怖い話らぼ −怪談・都市伝説まとめ−

怖い話をまとめたサイト。2ちゃんねるやホラーテラーの怖い話、意味がわかると怖い話、実話の怖い体験談、都市伝説などを毎日更新。3ヶ月に1度は怖い話のランキングも作成。

タグ:都市伝説の怖い話

4年前?先輩と彼女と、彼女の知り合いの男女と4人でデートすることがあった。
で、帰りにメシ食ってたら、知り合いの女の子が「ヤマニシさん見に行きたい」って言い出したんだって。 
あ、先輩とその男女ってのは面識なくて、その日が初対面だった。
先輩の彼女が男女の男の方と同じ中学だったとかの仲で、男の方は大人しい感じだったらしい。 
もう夜も遅いし、先輩も彼女もヘロヘロだったから帰りたかったし、
その女の子が勘違い爆発な奴で、途中から先輩もキレ気味だったんだけど、 
その女の子がけっこう可愛くて、もう一人の男のほうがヘラヘラ機嫌取ってるような感じだったんで、
こいつらつきあってるわけじゃねーのかよ、なんだかなー思ったんだけど、
ま、この場はこいつの顔立ててやっとこか、みたいなノリで行くことにしたんだって。 


そのゴキゲンくんと勘違い女って、(気の毒なのでX男とY子にしとく)
今珍しくないけど、ネットの掲示板か何かで知り合ったらしかったのね。 
まぁようするに、ちょっとインドアーな感じのカップルだったってことです。 

そのころ地元でちょっと有名になった話で、ラブホ山の裏の廃屋に『ヤマニシさん』がいて、
こちらから「ヤマニシさんヤマニシさん」て呼ぶと、「もーすもーす」とか何かいう声で応えるらしい。 
Y子はその話をどっかから聞いてきたらしくって、「車あるんなら行きましょーよー」って言ってたそうな。 

町中から車でちょっと行ったところに、ラブホがバンバン立ってる山があって、その裏の方にお屋敷通りがあるんだけど、
そこは基本的に、表から車でぐるっと上って降りていかないと、そっちに行けないようなふうになってるから、
確かに車じゃないと裏から歩いて上るしかない。
まぁ車があればこれ幸い、というのはわかるんだけど、なんかとことんまで図々しい奴だなぁと先輩も思ったらしい。 

で、なんだかんだで行くことにした。
まぁ帰りに適当なこと言って、ホテル行くか?とか先輩は思ってたんだろうけど。(笑) 
先輩の彼女は相当嫌がってたんだけど、なんとか言い含めた。
Y子はそうとうはしゃいでいたらしい。
だーれもオマエの話なんて聞きたくないっちゅうのに、自分の知ってる怪談話をペラペラしゃべりだしたりして、
「まぁ後になって考えると、おかしい状態に入ってたのかもしれん」と先輩言ってた。 


結局、夜中だし車で乗り付けるわけにもいかないので、山頂から少し下った駐車場に車を止めて、
Y子が教わったっていう廃屋の場所まで歩いて行った。 
その廃屋っていうのが、元華族の家だったのをバブルの時に全部つぶして、2件並びに家を建てたんだけど、
持ち主が借金か何かでいなくなったんで放置されてる家らしい。
1件は貸家にするつもりだったらしいけど、それもそのまま。 
屠殺場とか、精肉工場とか、外から見えないようにやたら高い生け垣になってるでしょ。 
あれに近いような感じの屋敷が、ちゃんと2件並んで建っている。 

Y子は誰に聞いてたのか、どんどん歩いていって、一方の屋敷に入っていく。 
先輩と彼女もだんだん、まずかったかなという気になってきて、
一応年上だし(先輩は高校浪人かつ大学も浪人)止めとこうかな、と思ったんだけど、
Y子がどんどん歩いていくので、仕方なかったらしい。
Y子やたら髪が長かったんだけど、もうそれが肩に付かないくらいの早足だったそうです。 


表は草ぼうぼうなんだけど、屋敷そのものは案外きれいで、建物は暗かったけど街灯はけっこう明るかったらしい。
なんだか思ったほど凶悪な雰囲気でもなかったし、門扉も開いていたので、そのまま中に入っていった。 

後ろからX男が黙って歩いてきているので、先輩が「君大丈夫?」って聞くと、 
「すいません、僕がこの話教えたんですよ…」って、ものすごくすまなそうにしてる。 
「ああ、別に暇だし、気にせんでね。ヤマニシさんの話ならけっこう知ってるし」って先輩が言うと、
X男がブルブル震えだして、「すいません、すいません、すいません」。 なんでかやたら謝るんですよ。

で、そっからよくわからないんですけど、
(肝心なところなのにスマンけど、先輩はその場面をよく見てなかった。ここは先輩の彼女の記憶) 
玄関先にいたY子が、いきなり庭の方にダーって走って回りこんで行って、
縁側のサッシを開けると、そっから顔だけ差し入れて、
「おおねたたまつり、もーすもーす(?)」って、でかい声でわめきはじめたらしいんです。 


声が聞こえたんで先輩が血相変えて走って行って、Y子に追いついた時、Y子は縁側から靴脱いで上がろうとしてたらしい。 
こう、足を4の字にして、右足のスニーカーを左手で脱がすためにつかんで、もう上がる寸前だったんです。 
スニーカーの裏が妙に白かったんで覚えているらしい。(我ながらヘタな表現。どーゆー体勢だったか伝わるかな?) 
これはヤバイって思って、慌ててX男と二人がかりで引き留めて押さえたんですけど、
けっこう強い力だったみたいです。(憑き物だったかどうかは不明) 
放っておくと何回も「もーすもーす」って言うので、
彼女にハンカチ借りて、自分のとあわせてY子の口の中に押し込んで、両脇から抱えて連れて帰ったったらしいです。 

その後は特に事件も起きずに、なんとか車のところまでたどり着けたそうです。 
Y子はばたばたしっぱなしでしたが、車に入ると落ち着きました。
反対側で抱えてるX男も、Y子がぼろぼろ泣きながら「もうす…」って言ってたのが、なんか気味悪かったそうです。

それからすぐ散会するのは気味が悪いので、4人で同じラブホに入ったそうですが、
もちろんなんにもできなかったそうです(笑)。
X男とY子は、朝が来ても放心状態のままだったそうです。


その後、X男とY子は別れたということでした。(元から付き合ってなかったという話もある) 
やっぱりY子はちょっとおかしくなったみたいで、半年大学を休学したらしい。
けっこう地元では通りのいい大学の、理系の学部に入ってたんだけど、
そのまま退学して、芸術系の専門学校に入り直したそうな。
先輩の彼女が会ったときには、髪はぐりぐりに短くしてたらしいです。
ちょっとお茶飲んだらしいのですが、
やたら後ろ髪を気にして、しゃべりながら自分の手で引っ張ってたのが怖かったとか。 
その会ったっていうのも、これ見に行った翌年だったらしいから、
それからどうなったのかは先輩も知らないそうです。X男とは全然会ってないそうです。 

この話を聞いたのは、先輩が部活の合宿に差入れに来た時で、
3こ上で直接面識もなかったし、うさんくーさい人だったし、この人担いでるんやろと思ってたけど、
免許取った後に実際友達と行ったら、それっぽい家はあった。 
(『ヤマギシ』っていう表札じゃないからね、念のため。 
 廃墟つっても普通の家だし、この書き込みで荒れるのイヤだから、地元の人は行かないように) 
確かに気味悪かったですが、友達が馬鹿だからダーって走って入って玄関のベル押して戻ってきた。 
俺はビビリなんで入ってないけど。



あと、先輩と彼女の人(もう付き合ってない)は今もピンピンしてます。 
ピンポンダッシュしてきた友達は、この間バイクで事故起こしたけど、とくに怪我はなし。 
ま、影響されにくい人と、そうじゃない人がいるってことです。 


追記だけど、現地から山の方角には神社が建ってるんですよ。 
車でくぐれるような石の大きな鳥居があって、夜とかあんまり見たくないんだけど… 
その神社もかなり不気味なんですよ。
裏から(つまり例の屋敷のある方向から)入っていくと、巫女さん宮司さんとかがいる控えの建物?の傍に、 
周囲を縄で囲んだような木製の小さい建物があるんですよ。 
いっぺん彼女と別の機会にその神社行ったときに気づいたんですけど、
その縄だけ、おみくじが全然結んでないんですよね。 
周囲の笹とかにはけっこういっぱい付いてるし、その縄も縄っていうか紐みたいな太さで、
いかにも『ここに結んで』と言わんばかりなんですけど、ひとつもないんですよ。 
周りをうろうろしてると、年寄りの宮司さんが控えの建物?の窓の向こうからじーっとこっち見てて。 
思い出したら、こっちの方が怖かったです。

とある夫婦が、安い値段で一軒家を買った。
駅から近く、なかなか広いので
なにひとつ不満はなかった。
しかしひとつだけ不思議な点があった。

それはなぜかいつも廊下に赤いクレヨンが転がっているのだ。
妻が何度拾っても。最初はさほど変に思わず片付けていたが、
次の日も、その次の日も転がっている。
しかも廊下の決まった場所に。夫婦に子どもはいない。

さすがに気味が悪くなった夫婦はこの家を売った不動産屋に
相談した。すると不動産屋は重い表情で家の間取り図を取り出してきた。
間取り図をよく見るとあきらかにおかしいところがあった。

部屋がひとつ多いのだ。しかもいつもクレヨンが転がっている廊下に。
夫婦はどういうことかと問い詰めた。
すると不動産屋は重い口を開いた。

不動産屋の話はこうだ。
ーあの家には以前男の子と両親の3人家族が住んでいた。
男の子は両親にひどい虐待を受けていて
ろくに食事も与えられず部屋に閉じ込められていた。
やがて男の子は餓死し、両親はすぐに引っ越していった。

その後家はきれいに片付けられ新しい住人が引っ越してきたが
『あの部屋に入ると気分が悪くなる』と言ってまたすぐに出て行ってしまった。
次にやってきた住人も同じように。
しかたなく不動産屋はその部屋を壁でふさぐようにリフォームした。
そしてやってきた新しい住人があなたたちなのだ、と。

「じゃあクレヨンもその部屋が原因なのかも」
夫婦は不動産屋とともに真相を解明すべく
閉ざされた壁を壊すことにした。
壁を掘っていくとたしかに空間があった。

その部屋は廃墟のような異様な雰囲気が漂っている。
夫婦は中に入り周りを見渡した。
その瞬間ふたりは言葉を失った。
壁一面に赤いクレヨンで文字が書かれていたのだ。

知り合いの警察関係者に聞いた話です。
去年、この近くであったバラバラ殺人事件、覚えてますか?
若い女性の部屋で、男のバラバラ死体が見つかったってやつ。その話です。
ああ、別にスプラッタな話しようってわけじゃありません。状況はそうですけど(笑)
その女性、仮に英子さんとしておきます。男の人は一樹さんということで話進めますね。

2人はそれぞれの母親が幼なじみだったので、やっぱり幼なじみってことになりますかね。
小中高と学校が同じで、高校1年の時、一樹さんの友人の坂木さんと彼女がつきあいはじめました。

そうして3人そろって同じ大学に進学して、その半年目に坂木さんが亡くなりました。
デート中にダムに落ちたんです。
2人きりの時で目撃者がいなかったんですが、それは結局事故として扱われました。
英子さんがショックでかなり精神的にやられてしまって、事情聴取とかできなかったせいもあったようですけど。

彼女は家から1歩も出なくなって、大学も退学。
風呂とかトイレとか食事とか、最低限の日常生活に支障はないけど、
会話は成り立たないし、無理に何かさせようとすると大声をあげて暴れ出したりする。
父親は病院にかかることを許さず、それでいて英子さんのいる2階へは近づこうとしない。
出歩かないせいか太って体格の良くなっていく英子さんに、母親の手だけでは負えない時が出てきて、
一樹さんが世話を手伝うようになったんです。

英子さんは以前から手先が器用で、細かい手芸を得意としていたそうです。
家に閉じこもるようになってからは、いつも卵細工をつくっていたそうです。
卵に穴をあけて中身を抜いてよく洗って、細かい布きれをボンドで張り付ける。
それに紐をつけて、カーテンレールに吊す。
カーテンが閉められなくなるので、それをお母さんが毎日部屋の天井に移して画鋲で留める。
部屋の天井がいろんな柄の卵に埋め尽くされていきました。

そんなある日、お母さんは英子さんの妊娠に気づきました。
そして、一樹さんのお母さんに真っ先に相談しました。
お母さんから話を聞いた一樹さんは家を飛び出して、友人の家を泊まり歩くようになりました。
英子さんを妊娠させたのは一樹さんだったんです。

ある日、友人の1人が、たびたび泊まりに来る一樹さんからその話を聞き出しました。
彼はその話をしてすぐ、
「やっぱりちゃんと責任をとらなくてはいけない。けじめをつける」と言い残し、友人宅を出て行きました。
しかしそれが、生きている彼を見た最後の証言となったのです。

翌日、彼は英子さんの部屋でバラバラにされて見つかりました。
見つけたのは英子さんのお母さんでした。はじめそれが何かわからなかったそうです。
部屋の隅では英子さんが眠っていました。
そして部屋中に、天井にぶら下げていたはずの卵の殻が落ちていたんです。
ひどい臭いがしていたそうです。けれど英子さんはすやすやと眠っていたし、臭いの元も見あたらなかった。
お母さんは、英子さんに女性の毎月の行事が始まったためだろう、と見当をつけました。血の臭いに似ていたからです。
妊娠じゃなかったんだとほっとして、とりあえず空気を入れ替えようと思っても、
床には一面、割れて崩れた丸い殻。布にくるまれた何百もの卵。 

お母さんは窓への道をつくろうと、足で卵をよけようとして、その異様な重さに驚きました。
動かしたひょうしに強くなった異臭。その重さの妙な感じ。
恐る恐るしゃがみこんで、近くのそれらを観察すると、彼女は布切れの間からのぞく赤黒いモノに気づきました。
昔、大怪我をした時に見た、開いた傷口そっくりの色。
お母さんは悲鳴を上げました。でも、お父さんは1階にいたけれど、声もかけてきませんでした。

お母さんは気持ち悪いのを我慢して、足で重たい卵をよけて英子さんのところまで行き、
無理矢理起こして部屋から連れ出しました。
英子さんは嫌がって卵を踏みつぶしたりしましたが、
火事場の馬鹿力が作用したのか、小柄なお母さんが英子さんを部屋から引きずり出し、1階へ下ろしました。
英子さんの姿にお父さんはそっぽを向いて、寝室に引っ込んでしまいました。

お母さんは1人でやっとのこと英子さんを居間に落ち着かせ、それから警察に電話をかけました。
もちろんお母さんは卵の中身が何かわかっていませんでした。
けれど、近所の人が蛇が出たと言って、110番しておまわりさんを呼んだことがあったので、
それよりは重大時だと思って、警察にかけたのだそうです。
やってきたおまわりさんは、英子さんに踏みつぶされた卵の中に、人間の目玉を見つけました。
そこから大騒ぎになったのです。

もうおわかりだと思いますが、卵の中身は一樹さんでした。
彼が、何百、千に近いくらい細かくバラバラにされて、卵の殻の中に納められていたのです。
DNA鑑定で彼だと確認されました。
遺体の多くに生体反応が認められました。彼は生きたままバラバラにされたのです。
しかも、刃物を使われた痕跡は見あたらない。引きちぎられ、折られ粉々にされていたんです。 

そのバラバラのかけらが、ご丁寧にも卵の殻の中に納められ、布切れで飾られていたんです。
英子さんからはなんの証言も得られませんでした。ご両親もなんの物音も聞いていませんでした。

結局、英子さんが恨みで、一樹さんを殺したのだろうということになりました。
けれど不可解な点が多くあります。警察も未だその謎を解いていません。というより、解く気もありません。
卵の殻にあけられた穴より大きな骨片が、どうやって中に納められたのか。
どれも穴を布でふさがれていたのに、前日の晩に彼が目撃されている。たった一晩の作業とはとても思えないこと。
そして、粉々に引き裂かれた現場が、どこにもみつからなかったこと。
何より、道具なしに人力で人を引き裂くことができるのか。それも粉々に。できるわけがない。

英子さんは今は精神病院にいるそうです。
おなかの子供がその後どうなったのかは聞いていません。

一樹さんが何にどのようにして殺され、いかなる方法で卵の中に入れられたのか。
解答はありません。


小学生から空手やってて、高校・大学の時に児童部(小学校6年未満)の指導員やってたことあります。 

高2の夏の合宿の時、夜中、生徒たちが騒いでいるんです。 
「まーだ、起きてるのか。明日も早いってのにしょうがない連中だ」と注意しにいったら、
騒いでいるのは女子部屋で、15人くらいいるうち半分以上が泣きじゃくっている状態だったのです。 
「なんだ、いったい、どうしたんだ?」と聞くと、A子(小6)が就寝時間の時に、

 「ねーねー?エンジェルさんって知ってる?」とコックリさんをやろうと言い出したそうで。 
その時、「ダメだよ、絶対にやめようよ」とB子(小4)が懇願したにも関わらず、
A子が他の何人かの生徒とやり始めちゃったんですね。 

質問を進めていくうちに、風もないのに窓がビリビリカタカタと振動し始め、 
みんなが「変だな」と窓を一斉に見た瞬間、窓一面に手手手手手手手・・・ 
B子が気絶し、A子は「変なのがいるー!」と手足をバタバタさせて混乱状態。 
あまりにも怖いので私たちを呼びに行くこともできず、大パニックを起こしていたそうです。 
私は霊感もないし、指導員2年目でどうすればよいのかわからないので、
なにはともあれ師範を呼びに行きました。 

師範はB子に活を入れると、生徒全員を体育館に呼び出させると、 
「気合いが足りないから、霊が寄ってくる!正拳突き千本始め!」 
夜の23時くらいに、小1から小6までの子どもたちが眠い目をこすりながら、 
セイ! セイ! セイ! ・・・と千本。 
終わった頃には全員へとへとで、部屋に戻り爆睡したのは言うまでもありません。 

私と師範も部屋に戻ると、師範が日本酒(ワンカップ)を黙って私に突き出し、 
「おまえ、部屋の外に沢山いたのが見えなかったのか?体育館の窓にも何十と集まっていたんだぞ。 
 口からでまかせでやってみたんだが、効果があって本当に良かった」 
この師範、見える方だったんですね・・・ 


引用元:ほんのりと怖い話スレ その2

↑このページのトップヘ