怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:都市伝説

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後。
日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。

ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時、
不幸にも数人の米兵に暴行され、
その後殺すにも苦しみながら死んでいくのを楽しむため、体の両腕・両足の付け根の部分に銃弾を叩き込み、道路上に放置したまま立ち去りました。

瀕死の状態をさまよっていた時、運良くその場を通りがかった地元でも有名な医者に発見され、腐敗していた両腕・両足を切り落とすことを代償に、一命を取りとめました。

しかし、自分の美しさにプライドを持っていた女は、生きることに希望が持てず、
国鉄(当時)加古川線の鉄橋上へ、車椅子で散歩につれられているスキをみて車椅子を倒し、
両腕・両足のない体で体をよじらせ、鉄橋の上から走ってきた列車へ身投げし自殺しました。
警察、国鉄から多くの方が線路中で肉片の収集をしましたが、
不思議なことに、首から上の部分の肉片は全くみつからなっかたとのことです。
しかし、時代が時代だったもので、数日経過するとその事件を覚えている者はほとんど居なくなりました。

事件が起こったのは数ヶ月後のある日です。
朝は元気だった者が、何故か変死を遂げるようになってきました。
それも、一軒の家庭で起こるとその近所で事件が起こる、といった具合です。
警察も本格的に動き出し、事件が起こった家庭への聞き込みでは何故か共通点がありました。
それは、死亡者は必ず死亡日の朝に、「昨日、夜におかしな光を見た」と言うのです。
実際に当時の新聞にも記載された事件であり、加古川市では皆がパニックになりました。
加古川所では事件対策本部が置かれ、事件解決に本腰が入りました。

そこである警察官が、事件が起こった家庭を地図上で結んでみると、あることに気がつきました。
なんとその曲線は、手足のない、しかも首もない胴体の形になりつつあったのです。
こうなると当然 次はどのあたりの者が事件に遭うか予測がつきます。
そこで、前例にあった『光』を見た者は、警察に届け出るように住民に知らせました。

やはり曲線上の家庭では、「光を見た」と言い死んでいきました。
しかし、実は『光』ではなかったのです。
死者の死亡日の、朝の告白はこうでした。
「夜、何故か突然目が覚めました。
 するとかすかな光が見え、見ているとそれはますます大きな光となります。
 目を凝らしてみると、何かが光の中で動いているのが見えます。
 物体はだんだん大きくなり、こちらへ近づいてきます。
 その物体とはなんと、首も両腕・両足もない血塗れの胴体が、肩を左右に動かしながら這ってくる肉片だった。
 ますます近づいてくるので、怖くて目を閉じました」
と言うのです。

次からも、その同じ肉片を見た者は必ず死にました。
そこで、次は自分だと予想した者が恐ろしさのあまり、
加古川市と高砂市(隣の市)の間にある鹿島神社(地元では受験前など多くの人が参拝する)で、お払いをしてもらいました。
すると、
「暗闇のむこうに、恐ろしい恨みがあなたを狙っているのが見えます。
 お払いで拭いきれない恨みです。どうしようもありません。
 唯一貴方を守る手段があるとするならば、
 夜、肉片が這ってきても絶対目を閉じずに、口で鹿島さん、鹿島さん、鹿島さんと3回叫んで、この神社の神を呼びなさい」
と言われました。

その夜、やはり肉片は這ってきました。恐怖に耐え必死に目を開いて、「鹿島さん」を3回唱えました。
すると肉片は、その男の周りをぐるぐる這った後、消えてしまいました。
通常、話はこれで終わりますが、やはり恨みは非常に強く、その男が旅へ出てもその先にて現れました。
その後、その方がどうなったかは知りません。

ただ非常にやっかいなことに、この話をもし知ってしまうと、
肉片が話を知ってしまった人のところにも、いつか現れるというのです。
私(兵庫県出身)が知ったのは高校時代ですが、
私の高校では、この話は人を恐怖に与えるためか、迷信を恐れるためか、口に出すことが校則で禁止されました。

皆さんはインターネットで知ったので、
鹿島さん(地元では幽霊の肉片を鹿島さんと呼ぶ)が現れないことに期待します。
もし現れたら、必ず目を閉じず、「鹿島さん」を3回唱えてください・・・。

当時の子供達が憧れていた第一高等学校の寄宿寮に、あかずの便所があるという話を聞いた。 
夜、一人で便所に行くのは、生まれて初めて自分の家を離れた十八歳やそこらの旧制高校生にとって、おそろしい経験だった。

寄宿寮には、深夜に幽霊が出るという噂の便所が一つあった。 
そこに胆だめしに行くというところまで話の弾みでなってしまって、一人が立って出かけていった。 
彼は用を済まし、なんだ何も出やしないじゃないかと戸を開けようとしたら開かない。
がりがりと爪で戸を引っ掻き、そのままになった。

実はもう一人の友達がこっそりつけていって、外から戸を押さえていたのだが、
その友人は、静かになったのを怪しんで戸を開けてみると、中の男は心臓麻痺を起こして死んでいた。 
数日後、同じ便所でその友人は首をくくって死んでいた。 

以来、この便所には行くものがなくなり、あかずの便所になったという。 

自分の意図をこえて悪事をなすおそれについて取り上げた話。

とある夫婦が、安い値段で一軒家を買った。
駅から近く、なかなか広いので
なにひとつ不満はなかった。
しかしひとつだけ不思議な点があった。

それはなぜかいつも廊下に赤いクレヨンが転がっているのだ。
妻が何度拾っても。最初はさほど変に思わず片付けていたが、
次の日も、その次の日も転がっている。
しかも廊下の決まった場所に。夫婦に子どもはいない。

さすがに気味が悪くなった夫婦はこの家を売った不動産屋に
相談した。すると不動産屋は重い表情で家の間取り図を取り出してきた。
間取り図をよく見るとあきらかにおかしいところがあった。

部屋がひとつ多いのだ。しかもいつもクレヨンが転がっている廊下に。
夫婦はどういうことかと問い詰めた。
すると不動産屋は重い口を開いた。

不動産屋の話はこうだ。
ーあの家には以前男の子と両親の3人家族が住んでいた。
男の子は両親にひどい虐待を受けていて
ろくに食事も与えられず部屋に閉じ込められていた。
やがて男の子は餓死し、両親はすぐに引っ越していった。

その後家はきれいに片付けられ新しい住人が引っ越してきたが
『あの部屋に入ると気分が悪くなる』と言ってまたすぐに出て行ってしまった。
次にやってきた住人も同じように。
しかたなく不動産屋はその部屋を壁でふさぐようにリフォームした。
そしてやってきた新しい住人があなたたちなのだ、と。

「じゃあクレヨンもその部屋が原因なのかも」
夫婦は不動産屋とともに真相を解明すべく
閉ざされた壁を壊すことにした。
壁を掘っていくとたしかに空間があった。

その部屋は廃墟のような異様な雰囲気が漂っている。
夫婦は中に入り周りを見渡した。
その瞬間ふたりは言葉を失った。
壁一面に赤いクレヨンで文字が書かれていたのだ。

知り合いの警察関係者に聞いた話です。
去年、この近くであったバラバラ殺人事件、覚えてますか?
若い女性の部屋で、男のバラバラ死体が見つかったってやつ。その話です。
ああ、別にスプラッタな話しようってわけじゃありません。状況はそうですけど(笑)
その女性、仮に英子さんとしておきます。男の人は一樹さんということで話進めますね。

2人はそれぞれの母親が幼なじみだったので、やっぱり幼なじみってことになりますかね。
小中高と学校が同じで、高校1年の時、一樹さんの友人の坂木さんと彼女がつきあいはじめました。

そうして3人そろって同じ大学に進学して、その半年目に坂木さんが亡くなりました。
デート中にダムに落ちたんです。
2人きりの時で目撃者がいなかったんですが、それは結局事故として扱われました。
英子さんがショックでかなり精神的にやられてしまって、事情聴取とかできなかったせいもあったようですけど。

彼女は家から1歩も出なくなって、大学も退学。
風呂とかトイレとか食事とか、最低限の日常生活に支障はないけど、
会話は成り立たないし、無理に何かさせようとすると大声をあげて暴れ出したりする。
父親は病院にかかることを許さず、それでいて英子さんのいる2階へは近づこうとしない。
出歩かないせいか太って体格の良くなっていく英子さんに、母親の手だけでは負えない時が出てきて、
一樹さんが世話を手伝うようになったんです。

英子さんは以前から手先が器用で、細かい手芸を得意としていたそうです。
家に閉じこもるようになってからは、いつも卵細工をつくっていたそうです。
卵に穴をあけて中身を抜いてよく洗って、細かい布きれをボンドで張り付ける。
それに紐をつけて、カーテンレールに吊す。
カーテンが閉められなくなるので、それをお母さんが毎日部屋の天井に移して画鋲で留める。
部屋の天井がいろんな柄の卵に埋め尽くされていきました。

そんなある日、お母さんは英子さんの妊娠に気づきました。
そして、一樹さんのお母さんに真っ先に相談しました。
お母さんから話を聞いた一樹さんは家を飛び出して、友人の家を泊まり歩くようになりました。
英子さんを妊娠させたのは一樹さんだったんです。

ある日、友人の1人が、たびたび泊まりに来る一樹さんからその話を聞き出しました。
彼はその話をしてすぐ、
「やっぱりちゃんと責任をとらなくてはいけない。けじめをつける」と言い残し、友人宅を出て行きました。
しかしそれが、生きている彼を見た最後の証言となったのです。

翌日、彼は英子さんの部屋でバラバラにされて見つかりました。
見つけたのは英子さんのお母さんでした。はじめそれが何かわからなかったそうです。
部屋の隅では英子さんが眠っていました。
そして部屋中に、天井にぶら下げていたはずの卵の殻が落ちていたんです。
ひどい臭いがしていたそうです。けれど英子さんはすやすやと眠っていたし、臭いの元も見あたらなかった。
お母さんは、英子さんに女性の毎月の行事が始まったためだろう、と見当をつけました。血の臭いに似ていたからです。
妊娠じゃなかったんだとほっとして、とりあえず空気を入れ替えようと思っても、
床には一面、割れて崩れた丸い殻。布にくるまれた何百もの卵。 

お母さんは窓への道をつくろうと、足で卵をよけようとして、その異様な重さに驚きました。
動かしたひょうしに強くなった異臭。その重さの妙な感じ。
恐る恐るしゃがみこんで、近くのそれらを観察すると、彼女は布切れの間からのぞく赤黒いモノに気づきました。
昔、大怪我をした時に見た、開いた傷口そっくりの色。
お母さんは悲鳴を上げました。でも、お父さんは1階にいたけれど、声もかけてきませんでした。

お母さんは気持ち悪いのを我慢して、足で重たい卵をよけて英子さんのところまで行き、
無理矢理起こして部屋から連れ出しました。
英子さんは嫌がって卵を踏みつぶしたりしましたが、
火事場の馬鹿力が作用したのか、小柄なお母さんが英子さんを部屋から引きずり出し、1階へ下ろしました。
英子さんの姿にお父さんはそっぽを向いて、寝室に引っ込んでしまいました。

お母さんは1人でやっとのこと英子さんを居間に落ち着かせ、それから警察に電話をかけました。
もちろんお母さんは卵の中身が何かわかっていませんでした。
けれど、近所の人が蛇が出たと言って、110番しておまわりさんを呼んだことがあったので、
それよりは重大時だと思って、警察にかけたのだそうです。
やってきたおまわりさんは、英子さんに踏みつぶされた卵の中に、人間の目玉を見つけました。
そこから大騒ぎになったのです。

もうおわかりだと思いますが、卵の中身は一樹さんでした。
彼が、何百、千に近いくらい細かくバラバラにされて、卵の殻の中に納められていたのです。
DNA鑑定で彼だと確認されました。
遺体の多くに生体反応が認められました。彼は生きたままバラバラにされたのです。
しかも、刃物を使われた痕跡は見あたらない。引きちぎられ、折られ粉々にされていたんです。 

そのバラバラのかけらが、ご丁寧にも卵の殻の中に納められ、布切れで飾られていたんです。
英子さんからはなんの証言も得られませんでした。ご両親もなんの物音も聞いていませんでした。

結局、英子さんが恨みで、一樹さんを殺したのだろうということになりました。
けれど不可解な点が多くあります。警察も未だその謎を解いていません。というより、解く気もありません。
卵の殻にあけられた穴より大きな骨片が、どうやって中に納められたのか。
どれも穴を布でふさがれていたのに、前日の晩に彼が目撃されている。たった一晩の作業とはとても思えないこと。
そして、粉々に引き裂かれた現場が、どこにもみつからなかったこと。
何より、道具なしに人力で人を引き裂くことができるのか。それも粉々に。できるわけがない。

英子さんは今は精神病院にいるそうです。
おなかの子供がその後どうなったのかは聞いていません。

一樹さんが何にどのようにして殺され、いかなる方法で卵の中に入れられたのか。
解答はありません。


僕の地元では、『毛の無い犬』が出るという噂があった 
当時小学生の僕は、その話を聞いて「普通に病気の犬なんじゃ?」といつも思っていた。 
ところが友達は、「そんなもんじゃない。もっと気味悪くて、恐ろしいもんだ」と言うのだ。
毛の無い犬は、深夜2時頃に国道から市民プールに向かう道路に現れ、プールを取り囲む林に消えていくのだという。
小学生の僕らに深夜2時という時間は、未知の世界で想像もつかない分、恐怖心を煽った。 
もう一つ怖かったのは、
大人に毛の無い犬を聞いてはいけないし、その話をしている所を聞かれてはいけないという噂。
なぜかは知らないが、この話を大人に聞かれると、毛の無い犬の餌にされてしまうらしい。 

夏休みのある日、僕は友達のYの家に泊まった。
Yには高校生になる兄Tさんがいて、僕の知らない外国の曲をよくギターで練習していた。 
夜になるとYの部屋でゲームをし、Tさんから借りたマンガを読んだりして過ごしていた。 

夜中の12時を回った頃、Tさんが僕らの部屋に現れた。 
「まだ起きてるのか?」 
「今日は寝ないで朝まで起きてるんだ」 
「そうなのか。俺今から車で出るけど、お前らも付いてくるか?」 
僕とYは顔を見合わせた。
小学生にとって深夜のドライブはとても魅力的で、好奇心が沸々とした。 
「うん。行く」
僕らはYの両親に見つからないように部屋を出て、車に乗り込んだ。

Tさんは勉強よりも遊びを優先するタイプの人で、車の免許も去年の夏に取ったと言う。
Tさんの用事自体は大したことなく、コンビニでジュースやお菓子を買ってもらい、僕らは上機嫌だった。

帰り道。タバコをふかしながら僕に言った。
「○○くん。毛の無い犬知ってるか?」 
「うん」
ドクンと心臓が鳴った。
Tさんはニヤッと笑うと、「見てぇか?」と聞いてきた。 
「兄ちゃん。見たことあるの?」
「市民プールの通りだろ。どうする?」 
「見たいです」
実は少し怖かったが、好奇心には勝てなかった。 
 
すぐに車は市民プールについた。
デジタル時計は01:34と光り、林のざわめく音だけが不気味に響いた。 
「そろそろかな。一応鍵、閉めといてな」 
その言葉に、僕は消えかかっていた恐怖心を覚えた。
何故鍵を?毛の無い犬って何?
車の中は蒸し暑く、額にはじんわりと汗がにじみ、Tさんの吐くタバコの煙が街灯に照らされている。 

「あれだ」
Tさんが呟いた。
僕とYは、フロントガラスに顔を押し付けて外を覗き込む。
規則的に刺さった街灯の明かりに、黒い影が揺れた。 
冷や汗が頬を伝い、手の甲に落ちた。
なぜ深夜に?なぜ大人に話してはいけないの? 
毛の無い犬は僕らの乗る車の横を通り過ぎ、プールの壁が作り出す影に混ざると、やがて見えなくなった。 

帰りの車でYが言った。
「兄ちゃん。なんであれは・・・」
それ以上言葉が出ない。
「俺も詳しくは知らん。でも、ずーっと前からああしてるらしい」
Tさんもそれっきり何も言わなかった。

僕とYは毛の無い犬の正体を知った。深夜に現れる意味も、大人に聞いてはいけない訳も。 
犬は本当の犬ではなかった。
でも僕にとっては人でも無かった。犬でも人でも無かった。

今でも毛の無い犬は現れるのだろうか?
地元に帰るたび今でも思うが、それを確かめる勇気は無い。


引用元:ほんのりと怖い話スレ38

中学生の時、例に漏れずウチの学校でも、
コックリさんの亜流だと思うんですが『エンジェルさま』というのが大流行して、 
私も仲良しの友人と3~4人で集まっては休み時間にやってました。 
エンジェルさまは、50音と『はい・いいえ』のある紙を用意して、
硬貨じゃなく鉛筆を向かい合って座った人間2人で持って(指相撲みたいに)やる降霊ごっこです。 

流行すぎて、おかしな体験をする人が増えてきました。
授業が始まっても鉛筆を掴んだ手が離れずに、ゴリゴリとひたすら円を書き続けて先生に叱られたり、
紙にくっつけたままにしなくちゃいけないはずの鉛筆が浮かんで、
見学していた子の手の甲を突き刺す事件があったり…

でも、自分達のグループじゃなかったし、
クラスの恋愛事情なんてくだらない事しか聞かずにはしゃいでいた私達は、
その日も怖がる事なくエンジェルさまをはじめました。 
鉛筆を握るのが私とA、見学&質問するのがBとC。 
最初はこの中に好きな人がいる子がいるかとか他愛のない質問をしていたんですが、 
上記の事件が起きて時間が経ってなかったのもあり、
Cが「この間DちゃんやFちゃん達のところにいらっしゃったエンジェルさまはあなたですか?」と聞きました。
答えは『はい』。
ここで4人とも顔を見合わせてしまいました。怖いというより「えっ?」という感じで。

次にもう一度Cが、「あなたは悪いエンジェルさまですか?」と聞きました。
答えは『いいえ』。
私もみんなもほっとしました。
なんだかいつもより手が疲れるので早く終わりにしたいな~とも思っていたので、
ここで『はい』と答えられてしまったら長引きそうで嫌でしたし。 
次にDがCの質問を継いだ形で質問しました。 
「あなたは良いエンジェルさまですか?」 
答えは『いいえ』。
この瞬間、さーっと血の気が引いていくのを感じました。
と同時に「きゃっ!」と叫んで、一緒に鉛筆を握っていたAが恐怖で鉛筆を離してしまったのです。 
すぐ後に私も鉛筆を離し、「急に離さないでよー!」とどきどきしながらAに怒りました。 
エンジェルさまも終わらせる時には決まりがあり、
それをするまで鉛筆から手を離してはいけない事になってたからです。 

その約束を破ってしまった事と、さっきの最後の答えが怖くて、
4人で大げさに面白い話(たいして面白くもなかったんですが)をして大声で笑ってました。 
そのうちにAがすくっと立ち上がって、「水飲んでくる」と言いました。 
さっきまで大笑いしていたテンションから急に素に戻ったような、奇妙な印象を受けましたが、
私も他の友人も「あっそう~」と返事だけして、また話に戻りました。 

10分くらい経ったでしょうか。Dが「A遅くない?」と言いました。 
水飲み場は教室のすぐ外です。
ちょっと水飲んで帰ってくるなら3分もかからないはずなのに、まだAは帰ってきません。 
「トイレ寄ってきてるんじゃない?」とCが言ったんですが、
さっきの事もあるし、なんだか気になったので、3人で様子を見に行こうと教室の扉を引きました。
すると、目の前の水のみ場で、Aが蛇口に口をつける姿勢で腰を屈めていました。 
「ああ、なんだ、まだ水飲んでたんだ」と少し安心して、Aの隣りに行って自分も水を飲もうとした時です。
Aの顔を見た私は恐怖で凍りつきました。
 
Aは口元に笑みを浮かべたまま、心底幸せそうな顔で水を飲んでいたんです…白目で。 
「Aっ!」と私は勇気を振り絞ってAの肩を掴み、蛇口から顔を上げさせました。 
けれどAは白目のまま無言で、ぐいぐいまた水を飲もうと顔を蛇口に近づけます。 
おかしいと気付いたCとDも手伝って、3人がかりで蛇口からAを引き剥がそうとするのですが、 
もの凄い力でなかなか離れません。
その間も「A!なにやってるの!?」「手、はなしなって!」と皆で叫び続け、 
私達は半泣きになっていたんですが、
突然Aが「おみずぅ━━━━━━━━━━━━!!!!」と恐ろしく甲高い声で叫んだと同時に、
蛇口を掴んでいた手が離れました。 
あの時の声はほんとに、本当に怖かったです。Aの声じゃないみたいでした。 

その直後、Aは少しだけ気を失ってたのですが、(というかぐったりして何も反応してくれなかった…) 
正気になった時に話を聞いてみると、
なんだかむしょうに喉が渇いて、水飲み場に言って水を飲み始めたら、それがすごくおいしく感じたんだそうです。
で、自分でも驚くほどごくごくと飲んでいて、だんだん苦しくなってきたのに水は美味しくて、 
飲むのを止めなきゃと思っているのに、身体が動かなくって水を飲み続けてて… 
その後は、私達に蛇口から引き剥がされるまで記憶がないそうです。 

それ以来、エンジェルさんをする事は二度となかったんですが、
今あの時の事を思い出して書いているだけで、心臓がドキドキして怖くなってきます… 
文章にしてみるとそうでもないかもしれませんが、理由もなにもわからないのでほんのりと怖い体験でした。


ほんのりと怖い話スレ その13


 ジェリーが大人になった頃、トムはもうこの世にいませんでした。
トムは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、こっそりジェリーの前から姿を消しました。
ジェリーの前で、弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。
トムはジェリーの心の中では、ずっと喧嘩相手として生きつづけたかったのです。
トムがいなくなったのに気づいたとき、ジェリーは悲しみはしませんでしたが、退屈になるなと思いました。トムとの喧嘩は最高にスリルのあるゲームでしたから。
胸の奥が不思議にチクチクはするのですが、それが何なのか、ジェリーにはよくはわかりませんでした。
トムの願い通り、ジェリーの心の中でトムは、いつまでも仲の悪い喧嘩相手でした。

そんなある日、ジェリーの前に一匹の猫が現れました。
トムよりのろまで体も小さい猫です。
喧嘩相手のトムがいなくなって寂しかったジェリーは、今度はこの猫を喧嘩相手にしようと考えました。
そこでジェリーは、穴のあいた三角チーズが仕掛けられたねずみ取りを利用して、その猫に罠をかけることにしました。
いつもトムにしていたように。

ジェリーは物陰に隠れて、ねずみを求めて猫が、ねずみ取りの近くに来るのを待っていました。
そして思惑通り、猫が罠に向かって近づいてきます。
ジェリーはしめしめと思いました。
いつものように自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、逆に猫をねずみ取りにかけてやるんだ。
うふふ。手か尻尾を挟んだ猫の飛び上がる姿が頭に浮かび愉快です。

でも、その猫はトムではありません。
猫はチーズの近くまで来たとき、ジェリーが出てくるより早く美味しそうなねずみの匂いに気づき、
目にもとまらぬ速さで隠れていたジェリーに襲いかかってきました。
ジェリーはいつもトムから逃げていたように逃げましたが、
トムよりのろまなはずの猫にすぐに追いつかれてしまい、体をガブリと噛まれました。
ジェリーも噛みつき返しましたが、トムより体が小さいはずの猫は平気です。
血まみれのジェリーは薄れ行く意識の中で、本当は鼠が猫と喧嘩して勝てるわけがないことと、
いつもトムはジェリーに『してやられた』ふりをして、わざとジェリーを捕まえないでいたことを、そのとき始めて知ったのです。
トムの大きな優しさと友情に気づいたのです。
そしてトムがいなくなった時の、胸の奥のチクチクの正体にも気づきました。
かけがえのない友を無くした悲しみでした。

ジェリーの魂が体を抜けた時、空の上には、優しく微笑みジェリーを待っているトムがいました。
「また喧嘩ができるね」
「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?1

↑このページのトップヘ