桜の下に死体が埋まってるとかよく聞くが、誰が言い出したんだろな。 
まぁそんな事はどうでもいい。ひとつ俺の話を聞いてくれ。 

俺が子供の頃に両親が離婚して、いわゆる母子家庭だったのね。 
女手ひとつでとても苦労したと思うけど、特に不自由も無く生活出来てた。 
参観日とかは確かに寂しかったが、家に帰って暫くすればちゃんと帰ってきてくれるし、特に気にしてなかった。
比較的近くにじぃちゃんばぁちゃんも居たし。 

中学2年辺りからちょっとやんちゃなグループと付き合い始め、タバコとかでよく保護者召喚とかくらってた。 
今思うと本気で申し訳無いと後悔するw

んで、まぁ何とか高校行けるようになって、遊ぶ金欲しいしバイトするようになった。 
バイトにも慣れ始めた頃、
普段シフトが被らずあまり見掛けない、バイト先の年行った先輩(仮にA)とシフトが被るようになった。 
同年代の奴と「あの年でバイトは辛いなw」とか話してたのが聞こえたのか、
ふと気が付いたらジーっと見られる事があった。 

ある日、バイトの飲み会でAと席が近くなり、前の事があって気持ち悪かったけど、
一応先輩だし良い顔しとくかwなノリで話してた。 
よく見れば見るほど貧相なんだわこれがw 
こんなのが親父だったら泣くわwって感じに。 

話ってか愚痴を聞くうちに、知りたく無い事が色々わかった。 
丁度俺くらいの息子が居た。離婚して今は独り。後悔している。悪夢見がち。 
そのときは俺の家によく似た家庭なんだなと思った。 
先に言うが、これが親父だった。
よく考えたらAって俺の旧姓で、ちょっと珍しいからあんまり居ないのね。 
母方の姓で居たのが長かったのと、聞きなれてるから、よく居る姓だと勘違いしてたのが原因。 
顔はあんまり覚えてなかったしね。

で、飲み会を境に、良い迷惑だが微妙に仲良く?なったw 

で、それからをはしょると、 
次第に似すぎに思う→もしや?→母親に聞く→ビンゴ→向こうは先に分かってた→終に互いに認知
→俺気まずい→バイト先変える 

暫くたったある日、親父から連絡があった。寄りを戻したいだの何だの。 
今まで母親を一人にしてたのに、急にそんな事言われてもなぁって思い、取り敢えず話を聞きに行った。 
会ってみると驚いた。雨の日に放り出されたチワワかwwってくらいゲッソリしてた。 
それで可哀想とか思ったのか、相手の口が上手いのか、何と無く母に会わせることにした。 
んで、母も同じ感じなのか、何故か気が付いたら一緒に住むようになった。 

日に日に丸々として行く親父。
口数はそんなに多くはないが、地味にちゃんとした家族してる気がして俺は嬉しかった。

しかし1年すると、それは大きく姿を変えていた。 
うちで暮らすようになってから働くのをやめ、1日ゴロゴロして、たまにふらっと消える親父。
一人増えた分を補うために必死な母。少しでも足しになるように遊ぶのを止めた俺。 
最初感じていた幸せが音をたてていた。 

2年目。卒業の年。家計の為に就職を考えてた。 
その頃の親父は、初めて話した時の面影は一切無く、
酒浸りでは無いものの、DVや怒鳴りなんかが日課になっていた。迷惑な日課だ。
そんな親父みたいな人生を送りたく無いと本気で思ったし、母やじぃちゃんの後押しもあって、大学を受けることにした。
バイトも辞め学校→家→必要なこと以外勉強という日が続いた。
この時ばかりは、彼女が居なくて良かったと思ったw
親父の妨害がちょこちょこあったが耐えれた。お前みたいにはならないって一心で。 

丁度今ごろの夏休み。急に親父が大人しくなった。ふらっと消える事も無くなった。
だが奇行が増えていた。壁と話してたり夜中泣き喚いたり。 
俺と母はまともに寝れず、疲れもピークで、俺は初めて本気でキレた。 
殴り会いとかも覚悟してたんだが、終始ニヤニヤして気持ち悪かったが、親父はあっさり引き下がった。
気持ち悪いのは前からか。

その日の深夜。
俺が寝る準備してると、親父達の寝室がゴソゴソ五月蝿かった。仲直りの営みワロスワロス。 

翌朝、二人とも居なかった。
母は俺が起きる前にいつも出勤してたからいつも通りだが、昼まで起きない親父が居ない。
改心してハロワかぁ?wとか考えて、2年前みたいな環境に戻る淡い期待をニヤニヤしながら抱いてた。 

学校から家に帰っても誰も居なかった。ってか居るのはいつも親父だけなんだが、その親父も見当たらなかった。 
遅くなるなら連絡ぐらいしろよなとか思いつつ、久し振りの独りだけの晩飯を味わった。 
あんな奴でも、一緒に飯食う人が居るだけで違うな。
本当に改心してるなら、ちゃんと家族らしく接するのも悪くないな。
とニヤけつつ、トンコツラーメン啜る俺。
どうみてもキモいです。本当にry

その晩、二人とも帰ってこなかった。 
今思えば、母が連絡寄越さないのはおかしかったが、
その時の俺は頭に花咲いてたし、二日連続で今度は泊まりっスかwwwで放置して就寝。 

深夜、金縛りにあった。
ちょwwwまじかww霊とかマジ勘弁wwって感じだったけど、
怖いの半分眠いの半分で、ぼーっとしながら眼を薄く開けた。
死んだ親族が乗っかってるとかよく聞くが、何か親父が乗ってた。 
親父死んだのかー。妙に冷静納得して、そのまま寝かけた。 
首に生暖かい感触。締め付ける息苦しさ。微睡みが一瞬で消えた。苦しい。
目の前には親父が居た。にやけながら。 
必死に抵抗して払いのけた。

そこからはよく覚えてない。
気が付いたら親父が転がってた。弱々しく息を吐く親父。
死なせたら面倒になる。頭が麻痺してたのだろうか、やけに冷静だった。 
親父?
顔が変形した親父のようなソレは息も絶え絶えに、
トラブルで知り合いを殺した事、たまにそいつが家をうろついてる事、母の首を締めたら動かなくなった事を、
うわ言のように呟いた。 
最後に今迄の弱々しさが嘘のように、
「お前が何をしようが俺の息子だ。人殺しの息子だ」と断末魔を吐いた。 

俺は正当防衛って事になった。母は裏の川原で見付かったらしい。
あとは事情聴取や葬式で忙しかったが、俺はじぃちゃんの家に引き取られ、淡々と受験に向けていた。 
勉強で忘れようとしたのか、麻痺してたのか、俺の中の何かが死んだか、或いは全部か。 

高校卒業前、入試結果発表の日。
桜が咲いていた。 
当然だ。誰に何があろうと、春になれば桜は咲く。
俺の努力は無駄だった。アレの最後の言葉通りだった。 
心なしか、今年の桜は例年より紅く見えた。


引用元:ほんのりと怖い話スレ41