怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:踏切の怖い話

少し前に取引き先の人に「この間、こんな事あってさ~」と聞かされた話。 

それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。 
 
彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。 

付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗り込んで自宅へ向かった。 

彼の家のすぐ近くに小さな踏切がある。東京の私鉄が住宅街を通る、よくある踏切の一つ。 

そこに差し掛かったら、踏切が閉まり警告灯が点った。 

そして点検用の車両が通り過ぎ、しばらくして警告灯が消えた。 

でも、棒が上がらない。 

時間にしたら1、2分だったと彼は言う。街灯に照らされた踏切は開かなかった。 

酔いと睡眠不足からくるイラ立ちで、

彼は「ちょっと、俺が上げちゃうから、車、通しちゃってよ」と運ちゃんに声を掛け、踏切に向かった。 

そして棒に手を掛け、上に上げようとした。が、ビクともしない。

いや、少しは持ち上がるのだが、ある程度の高さ迄上がるとバネじかけの様に急に下への力が増す。 

悪戦苦闘していたら、タクシーのクラクションが聞こえた。 

「運ちゃん、イラついて怒ってるんだ・・・」

彼はタクシーに向かって振り向いた。 すると、運ちゃんがタクシーから身を乗り出し、凄い勢いで手招きしてる。
 
彼は『こりゃ、ここで帰るって言いたいんだな・・・』と解釈し、踏切の棒の下に肩を差し入れて何とか上げようとした。
 
すると、「お客さん!」と運ちゃんの上ずった声。 

そっちを見ると、もうタクシーから降りて凄い勢いで手招きする。 

彼は「何?警察でも来た?」と聞きながらタクシーの方へ歩いて行った。 

運ちゃんは「とにかく、乗って、乗って!」とせかすように言いながら、自分も席に乗り込んだ。 

「何?マジおまわり?見られた?」

彼は愛想笑いしながら聞いたそうな。

で、運ちゃんが答えたのが、 

「お客さん、見えてなかったんだ・・・いやね、お客さんが踏切に行ったから、てっきり棒にぶら下がってる男の子注意しに行くんだと思ってたんですよ。でもね、何も言わないで棒上げようとしてるでしょ、可笑しいなあと・・・そしたらね、その男の子、お客さんの方に近付いてったんですよ。 そしたら、影、無いんですよ、その子。もうね、私ヤバいと思って・・・だってね、お客さんの足掴もうとしてたんですよ・・・」

今もたまに、夜中そこを通る事があると。

でも、閉まりっぱなしの踏切を見た時は、遠回りして帰る事にしていると、苦笑しながら彼は言った。


引用元:ほんのりと怖い話スレ 31 


中1の頃部活帰り(夜九時ごろ)に、チャリンコで踏切に引っかかったんだよ。 
雨の日でさ、俺はでかい大人傘をさしてた。
あれって周りあんま見えないんだよね。だから隣にいた女の顔はあんま見えなかった。 
そもそも髪が長いし顔にかかってたから、どっちみち見えなかったんだけどね。 
白いフリルついたワンピ着てて、さだこみてぇなの。
これはべたべたの格好すぎて、心の中で逆に笑った。 

で、その女イキナリ揺れだした。
ピチャッピチャッって。足踏みしてんの。
で思わず女の方見たらさ、踏切じゃなくて俺の方むいてんの。 
大人傘でよかったって心底思った。ビビッてすぐさま目を背けた。 
あからさまな格好して脅かそうとしてるのかと思ったよ。 
でもなんか違う。なんつーの?寒気?っつーか、悪寒みたいな。言葉じゃよく表現できない。
女の方見てないんだけど、なんか女が視界にいる感じがした。 

ってか踏切なげーよ。ここまでで10分位に感じた。でもまだ電車来てるし。 
で、女の足踏みがひどくなった。ビチャビチャうっせーの。 
なんか、『こっち向け』って言ってるようだった。
女見ないようにあたり見たけど誰もいない。すっげ怖い。 
逃げたかった。踏切なんか待ってないで遠回りしてでも逃げたかった。 
けどなんか無理だった。なんでって言われてもよくわかんない。引き返す気が起きなかった。 

やっと遮断機があがって、俺はダッシュしたね。本気で。 
でもなんかペダル重いのよ!!
勘弁してよ!!って思いながら、般若心経の最初の2行(そこしか知らない)唱えまくって必死でこいだ。

途中で気付いた。ライト付けっぱじゃん。コレじゃ重いはずだよ。なんで忘れてたたんだよ。 
なーんだって安心してライト消したね。でもまだ重い。ざけんな。
もう泣くしかなかった。後ろになんかいるってわかんのよ。
泣きながら必死でチャリこいでる途中で、俺は車にはねられた。 

はねられたっつってもそんな大したことはなかったけど、運転手さんすぐ出てきて病院に連れてかれた。
もう女の気配?みたいなのはしなくなった。 
病院では一応頭の検査して、一晩入院しただけだった。 
入院した晩。トイレなんか行けるわけないじゃん。もらしたね。 

次の日、またあの踏切通った。通りたくないけど学校行くには仕方ない。 
でもなんもいなかった。あの女は何がしたかっんだ。


引用元:ほんのりと怖い話スレ36

三鷹駅と東小金井駅の間の、踏み切りでの話。 
この話は、この駅の近くにある大学に通う学生が体験した本当の話である。 

彼はその日、部室で仲間と麻雀を行っていた。俗にいう徹満。
深夜3時過ぎにやたらと喉が渇くので、近くのコンビニに買出しに行くよう先輩から命じられた。
大学入り口すぐの踏み切りを渡った所にコンビニがある。 
踏み切りは当然、深夜の為に開いた状態。
彼が渡ろうとすると、突然踏み切りが降りてきた。 
この時間に電車?と線路の左右を見るが、電車の光は無い。 
潜って渡ろうとすると・・・子供の声が聞こえた。 
「ダメだよ!!大変な事になるよ!!僕はもう嫌なんだ!!」
周りには誰もいない。
しかし、はっきりとこの言葉を繰り返し聞いたという。
彼は怖くなり部室に飛んで帰った。当然先輩からは怒られた。

やがて麻雀が終わり、仮眠を取り、翌朝の講義に備えた。 
そして、コンビニへ先輩と一緒に買出しに行くと、いつもの様な開かずの踏み切り状態であった。
反対側には、踏み切りが開くのを今か今かと待つ人であふれていた。

やがて踏み切りが開くと、一斉に人々や車の往来が始まった。 
その時、彼は見た・・・あの子だ。深夜に声をかけたのはあの男の子だ。
彼は渡りながら、先輩に「あの男の子です。深夜話した声」。
先輩は、「何馬鹿な事言ってるの。寝言は寝てから・・・」と言っているうちに、その男の子とすれ違った。 
「やっぱり見えてたんだね。僕はもうここで事故を起こしたくないんだ」と二人に言ったという。
二人が振り向くと、男の子はスーッと消えてしまった。
「お前、今の見た?・・・」と先輩。
「はい、嘘じゃないですよね・・・」 
その後、買い物もせずに部室に飛んで帰ったそうです。 

数日後、心霊番組でその付近の話を取り上げていた。 
霊能者によると、この場所で踏み切り事故で亡くなったご老人がいて、孫を非常に可愛がっていたそうだ。 
その後、子供(男の子だけ)の踏み切り事故が立て続きに発生した。 
悲しい因果だが、亡くなられたご老人のお孫さんもこの場所で亡くなった。 

その後、事故は発生していないとのこと。 
彼は花束とお線香を月に1度、卒業するまでお供えしたという。

引用元:ほんのりと怖い話スレ25 

同級生で柔道部仲間だった友人なんだけど、そいつ警察官やってて、仕事関係の怖い話。 


高卒からすぐ警官になったそいつは、幸か不幸かすごい上司に気に入られていて、
何かにつけては現場に駆り出されたそうで、その日も非番なのに深夜に携帯がなった。 
線路の飛び込みがあり即死、死体の欠損がひどくて、
踏切そばの川に部位が落ちてる可能性があるから、川をさらえとの事だった。 春先の水もまだ冷たい時期、最悪だわマジで…と思いながら現場へ飛ばして、着いた時は深夜の3:30くらいだった。 
既に到着してる先輩方は案の定くわえタバコで駄弁っていて、川の中へは誰も入っていなかった。 
「医者が来て死亡確認する迄にみつけてねー」とか言われて、友人は探し始めた。

死体は轢かれた後に車輪に巻き込まれ、両足が膝から下がなかった。 
右足と靴は見つかったが、左足が見つからない。 
こりゃあ明るくなる迄は無理かなーと思ったら、
川のの上から「もっと下流ですね、橋からもっと下流!」と声が聞こえて、
見上げると医者が指をさしてる。 
「ご苦労様です!すぐ見つけます!」 
見つかる前に医者が到着してしまったか、いびられないといいけど…と思いながら、
車一台通れるくらいの小さな橋をくぐって下流へいくと、草むらの中に欠損した足を見つけた。 
「すみませんねえ!」 
医者の声に「いえいえ、どうもありがとうございます!」と言い、川からあがった。 

すると、医者がいない。 
向こうと合流したのか?と思い部位を持っていくと、医者はまだ着いてないとの事。 
彼はもしやと思い、死体の持ち物から免許を見せてもらった。 
暗くてよく見えなかったが、眼鏡をかけた男だった。
「似てるわ…」


医者は明るくなってからようやく来たが、 
その後、家族などと連絡を取り調べて行くうちに、自殺者が薬品販売の営業マンと言う事が分かった。 
開発畑から営業に回され、厳しいノルマでノイローゼ気味だったらしい。 
遺族にこの体験を話すと、「白衣の方が良かったなー」と口癖の様に言っていたそうだ。 
「医者と見間違えた白衣の男は、白衣を着ていたかった自殺者だったのかもなぁ」と友人は言った。 


「事故物件とかの現場はよく有るんだわ、でもねえ、
 本当に身の毛もよだつ様なのは、生きてる人間の方がよく起こすよ」 
その話はまたの機会に。 


何でもいいから怖い話を集めてみない?

↑このページのトップヘ