怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:神社やお寺の怖い話

叔母が癌で入院した祖父(叔母の父)の介護の為に通院してた頃、昭和の昔の話。 

祖父の病院は、実家から少し遠い田舎の古い市立病院で、先の短い年寄りが多く入院していた。 
まるで姥捨て山的な趣きで、毎日間引かれるように年寄りが死に行くようなところだったとか。 
それでも叔母は家計を支えていた祖母(叔母の母)に代わり、祖父のもとへ足しげく通い、 
自分を育ててくれた祖父への恩返しのつもりか、懸命に介護した。 

病院の治療は祖父の老い先を知ってか、或いは年寄りへは誰でもそうなのか、形だけのもので、
治療とは名ばかりの薬漬けの延命の中、それでも中には懸命に介護してくれる看護婦らがいた。
中でもとある老看護婦は、まるで職務を超えて祖父に尽くすかのように、日夜とても良くしてくれたのだとか。 

祖父もいよいよダメかと言うある秋の日、老看護婦は祖父のお世話をしながら叔母に、
「佐藤(うちの苗字)さんは、佐藤家(地元の侍筋)ゆかりのお家でしょう?」と唐突に言われた。
祖父は教師で普通の家庭で育ってはいたが、何となくそう言う話を聞いていた叔母は驚き、
「何故分かったのですか?」と聞き返した。 
老看護婦ははぐらかしたが、祖父の世話も終わり部屋を出て行く際に、叔母の目を真っ直ぐに見つめ、
「あなたは今後、鈴木家ゆかりの方と一緒になられるでしょう。
 でも絶対に○○寺に行ってはいけません。生涯行ってはいけません。行くと命を取られますよ」
的な意味深な言葉を残して去った。 
○○寺は、家臣に反逆され謀殺された某武将が奉られている、地元じゃそこそこ有名な観光スポット。 
でもそう言われれば、うちは何故か行ったことないなあと、叔母も不思議がった。 

程なくして祖父他界。遺体を引き取り、医師医療スタッフさんに礼をいい病院を後にした。 
残念ながら、件の老看護婦に会えず仕舞だったが。

祖父の死から数年が立ち、叔母は見合いで嫁へ行った。嫁入り先は山田家。 
鈴木さん(地元の名士)じゃないのか、と残念ながらも少しホッとした叔母。
ところが結婚式に、鈴木家からの祝電と、
本家筋ではないにしろ、鈴木家の方々が新郎山田さんの親族として列席された。
その際に改めて山田夫に確認したのだが、山田家は鈴木家の分家で、未だに親族同士の付き合いはあるのだとか。
見合いではあったが、全くそんな事を知らされてなかった叔母は驚いた。
いつぞやの老看護婦さんは、この事を言われていたのかと。 

結婚して時が過ぎ、息子も生まれ、そんな話も忘れかけていた頃。息子の小学校での遠足のとある日。 
昼過ぎ、家事一通りを追えた叔母が寛いでいると、電話がなった。
電話は息子の通う小学校の教頭先生からで、息子が遠足先で高いところから落ち怪我をしたと。 
続き遠足先の担任から、『一先ず山田君を病院へ連れて行きます』と、平身低頭の電話。 
車の免許もなく、病院へ向かう足の無い叔母は、仕事先から旦那を呼び、車でお迎えに行く事に。 
心配で焦る叔母、だがもう一つ不安なことがあった。
息子が連れて行かれた外科病院は、○○寺のある山の麓近くにあるのだ。 
しかしそんな事は言ってられない。
そんないわれも知らない夫も大急ぎで車を出し、小一時間ほど離れた隣の市の外科病院へと車を急がせた。 

焦りの為か終始無言の夫、田舎道を抜けて外科病院のある隣の市へ続く山道へ差し掛かった。 
途中『↑○○寺』の看板。不安に駆られる叔母。
もしやこれは、いつかの老看護婦の言われた○○寺へ誘われているのではなかろうか、と。 

山道を抜け隣の市へ差し掛かる頃、夫が終始無言でいることに不安を感じた叔母。 
叔母「息子は大丈夫かしら?」
夫「ああ・・・」
叔母「あとどれくらい?」
夫「あと少しだ・・・」 
話しかけても殆ど回答がない。 
夫の横顔は青ざめて強張り、心ここにあらずという態。
いつもはとても気さくでとても優しい人なのに、どうしたのか・・・。 

叔母が訝ってることを見抜くように、車は急にスピードを上げた。目を見開き真っ直ぐに前を見る夫。 
「ねえ、どうしたの?ちょっとスピード出し過ぎじゃない?」と言うも返事がない。 
おかしい。いつもは夫へ口出ししない叔母も、内心息子への想いと、○○寺への不安がせめぎ合い焦りだした。 
車の先に『↑○○寺』の看板が再び。距離からしてあと10-20分も行けば○○寺へ着くだろう。 
「ねえ、ちょっと、病院こっちの道でいいの?」
夫からの返事はない。もしかして夫は正気ではないのかしら・・・・・・。 
「ねえ、ちょっと!」と夫の肩をゆする。「うるさい!」と跳ね除ける夫。
「ねえ、どうしたの?変よあなた?」
叔母を無視するように車を飛ばす夫。 
「車を停めて!私はタクシーで行くわ!」
大きな声を出す叔母。
だが夫は、聞こえないように車を走らせる。 
変だわ、おかしい。兎に角車を止めなければ。そして一刻も早く病院へ向かわねば。 
ブレーキレバー?を引けばいいのかしら?
運転席へ手を伸ばす妻。
「何するんだ!」
夫が大声で妻の手を払いのける。 
夫の大声でビクっと体を振るわせる叔母、そして夫の狂気を確信した。 
スピードを増す車、目前に『右、○○寺、左、市街地』の看板。 
「車を止めて!!」
叫ぶ叔母。
車は速度を緩めない。 
夫は右にハンドルを切ろうと・・・寸前叔母は、ハンドルを掴んで思い切り左に切った。 
ブレーキを踏む夫、車はスピンして分かれ道の角にギリギリ手前で止まった。 
夫は目を見開いて、狂気の表情で叔母を睨む。そして叔母の首めがけて手を伸ばす。 
身の危険を感じて車を降りようとする叔母。
シートベルトをはずそうとする手を掴まれ、強い力で引き寄せられた。 
顔の狂気は凄みをまし、両肩を凄い力で掴まれた叔母。
ああ、矢張り○○寺へ近づくべきではなかった。
あの看護婦さんの言われた通りだったのか、と観念しかかった時、夫が「ごめんな」と一言。 

次の瞬間、強烈な張り手が叔母の顔に飛んだ。続けざまに2-3発。 
夫「おい!しっかりしろ!」
朦朧とする叔母。
「こ、殺される・・・助けて・・・」 
夫「何言ってんだ!起きろ!お前正気か?」
意識が晴れてくる叔母。眼前には心配そうな夫の顔が。 
「あなた、正気に戻ったの?」
夫「お前こそ!電話かけてきた時から様子が変だとは思ってたけど!どうしたんだ一体?
 お前は車を出して暫くしたら寝だしたんだぞ。
 暫くすると起きて、
 『息子の無事を祈願に○○寺へ行こう』だとか、
 『ここら辺は来たことがないから少し観光して行きたい』だとか言い出して、
 『何言ってるんだ。先ず息子の迎えが先だ』と言ったら怒り出して、
 今度は『車を止めろ』だとか、『タクシー拾って○○寺へ行く』だとか言い出して、運転の邪魔しだして!
 挙句、分かれ道のところで無理やり○○寺の方へハンドル切って!
 ブレーキが間に合わなければ俺たち死んでたぞ!!」 
呆然とする叔母。今まで自覚してきたことと全く逆だ。
でもそう言われると、自分は車に乗った頃からの道すがらをあまり覚えていない。 
兎に角、今は落ち着いて、急いで外科病院へ向かおう。息子が待っている、と。 

病院への道すがら、叔母は夫へ老看護婦の言葉を教えた。
夫は驚き、妙な話もあるものだと訝ったが、それ以上は取り合わなかった。 

息子は遠足で行った公園にある城跡の石垣から落ち、頭を10針近く縫う怪我だったが、
幸い後遺症もなく、今でも元気。 
城跡は、○○寺へ奉られる武将のお城だったことが後で分かった。
最初の学校側からの連絡は担任の先生だけからで、教頭先生から叔母への電話はかけられなかったことも。 

叔母の家も含めうちの一家は、未だに○○寺へ行った事がない。

2年前の夏、友人4人で海に行ったとき、一人が「どうせなら今夜は肝試しをしよう」と言ってきた。
 
「別にいいよ」と返すと、「じゃあ、○○岬でいこう」と、車で30分ぐらいかけてわざわざ移動。

ビールも飲んでいたしテンションも高かったからさして苦にならず、騒ぎながら○○岬の神社へ到着。

「霊感もないし、別に怖くねーw」とか言ってたけど、友人の一人が突然ぐずりだした。

「あぁなんか見える・・・」とか言ってた。 

そういうの全く信じていなかったから、「はいはい、見える見えるw」とか言ってたんだけど、 

そいつが指差す方を見ると、確かに何かが動いている。ふらふらというかゆらゆらというか。 

根が小心者の俺は怖くなったから、やっぱりやめようかと声をかけようかと思っていたとたん、 

「やめろー!やめろー!」と確かに2度、神社の奥から叫び声が聞こえてきた。 

友人たちもびっくりして急いで車に避難、その場を離れた。 

帰り道、「さっきは、やばかったな」なんて話していると、

「実は逃げるとき肩を引っ張られた」とか、「俺は足が異様に重かったとか」言い出して、「まじかよ」と俺。

この時点で完全にびびってた俺は、「さっきあの『やめろー』って言葉の前、実は俺やめようかと思ってたので、見透かされたみたいで怖かった」と言うと、友人たちは「そんな言葉聞いていない」と言った。 

「え、俺ら一斉に逃げ出しだのは、声が聞こえたからじゃねーの?」と言うと、 

「動いてたやつが突然大きく広がって消えたから」とか、「神社の横に女の子が見えたから」とか、みんなばらばら。

結局なんだったんだってことになり、結論も出ないまま帰宅した。

引用元:ほんのりと怖い話スレ25


2週間ばかり前、晩に犬の散歩をしてて奇妙なことがあったんで書いてみるよ。

雑種のクロという犬を飼っているんだけど、
それまで世話をしていた息子が中学生になり、部活で自分より遅く帰るようになったので、
それにつれて夕食の時間も遅れて、毎日散歩させる役目が回ってきた。
といってもそんなに長時間ではない。
自分は団体職員で、家に帰る時間は毎日ほぼ同じ。帰って一息ついてから、6時半から7時くらいの間。 
散歩のコースは、犬も飽きると思って3~4通り考えてローテーションしている。
これがやってみたら、座職の自分にはけっこういい運動になるとわかった。その晩は神社コースをとった。
自分の家から15分くらい先に某有名企業の工場があって、わきに企業所有の野球場があり、
その三塁側ダッグアウトの後ろが少し林になってて、中に小さなお社がある。
何でも、昔はもっと大きな社殿だったそうだが、 
自分らがこの地域に越してくる前に不審火で全焼てしまい、有志で小さな新社を建てたという。
球場のフェンスの外を曲がろうとしたとき、さらにその先の小路から車が出てきた。
危ないことはなかったんだが、ヘッドライトに照らされてボッと光ったものがある。
近づいてみると、曲がり角の球場のネットの内側に、1Lのペットボトルがある。
まあ珍しくもないんだが、口の部分まで液体が入ってまっすぐ立っている。
中には細長い紙のようなものと、黒く渦巻いた何かの塊が入ってるようだが、街灯の光が影になっていてよく見えない。
こんなところに猫よけというのも変だなと思ったとき、リードが強く引かれた。
見ると、クロが歯をむき出してうなり、後ずさりしている。
奇妙だなあと思いながらもその場を離れた。

それからクロの様子が変になった。
いつもはおとなしい犬だが、低い姿勢で警戒しているみたいだ。 
何かの臭いをかぎつけているのかもしれない。
50mばかり行った曲がり角で低く「ウッ!」と、吠え声を飲みこむような音を立てた。
頭の先のほうを見ると、人家の生垣の中ほどに、枝に引っ掛かるようにまたペットボトルがある。

行って見ようと思ったけど、クロが近づこうとせずリードを強く引っ張る。
しかたなく近くの電柱につないで近寄ると、街灯があたってさっきよりよく見える。
液体は透明で、中にはやはり折りたたんだ細長い紙と、
何かそれほど大きくはない生き物のひとつづきの内臓?がゆっくり回っている。
ギョッとした。ああ嫌だ見なければよかったと思った。
子どものイタズラかなにかで、内蔵は魚かカエルなんかのものだろうか。
とにかく気味が悪くなって、すぐ先にある神社までいく足を速めた。
犬を連れているので不浄かと思って、いつも神社の鳥居をくぐらないで引き返す。
その晩もそうしようとしたら、たくさん並んでいる赤い奉納鳥居の間を誰かが歩いてくる気配がする。
カサカサという足音のするその方向から目が離せなくなった。
最後の鳥居二本くらいまで来て姿がうっすらと見えてきた。

中年の女性で和服を着ている。両手で重そうな布袋を前に提げ持っている。
布袋の上部にはペットボトルのキャップ部分が7・8本分見える。
その女性は近くまでくると、すごい厚化粧で顔は真っ白。自分らの前をこちらを見ようともせずに通り過ぎた。
女性が角を曲がってからクロのほうを向くと、伏せの状態で小刻みに震えてた。
それから家に戻るまでの間クロは道端に二回吐いた。

クロはその晩、飯を食べず今にいたるで、何となく調子が悪そうで、ペット病院に連れて行こうかと思っている。
それからクロの散歩は神社コースはやめたので、あのペットボトルがどうなったかはわからない。
神社の噂をそれとなく周囲に聞いてみたが、これまで2回ほどボヤ騒ぎがあったという。
2回とも、遠くから炎が上がっているのが見えたので通りかかった人が通報し、 
しかし消防が駆けつけると、何かが燃えたような跡は一切なかったんだそうだ。
わけがわからん。


何でもいいから怖い話を集めてみない?Part2


怖くはないのですが、不思議な体験をしたので投稿します。 

もうだいぶ前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて、
折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。
そしてお恥ずかしい話ですが、自殺を考えたのです。 
もう子供たちは成人しておりましたし、負債は生命保険で何とかできると思われる額でした。 
今にして思えば何とでも道はあったのですが、精神的に追い詰められるとはあのことでしょう。 
その時はそれしか考えられなくなっていました。 五月の連休の期間に、家族には告げずに郷里に帰りました。 
郷里といってももう実家は存在していなかったのですが、自分が子供の頃に遊んだ山河は残っていました。 
この帰郷の目的は、裏山にある古い神社に『これから死にます』という報告をしようと思ったことです。 
昔檀家だった寺もあったのですが、住職やその家族に会って現況をあれこれ聞かれるのが嫌で、
そこに行くことは考えませんでした。

神社に行くまで少し坂を上りますので、鳥居をくぐったときにはだいぶ汗ばんでいました。 
この神社は村の氏神のようなものですが、過疎化の進んだ昨今は常駐する神主もおりません。 
例祭のとき以外にはめったにお参りする人もいないような所です。 

大きな石に山水をひいた手水鉢で手を清めようとして、ふとその底をのぞき込んだときに、 
くらくらと目眩がして、水に頭から突っ込んでしまいました。 
深さは五十センチ程度だったと思うのですが、私の体はストーンとそのまま手水鉢の中に落ち込んでしまいました。 
そしてかなりの高さを落ちていった気がします。 
ばしゃっと音をたてて、井戸の底のような所に落ち込みました。
ショックはあったのですが、そのわりには体に痛いところはありませんでした。 
そこはおかしな空間で、半径1.5mほどの茶筒の底のようで、1mくらい水が溜まった中に私は立っています。
回りの壁は平らでつるつるしていて、しかも真珠のような色と光沢で内部から光っているのです。 
一番不思議なのは、真上10mくらいのところに手水鉢と思われる穴があり、水がゆらるらとゆらいで見えることです。
しかし私自身の顔は空気中にあり、下半身は水の中にいるのです。

私が浸かっている水はまったく濁りがなく透明で、さして冷たくはありません。
底の方を見ていると、足元に20cmばかりの井守がいるのに気づきました。
それだけではありません。 
井守は一匹の小さな青蛙を足の方から半分ほどくわえ込んでいます。 
蛙はまだ生きていて、逃れようと手をばたつかせますがどうにもなりません。 
その状態が長い時間続いているようです。 
私はふと、その蛙の姿が工場の資金繰りに行き詰まってもがいている自分のようで、
かがんで手を伸ばし助けてやろうとしました、 
その時、頭の中に声が聞こえたのです。
『そうだ、その蛙はお前だ。ただし今のお前ではなく、自死したのち罰を受けているお前の姿だ』
私はあっと思いました。
がつん、ばしゃっという衝撃があり、気がつくと手水鉢の縁に頭をぶつけていました。少し血が出ました。 
血は神社の境内では不浄と思ったので、ハンカチで押さえながら急いで鳥居の外に出ました。 
体は少しも濡れたりはしていません。
そしてその時には、あれほど頭の中を占めていた自殺という考えはすっかりなくなっていたのです。 

郷里から帰った私は奮闘し、工場の経営を立て直しました。
そして毎年その神社へのお参りはかかしていません。

↑このページのトップヘ