数年前に体験したほんのりと怖い話。

友達の家に遊びに行く約束をしたのだが、約束の日の前日に友達から、 
『家で親戚の葬式をすることになったから、明日は駄目かも』という連絡がきた。 
何故親戚の葬式を友人宅でするのか、純粋な疑問を持ち聞いてみたら、 
『聞かない方がいいよ…』と答えたので、それ以上は聞かず、
結局、午後からならお邪魔しても大丈夫っぽいという話になり、電話を切った。 

当日。
友人の部屋で雑談等をしながら過ごしていたら、急に部屋の空気が重くなったような息苦しさを感じ、
頭まで痛みだしたので帰ることにした。 
ところが、駅までの道を歩いているうちに、息苦しさと頭痛が段々消えていき、駅に着いた頃にはすっかり治っていた。
さっきまでの具合の悪さは一体何だったんだと思いながら、その日は家に帰った。 

数日後。
具合が悪くなったと言って帰った私を心配した友人から連絡がきたので、
あの日に自分の身体に起こった出来事を詳細に話し、「不思議だよねー」と締めくくったところ、
友人が『関係ないかもしれないけど…』と話を切り出した。 
曰く、親戚の葬式をやっていたのは、友人の部屋の下にある部屋だったらしい。 

自分には霊感はないのだが、
親戚の人はどんな亡くなり方をしたのか、どうして友人の家で葬式をすることになったのか、
未だに気になるが聞けずにいる。