜中に便所にでもいくのだろう程度に思っていたらしい。 
だが何時迄たっても、視界のすみでその人影は廊下をふらふらとしている。 
ちらりと目をやると、どうやら髪の長い、浴衣を着た若い女のようだ。 
きっと昼間寝てしまい眠れなくなってしまったのだろうと、書類にまた目をもどしたその瞬間、
『そんなわけないッ!!』と、咄嗟に頭の中で兄は考えた。 
この病院は老人専門の病院だ。若い女なんかが入院してるわけがない。 
同じ夜勤の看護婦ならナース服を着てるから一目でわかる。 
危篤の患者の家族だとしたら、自分のところにも連絡がきてるはずだ。 
第一今晩、危篤の患者などいやしない。 
では一体!?
と顔をあげたその目の前、鼻先がくっ付かんばかりに女の顔があった。 
長い髪、血の気のない無表情な顔、何も映っていない瞳。 
その瞳と目が合った瞬間、兄は踵を返し、
後ろを振り返る事なく一目散に他の階のナースステイションに駆け込んだ。
怯え慌てふためいてる兄の様子を見て、その階の看護婦はまだ何も言って無いのに一言。 
「そのうち慣れるわよ」
其の時兄は、女の方がよっぽど肝がすわってると思ったそうだ。 

因に病院と女の因果関係は、結局判らずじまいだそうだ。


引用元::ほんのりと怖い話スレ その3

私の兄の話。 

私の兄は神奈川県の某老人病院で看護士をしている。 
その病院では、夜中に誰も乗ってないエレベーターが突然動き出したりなど、
いかにも病院らしい芳ばしい話がよくあるとの事。
その兄が今迄で一番怖かった、という話。 

 その日、兄は夜勤で、たまたま一人でナースステイションで書類を書いていた時、 
ふと視界のすみの廊下で、人影がふらふらしているのが目に入った。 
その時兄は、入院している患者が夜中に便所にでもいくのだろう程度に思っていたらしい。 
だが何時迄たっても、視界のすみでその人影は廊下をふらふらとしている。 
ちらりと目をやると、どうやら髪の長い、浴衣を着た若い女のようだ。 
きっと昼間寝てしまい眠れなくなってしまったのだろうと、書類にまた目をもどしたその瞬間、
『そんなわけないッ!!』と、咄嗟に頭の中で兄は考えた。 
この病院は老人専門の病院だ。若い女なんかが入院してるわけがない。 
同じ夜勤の看護婦ならナース服を着てるから一目でわかる。 
危篤の患者の家族だとしたら、自分のところにも連絡がきてるはずだ。 
第一今晩、危篤の患者などいやしない。 
では一体!
と顔をあげたその目の前、鼻先がくっ付かんばかりに女の顔があった。 
長い髪、血の気のない無表情な顔、何も映っていない瞳。 
その瞳と目が合った瞬間、兄は踵を返し、
後ろを振り返る事なく一目散に他の階のナースステイションに駆け込んだ。
怯え慌てふためいてる兄の様子を見て、その階の看護婦はまだ何も言って無いのに一言。 
「そのうち慣れるわよ」
其の時兄は、女の方がよっぽど肝がすわってると思ったそうだ。 

因に病院と女の因果関係は、結局判らずじまいだそうだ。


引用元: ほんのりと怖い話スレ その3


↑このページのトップヘ